戦略競馬~仕込み馬研究室~

『社台多頭出し』『金脈馬券術』『仕込み予想』を中心としたトータル予想。競馬勝ち組の予想をご覧あれ。

スプリンターズSラップ解析&注目馬

【スプリンターズS・ラップ解析】
中山芝千二はスタートしてすぐに下り坂、序盤からかなり速いペースで流れる事が多い。ましてスプリンターズSはG1だし、生ぬるいペースになるはずがない。Hペースはほぼ間違いない。
また、最後に急坂があるのでラスト1ハロンは急失速する。そこで如何にバテないかが好走に繋がるはず。

2、3ハロン目が急激に速く(前3ハロン33秒台)、ラスト1ハロンで失速するラップで好走している馬がラップ適性があると言えるでしょう。そこで前哨戦のラップを振り返ってみます。

「適性ラップ」
★09スプリンターズS、オーシャンS、高松宮記念、★函館SS、北九州記念、
「適性外ラップ」
CBC賞、キーンランドC、セントウルS

特に★を付けたレースはスプリンターズSで想定されるラップ構成とかなり似ていて、レベルも高かったレースです。

これを見てお分かりかと思いますが、ダッシャーゴーゴーの評価を大きく下げることにします。


逆に評価を上げたいのがこの馬→戦略競馬

ラップ的にスプリンターズSはかなり合うはず。ついに同馬がG1制覇となるのか!?

[ 2010/09/30 02:04 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

スプリンターズS・札幌2歳S

【スプリンターズS】
「出走馬短評」
『アイルラヴァゲイン』
年齢による衰えは否めない。しかし、過去スプリンターズSで3、4着を経験した馬、鞍上は乗れている津村Jなら穴として一考すべきか?現状では能力不足で、よほど恵まれないと厳しいか?
『ウエスタンビーナス』
揉まれなければしぶとい馬。その点がポイントになりそうだが、今回は同型が強いので・・・。
『キンシャサノキセキ』
取り消し明けがどうか?堀厩舎は今年ジャガーメイルで取り消し→好走があったし、取り消し明けでも注意が必要。調子を見極めたい1頭。
『サンカルロ』
前走は負けて強し、高松宮記念も上々の内容だった。
陣営は千四ベストと言っているし、人気なら嫌っても良いか?シンボリクリスエス産駒をG1で買う気にはなりませんね・・・。
『サンダルフォン』
中山は不得意コース、軽い芝得意で今回は見送りが妥当か。
『ジェイケイセラヴィ』
まだ底を見せていない馬。とにかく堅実に走るし、最低でも相手には加えたい。
『ダッシャーゴーゴー』
不利のあった前々走は度外視。状態次第では十分に買える。
『ビービーガルダン』
前走の内容が物足りなかった。スプリンターズS2,3着の実績があるので逆らわない方が無難か?
『プレミアムボックス』
近走は冴えないが、一発あってもおかしくないのでは?末脚だけならこのメンバーでも全く見劣りしないはず。
『ローレルゲレイロ』
去年同様に前哨戦は気にしなくて良い。同型との兼ね合いがポイントとなりそうだが、テンの速さは一級品でハナ争いはまず負けないはず。
『ワンカラット』
あくまで状態次第。パワーの要る馬場は歓迎なので、疲れが無ければ買ってもいいか?普通に考えれば疲労が溜まっているはずだが・・・。

【札幌2歳S】
世間はG1に目を向けがちですが、こちらも要注目のレース。
僕個人としてはスプリンターズSよりも興味のあるレースです。

『アドマイヤセプター』
先日紹介した、同馬は今後の競馬界にとって必要とされている馬です。
デビュー戦は能力の高さだけであっさりと買ってしまった。ほとんど力はだしていない。能力的にも勝ち負け必至の馬だと思います。人気でもまず本命視しておく。
唯一不安材料は距離延長、やや行きたがっていたデビュー戦は格の違いで押し切ったが・・・。
『アヴェンチュラ』
ジャングルポケット×アドマイヤサンデー(父サンデーサイレンス)は、「非SS系種牡馬とSS系牝馬の配合かつ社台生産馬」という今後狙っていくべき背景のある馬。
デビュー戦は危なげなく勝利したが、角居厩舎の馬は古馬になってからというイメージが強く、同馬もその型に嵌ってしまうのか少し不安。能力的には勝ち負けしてもおかしくない。
『オールアズワン』
若駒にとって、コース経験馬というのはかなり有利。
アンカツー領家は勝負ライン、デビュー戦からのライン継続は期待しているからでしょう。
『ギリギリヒーロー』
超どスローな展開を追いこんできた前走は優秀。コスモス賞から4頭出走するが同馬が最も狙える。
因みに同馬もジャンポケ×エイプリルヒロイン(父SS)の社台生産馬。
『マイネルギブソン』
コスモス賞の勝ち馬。完全に展開利での勝利というのは否めない。
あまり魅力は感じないが早熟マイネル軍団なら狙いは立つか?
『ルルーシュ』
山本英俊ー藤沢和のお馴染みライン。能力的には少し見劣る気がします。

買えるのはこの6頭か?特に上4頭には注目しておきたい。


[ 2010/09/30 00:43 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

札幌2歳S注目馬&競馬雑記~今後の競馬界について~

少し話が長くなるので、興味のある方は気合いを入れて読んでください笑。


最後に要点だけまとめて書くので、そこだけでも読んで頂けると話の内容が分かると思います!

札幌2歳S注目馬についても最後に書いてあるのでお見逃しなく!


【競馬界の現状】
『社台グループの権力』
言わずもがな、競馬界で権力を牛耳っているのは社台です。
「社台には逆らうな!」と思っている関係者も多いようで、社台に歯向かう関係者も数少ないのは事実。
絶対的な地位があると言っても良い吉田照哉・勝己氏は、社台グループの更なる向上を目指して色々な手段を使っている。
例えば今年のセレクトセール・・・今年は2日間開催と開催日を減らし、更には上場馬の質をも下げた。アドマイヤの近藤氏などが公言しているように、確実に今年のセールは寂しいものであった。対して照哉氏は「新たなバイヤーが増えて良かった」と言っている。しかし、本当にバイヤーが増えたのか?結局、注目されていた馬は、毎年お馴染みの名の利くオーナーたちが買い占めた形・・・結局、上場馬の質が下がり、その中でも質の高い馬は例年通りの人物が買い占めることとなった。
なぜ社台が有力馬を上場しなかったのか?そこには様々な理由が有ると思うが、これにより「社台による有力馬独占」となったのは間違いない。

『社台に対抗するグループ』
社台に対抗できるグループは数えられるほどしかないと思います。
社台を敵視している代表グループ二つを紹介しておきます。
「マイネル軍団(マイネル・コスモ)」
昔から社台とは犬猿の仲と聞いています。マイネル軍団は今でも社台を恨んでいるでしょうし、いつかは見返していやりたいと目論んでいるでしょう。
これが理由で「マイネル軍団は2,3歳が強い、早熟性がある」のかもしれない。若駒の時ぐらいは見栄を張りたいからか、毎年この傾向は続いている。それを嫌ってか、社台も近年は若駒にも力を入れるようになってきて、マイネル軍団の肩身は狭くなる一方・・・マイネル軍団にとって、今こそ改革の時ではないのか??今後の動きが注目される。
「ダーレー・ジャパン」
全ては繁殖馬としてディープスカイともぎ取ったダーレー、社台の手を借りなくと海外の優秀な牝系と種付けできるのは大きい。
現在は戦線離脱したが、ダノンシャンティもダーレーにとって貴重な存在であれば、社台にとって目障りな存在。ダーレーは、同馬復帰後の対する社台包囲網を上手く掻い潜れるのか?非常に興味が有ります。
セレクトセールで社台があまり上場しなかったのも、ダーレーが社台を受け入れなかったことが大きい理由だという話が有り、露骨に社台とダーレーが互いに敵対心を持っていることを表明したと言えるだろう。

現在、社台に対抗できるのはマイネル軍団とダーレーのみと言っても過言ではない。特に後者はこれから伸びていく存在で、個人的にはダーレーが競馬界をどう変えていくのか期待しています。


では社台はどうするのか?
前述、今年のセールで有力馬で出し渋りしたことも対策のひとつ。
最大のポイントと成りそうなのは新種牡馬「チチカステナンゴ」の存在だ。

『新種牡馬チチカステナンゴの立場』
社台がチチカステナンゴを購入した理由・・・ヘイルトゥリーズンの血が入っていないことで、サンデーサイレンスの血を持つ牝馬と配合しやすいというのも理由であろう。
名牝ダイワスカーレットは父アグネスタキオン・母系も超優秀な血統で、今後の社台のカギを握る繁殖牝馬と言っても良い。そのスカーレットに新種牡馬を交配させるなんてことは、普通ではあまり考えられない話。いくら非サンデー系の馬を付けないといけないからと言って、いきなりからチチカステナンゴと交配させるのは少しギャンブルめいた点もある。
海外で地味な交配ながらも種牡馬として優秀な馬を輩出しているチチカステナンゴ、ここに目を付けた社台はさすがと言ったところで、種牡馬として成功させるために力を入れてくることはほぼ間違いない。

『サンデー系と非サンデー系種牡馬の交配の意図』
増えすぎてしまったサンデー系種牡馬に待ったをかけるチチカステナンゴ×ダイワスカーレット・・・これこそ社台の大改革とは言えないだろうか?サンデーに頼り過ぎてしまった社台は良い道を選んだと思う。
既に社台の非サンデー化は始まりつつある。「キングカメハメハ」だ。種牡馬になって間も無いが、産駒の成績は初年度から素晴らしかった。チチカステナンゴも言わばキングカメハメハと同じような存在、きっと種牡馬として成功するはずだし、成功しなければ社台の目論見は失敗してしまう。

ではサンデー系は捨ててしまうのか?そういう訳ではない。が、今はサンデー系種牡馬から離れているのは事実、これから何年かは非サンデー化が急激に進むと思っている。ここまで増えすぎてしまったサンデー系の馬を見捨てるわけはない。そこで注目しているのが、キングカメハメハ・チチカステナンゴの産駒とサンデー系がいつ交わるかと言う事。キングカメハメハ・チチカステナンゴ共に、今は種牡馬としての価値を上げる事に力を注いでいるが、最終的な目標はそれらの子供とサンデー系の子供との交配を実現させることだと思っている。「サンデーサイレンスのクロス」こそが狙いなのではないか?
今はダイワスカーレットを代表とした父サンデー系牝馬とサンデー系種牡馬はもちろん種付け不可能、この問題を解決するためにキングカメハメハ・チチカステナンゴが種牡馬として成功するかどうかが重要で、だからこそ社台はそこに力を入れているのだと思います。社台がこれからも栄えていくかどうかは、この2頭がカギを握っていると言っても過言ではない。


『まとめ』

これから数年で競馬界は大きく変わるかもしれない。

ダーレーの存在、社台の思惑が今後の競馬界を左右すると言っても過言では無い。

社台に関しては「キングカメハメハ&チチカステナンゴとサンデー系牝馬」の交配を急ピッチで進めていくであろう・・・馬券を買う立場の人からすれば、これを狙わない訳にはいかない。


今週の札幌2歳Sにはアドマイヤセプター(父キングカメハメハ母アドマイヤグルーヴ)という超良血馬が出走予定している。

社台にとってかなり都合の良い馬なのは間違いない。まして牝馬と言う事で、今後の生産界のカギを握る馬と言っても良いではないのか?良血と言うだけでなく、様々な面でかなり興味深い馬ですね。

[ 2010/09/28 16:58 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

日曜予想

【神戸新聞杯】
◎エイシンフラッシュ
○ローズキングダム
▲シルクオーディー
△タニノエポレット
△レーヴドリアン

◎○は正直言って堅い。特に◎は万全とは言えないローテでクラシックを沸かしてきた馬、それに藤原英厩舎は仕上げが上手な厩舎で信頼できる。
穴でタニノエポレットは買っておきたい。現在10番人気ですが、攻め量豊富で権利を取りに来ている。

【オールカマー】
◎ジャミール
○ドリームジャーニー
▲トウショウシロッコ
△ミステリアスライト

本命はジャミール、以前からお伝えしているように名手アンカツが手放したくないと言う程の馬です。ここは決めてもらわないと困る。
ステイゴールド産駒なら重馬場は歓迎、もともと母父サドラーで重い芝得意の血統。
京都大章典から前倒し出走の理由は賞金が欲しいからという簡単な理由であることはまず間違いなし。
強かった迎春Sの走りができれば勝ち負けだが、勝ちきれない馬で2着付けで狙いたい。
○ドリームジャーニーは去年の有馬記念◎馬、もちろん今年も◎を打つ予定なのであまり好走して欲しくないです笑。ですが馬券には確実に絡んでくるでしょう。
▲トウショウシロッコは対抗評価まで考えていた馬、攻めの内容から評価を下げて▲まで。ベスト条件なら攻め微妙でも走っておかしくない、2,3着付けで。
△ミステリアスライトの前走は強かった。その他5走前の中山マイル戦も良い内容、蛯名J継続騎乗も魅力で勝たれてもおかしくない馬だと思っています。

シルポートはエプソムC◎馬、能力の高さは都大路Sで証明済みですが、ここは買いにくい。もともと毎日王冠始動の予定だったはずで、僕自身も毎日王冠で◎を打つつもりでした。ある程度の仕上がりなので好走する可能性もありますが、ここで結果を出せなければ毎日王冠に出走するはず。

[ 2010/09/26 01:24 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

土曜の予想

【中山9R】
◎ドリームバスケット

人気馬のうち使ってきた強みがあるのはこの馬だけ。
複勝圏内ならこの馬が一番堅い。

【中山11R】
◎シセイカグヤ
○エーブダッチマン

まだ底を見せないシセイカグヤとパワータイプのエーブダッチマンの一騎打ちと見た。

【阪神9R】
◎コンカラン
○クーデグレイス
▲スイートマルーフ

秋華賞に向けて賞金加算が必要な◎コンカラン、社台多頭出しの目玉はこの馬でしょう。
軸は去年ローズS3着クーでグレイスがいいかも。
前走でも○印を打ったスイートマトルーフまで買いたい。
[ 2010/09/25 12:28 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

オールカマー注目馬

更新が遅れました。


オールカマー注目馬2頭です!

どちらも勝つのは難しいと思うので、2,3着付けで狙ってみたいと思います。


1頭目→戦略競馬

去年と全く同じローテ、一昨年のローテとも似ている。

どうしても勝ちきれない馬だが、この条件なら確実に走る馬。

好走→凡走の繰り返しが目立っていて前走は好走している・・・それでも人気の盲点になりそうで買ってみたい。

2頭目→戦略競馬

こちらも堅実に走る馬。距離はこれぐらいあった方が良い。近走は着順以上に着差は無く強い内容と言えるが、どうしても人気先行タイプの馬だけに妙味は無いかも・・・。

[ 2010/09/23 18:06 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

月曜日の予想

【阪神9R】
◎サザンギャラクシー
○テイエムオーロラ
▲ミクロコスモス
△アドマイヤヘッド

◎サザンギャラクシーは「次走注目馬」です。
(最近の◎は見ても分かると思いますが、次走注目馬か前走◎馬ばかりなはずです笑。)
前走は直線でヨレてまともに追えていなかったのを覚えている。逃げ馬2頭がやりあう可能性と、テイエムオーロラの早仕掛けの可能性から早いペースになるかもしれないが、近走で早いペースも経験し、今回はペースが速くなっても大丈夫なのが強み。武豊Jというだけで人気するのは勘弁してほしいです笑。
対抗はテイエムオーロラ、自在性があり崩れることは考え辛い。
逆に飛ぶとしたらミクロコスモス、力でねじ伏せることも考えられるが、ゲート難もあり危険。角居厩舎は馬なり調教主流で、その弱点が今回モロに利いてくるはず。

【阪神10R】
◎ケイアイガーベラ
○トーホウドルチェ
▲ワールドハンター
△セイクリムズン

荒れる要素はほとんど無い。外枠なら◎と言った通り、◎はガーベラ。
○トーホウドルチェの前走は調整難が響いてのもの。有利な外枠から絶好位で競馬出来るのも魅力。
▲ワールドハンターは攻め絶好、△セイクリムズンは休み明けで割り引いた。

【札幌11R】
◎クリールパッション
○アドマイヤスバル
▲エーシンモアオバー

前走に引き続き◎クリールパッションですが、狙い目はどう見ても前走・・・今回は妙味なし。
○アドマイヤスバルがここから始動する意味とは??おそらくはJCDから逆算しての出走。確実に賞金加算しに来ているでしょう。

エルムSは完全に見するレース、僕は当然買いません。
芝からの参戦組や、暮れに向けてなど、様々な思惑が有りそうなレース。
仕込みが入りそうな気がしますが・・・それでも買うレースではないですね笑。
[ 2010/09/19 23:02 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

日曜オッズ読み

【セントライト記念】
「アロマカフェ」(D)
単勝の少額買い込みと複勝大口、馬連ワイド等を見てもアロマカフェからが最も売れている。非社台で買えるのはやはりこの馬。

社台グループでの仕込みを発見したかったが、発見することは出来なかった。
[ 2010/09/19 13:25 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

日曜の予想

今日の仕込み予想は上々、明日も頑張って行いたいと思います!


明日の重賞2鞍です!


【セントライト記念】
◎アロマカフェ
○シャイニンアーサー
▲フェイルノート
△ミキノバンジョー
△ダークシャドウ


アロマカフェ1番人気と思いきや2番人気・・・これなら◎を打てる。直線でごちゃごちゃする内枠を引いた以上は鞍上の手綱捌きがカギを握るが、武豊Jならやってくれる。
○シャイニンアーサーは菊花賞は距離でアウト、菊花賞に目を向けないなら仕上げていそうで狙ってみる。枠・シンボリクリスエス産駒ともに狙える。
▲フェイルノートは過去に中山芝で外枠好走もあり、攻めの動きも良かった。
△ミキノバンジョーもスタミナタイプの馬、7番人気なら買える。ダークシャドウは先を見据えた仕上がり、あくまで権利取りが狙いでしょう。


【ローズS】
◎オウケンサクラ
○アパパネ
▲レディアルバローザ
△アグネスワルツ
△ワイルドラズベリー
△エーシンリターンズ


◎オウケンサクラ、春は酷なローテで好走の連続ならここでもしっかり走ってくれるはず。パワーのある馬で秋華賞は向かないのは陣営も承知、しっかりと仕上げてきた。
○アパパネは馬券圏内は外さないはず、妙味なら2,3着付けか?
▲レディアルバローザは阪神得意、レース運びが上手い馬でベストは阪神内回りな気もしますが、Sペース濃厚ならレース巧者っぷりが見れるはず。
△アグネスワルツは力の要る馬場が合うのか微妙、ワイルドラズベリーは折り合えるか、エーシンリターンズは内枠なら重い印を打ちたかったが、大外枠で評価を下げた。

[ 2010/09/19 02:11 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

土曜オッズ読み

【中山9R】
『マスターグレイン』(B)
複勝に100万近くの買い込みがあった。
平場だけにこの金額は信頼して良さそう。

【中山10R】
『マイティースルー』 (C)
最近多い傾向、単複大口ではなく馬連やワイドの買い込みのパターン。
社台多頭出しのレースで、オッズが動くとしたら社台。それも最も狙えるのがこの馬です。
『ホクトグレイン(D)・ホクレレ』
コース成績からして売れるのは当然だが、売れ方は少し気になる。

【中山11R】
『ランフォルセ』 (B)
分かりやすい単複大口。1番人気だが逆らえないか?
[ 2010/09/18 13:22 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

土曜日の予想

まずはセントライト記念穴馬公開から→戦略競馬

明日の予想です。


【中山9R】
◎マスターグレイン
○ピュアオパール
▲ニシノステディー

前走圧巻の◎マスターグレイン、おそらくは中山芝千二も合うはず。
▲ニシノステディーとの一騎打ちかとも思ったが、大外枠で評価を下げた。
逆に内枠の○ピュアオパールが狙い目か。
人気を見てからですが、◎単複中心に買いたい。

【中山10R】
◎マイティースルー
○レンディル
▲マルカボルト
△メジロスプレンダー

社台多頭出しも買いたい馬は◎マイティースルーのみ。コース実績が買われそうなホクレレは「夏場の疲れが取れていない」とのことで消し。
相手筆頭は先行脚質の○▲、人気するか微妙だが攻め良好の△メジロスプレンダーは押さえたい。

【中山11R】
◎パワーストラグル
○ランフォルセ
▲インオラリオ

全くもって面白くない予想だが、この3頭で仕方ない。
適性の問われる中山ダ千八実績抜群の◎○と、前走攻め微妙ながら楽勝した▲インオラリオで大丈夫なはず。

[ 2010/09/18 01:55 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

セントライト記念注目馬

セントライト記念は好ラップのラジオNIKKEI賞組が有利だと思います。


◎ナイスミーチュー6人気4着

○アロマカフェ3人気1着

▲クォークスター2人気2着


と惜しくも外した前哨戦・・・セントライト記念でもこの3頭の優位は当然です。


中でも注目はこの馬→戦略競馬

4走前から追いかけている馬で、ここでも好走の可能性は高い。

不安材料は社台グループ馬が多い中、この馬は非社台・・・社台包囲網をどう掻い潜るかがカギを握ることになりそう。

[ 2010/09/14 19:32 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

京成杯AH的中!

今週は結果が残せていなくて、今週最後のレースで大本線的中できました!


◎→○馬連3650円、馬単7430円的中!


正直かなりホッとしていますww

これで今週は大幅プラス、来週からの励みになりました!

[ 2010/09/12 16:03 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

日曜予想

明日の予想と前日オッズ見解です!


【中山10R】
◎アサティスボーイ
○リクエストソング
▲コロンバスサークル


前走◎のアサティスボーイに引き続き◎を。内回り得意・狙い澄ましたローテで間違いなく買い時はここ。モエレビクトリーが引っ張る展開も絶好で、◎が崩れるのは考えづらい。
逆に崩れそうなのは◎と○、前者の良績は軽い芝コースばかりでのものならここでは評価しづらいし、▲コロンバスサークスは近走全く振るわない。◎○ともに鞍上強化で切るに切れなかったが、馬券は妙味のありそうな◎複勝などが面白そう。


【中山11R】
◎ファイアーフロート
○キョウエイストーム
▲セイクリッドバレー
△フライングアップル


ファイアーフロートに◎、「イレ込まなければ」という条件はつくが本命はこの馬と決めていた。
○キョウエイストームは中山巧者でオッズが怪しい。この点は後ほど・・・。
▲セイクリッドバレーは2,3着付けが妙味。前走がメイチだと思うので、ぶっ飛んでもおかしくない。
△フライングアップルは内枠の横山Jと藤沢和とのラインから狙ってみたい。意外と人気していますね笑。

さてオッズの話。
メッセでも質問ありましたが、キョウエイストームのオッズは怪しいです。複勝とワイドだけ過剰に売れている。頭は無くても圏内ならという売れ方か?
もう1頭挙げるとしたらサンカルロ、ムラマサノヨートーとのワイドが現在4番人気ですが、仕込みっぽい売れ方なのはサンカルロの方です。
前日オッズなのでまだ分からないですが、仕込み注目はキョウエイストーム、次いでサンカルロです!


【阪神10R】
◎サンダルフォン
○レディルージュ
▲スカイノダン
△グリーンバーディー
△ストリートスタイル


中段で競馬できる◎サンダルフォン、前がやりあってくれるのは好都合で、時計勝負ももってこい。届かずも有り得るがここは狙いたい。
以下の印は一応付けただけ。どれも一長一短あるので、馬券は◎単複がいいか?
個人的には「見」予定のレースです。

オッズに関しては、ショウナンアルバは単勝だけ売れているものの、まだ信頼できない数字・・・明日の売れ方に注目。
同様にサンダルフォン、レディルージュもやや違和感があるが・・・前日だし気になる程度なので何とも言えません。

[ 2010/09/12 01:11 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

土曜追加予想

【中山9R】
◎スーパーウーマン

もっと人気すると思いましたが、現在5番人気。これは狙ってみたいと思います。持ち時計は1番良いし、開幕週も歓迎。持ち時計を計時したレースでもある5走前の走りができれば勝ち負け出来る。
[ 2010/09/11 13:35 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

土曜日の予想

【阪神10R~朝日CC~】
戦略競馬
このレースは荒れる要素はほとんどないと思います。
◎はここを勝ちに来た同馬、始動戦とは言いながらここは落とせない気持ちでしょう。
問題は馬券・・・おそらく1番人気はアドマイヤメジャー、次いでキャプテントゥーレ、プロヴィナージュの順でしょう。本線は◎単勝、単2.2倍ぐらいか?押さえるなら人気2頭へ馬単辺り。


【中山11R~紫苑S~】
戦略競馬
○ブルーモーメント
▲エバーシャイニング
△ディアアトゥレーサ
△クリスティロマンス


◎はフェアリーSが超優秀、内枠の好位から競馬出来る今回は本命視出来る。
○ブルーモーメントは1週前の攻め絶好、◎同様に展開利も見込める。
▲エバーシャイニングは前走が優秀、中山実績は無いが、いずれも外枠でのもので度外視して良い。
△2頭は能力上位、中でもクリスティロマンスは攻めも良好で良血開花が窺える。

[ 2010/09/11 00:46 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

《戦略競馬》重賞注目馬!

紹介が遅くなりました。

この度はブログ再開に当たって、ブログ名を変更することにしました!


【戦略競馬】


今後も戦略競馬をよろしくお願いします!


さて重賞注目馬。


京成杯AH→戦略競馬
前走は優秀。中山芝では2戦着外という結果に終わっているが、どちらとも訳ありの敗戦。

内枠に入れば本命まである。


朝日CC→戦略競馬

人気にはなると思うが、ここでは逆らえないか?

前走通りなら素直に勝ち負けまである。オーナー期待の馬でお膝元出走、恥ずかしい走りは見せられない。

[ 2010/09/07 16:04 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

重賞予想

遅くなりました!


【小倉2歳S】
◎シゲルキョクチョウ
○ブラウンワイルド
▲モアグレイス
△ジンクアッシュ
△ドレッドノート

売れ方が最も怪しいのは◎シゲルキョクチョウ。現在1番人気ですが、最終的には○ブラウンワイルドが1番人気になると思います。
Hペース想定だが、最終週でも前が残る馬場。相手も先行馬を狙います。

手広く買うなら単騎逃げ濃厚のテイエムターゲット、前日の売れ方からバラードソング、オーナーお膝元のカノヤキャプテン・ホーマンルッツまで。

3連複なら8.14-3.4.5.11.12.13.17。
馬連なら◎○-◎○▲△△、手広くなら5頭ボックス辺りか?

【新潟2歳S】
◎ホーマンフリップ
○リーサムポイント
▲エーシンブラン
△サイレントソニック
△レッドセインツ

社台中心で良いはず。売れ方は微妙だが、今でもバランスは悪い◎から。
○リーサムポイントはオーナーお膝元の新潟&社台グループ馬、▲以下は売れ方から印を回した。

両レースともに能力ではなく、オッズ・オーナー・生産者などの関係から印を打ったので、当たるかどうは半信半疑。
ですが、この時期の2歳馬なんて、ちゃんと予想したところで能力の把握は難しいでしょうし、力関係はあまり気にせず予想しました!

[ 2010/09/05 13:05 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

日曜日の予想

更新が滞ってしまいましたね・・・。


早速日曜日に予想に入ります!

とは言っても1レースだけですが・・・重賞は明日昼までに更新します。



【札幌9R】
戦略競馬
戦略競馬
▲デストラメンテ


◎○はいずれも堅軸、2軸でいきます!

本線は馬単◎○→◎○▲の4点か。

3連馬券は2軸で、相手もメイショウクオリア・ゴールデンハインドなど人気どこで良いと思います。

買うかどうかはオッズを見てからとなりそうです笑。


[ 2010/09/04 23:48 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

札幌日経オープン注目馬

2歳重賞はあまり好きじゃないので、その他のメインレース注目レースの札幌日経オープンの注目馬についてです。


【札幌日経オープン】

1頭目→『必勝競馬

逃げるのはこの馬でほぼ間違いないはず。同型はいるが、その中でもスピードの持続力はこの馬が最も高い。

もともと淀みない流れを作り出して走る馬で、このメンバーではむしろ同型の存在はあまり関係ない。

叩き2戦目で走るイメージはあまりないが、好走出来る相手関係ではある。

2頭目→『必勝競馬

前走・前々走で◎の期待に応えてくれた同馬、今回は斤量増が問題だが、前走の勝ちっぷりを見ればここでも勝ち負け出来る器だと思える。捲り脚質はコース・展開ともにピッタリだろう。

余談ではあるが、ここをあっさり勝つようであれば、菊花賞はこの馬でいこうかとも考えています!

[ 2010/09/01 18:45 ] ブログ | TB(0) | CM(0)