戦略競馬~仕込み馬研究室~

『社台多頭出し』『金脈馬券術』『仕込み予想』を中心としたトータル予想。競馬勝ち組の予想をご覧あれ。

天皇賞本線的中!

天皇賞◎→○馬単1660円的中!

3連複も一応的中ですが利益はほとんどないですね笑。

個人的には単勝と馬単◎→○▲2点で勝負だったので、昨日のマルカフェニックスと合わせて大幅大幅プラス確定!


プレミアムレースは遊び程度に三浦JとスミヨンJから買います!

[ 2010/10/31 16:01 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

天皇賞秋

◎ブエナビスタ
○ペルーサ
▲アクシオン
△スーパーホーネット
押さえに3.4.10.12まで。

3連馬券を買う方は押さえまで買った方が良いかと思います。
3連複なら「◎ー印ー印+押さえ」なんかが面白そうですね。

[ 2010/10/31 13:44 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

日曜の予想

【天皇賞秋】
話の流れ通り◎はブエナビスタで。
JCに向けて仕上がり途上と言えなくもないが、上場の仕上がりとも言える。
そもそも絶対的な能力が違う。毎日王冠で学んだことを活かせば内枠有利は揺るぎない。

◎ブエナビスタ

相手関係はもう少し考えさせてください。
オッズの動きなどを見てから判断しますが・・・人気薄に流すのもアリ、総流しもアリだと思います。

【東京10R】
◎ラルケット
○フラガラッハ

馬場・展開を味方につけて◎ラルケットが逃げればれなると思う。
もし残れなければ道悪適性が無かったと言う事になるのだろうが・・・道悪下手でも残れる公算大。

【東京12R】
◎ノーリプライ
○インオラリオ

本命はインオラリオを予定していたが、ノーリプライが面白い。三浦Jで内枠不安もダノンカモンで克服済みと見た。
重馬場得意、鉄砲駆けする馬で、ベストの東京ダ千四。単11倍は狙ってみる価値あり。

[ 2010/10/31 10:40 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

スワンS

【スワンS】
◎マルカフェニックス
○エーシンフォワード


良馬場想定で◎マルカフェニックス、1番人気とも思ったが現在3番人気なら本命に。
平日展望通り狙い澄ましたローテ、調教も良し。馬券には絡んでくるはず。
相手は難解、攻め量は少ないがこのメンバーでは格上の○エーシンフォワードを対抗に。近走は外枠・疲労が原因で度外視できる。
押さえるなら完全復帰が窺えるグランプリエンゼル、京都得意のヘッドライナー、前田氏お気に入りのファリダットまで

[ 2010/10/30 10:37 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

スミヨンJ、ホワイトJ

今週からスミヨンJ、ホワイトJが短期免許を取得して日本で騎乗します。
外国人Jが来日する際に、絶対に押さえておきたいのが「身元引受厩舎・身元引受人」です。

今年の天皇賞春、身元引受厩舎は森厩舎・身元引受人は社台のドンである吉田氏(兄弟どちらか忘れました・・・)。
レースはミッキーペトラ(森厩舎)が引っ張る展開、まさに社台馬ジャガーメイルに勝ってくださいと言わんばかりの展開でした。

スミヨンJ→池江寿厩舎・吉田勝己氏
ホワイトJ→萩原厩舎・久米田氏(ロジ冠)

久米田氏は「社台トピック」でもお伝えしたように社台とのリンクがあり、これから要注目のオーナー。
両Jとも、特にスミヨンJは社台馬騎乗の際は注意したい。

注目のラインを挙げておく。

「スミヨンJ」
土曜 6Rユニバーサルバンク(マツパク厩舎・サンデーR)
日曜 6Rノルマンデイー(音無厩舎・ノーザンF生産)
  11Rブエナビスタ(マツパク厩舎・サンデーR)
  12Rインオラリオ(池江寿厩舎)  
「ホワイトJ」
土曜 3Rクローバーリーフ(道友・ノーザンF)  
   9Rモスカートローザ(池江寿・ノーザンF)
  
スミヨンJは勝己氏率いるノーザンF並びにサンデーRに注目。
ホワイトJは以前から好成績を残していた道友・池江寿のラインに注目。

[ 2010/10/29 10:14 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

天皇賞秋考察

天皇賞秋は古馬G1の中でも由緒あるレース、それだけに「勝つ」ことに大きな価値のあるレースだと言える。


『生産者・オーナーから見た天皇賞秋』

社台代表のブエナビスタ、非社台代表のアーネストリーについて考えてみる。


「ブエナビスタ」

繁殖牝馬になるために十分な成績とも言えるGⅠ4勝。

世間的には強い牝馬、名牝として根付いているが、生産者からしたらまだ足りない。

JF、桜花賞、オークス、VMを勝利したが・・・混合GⅠはまだ勝っていないのだ。

繁殖に上げるにはやはり混合GⅠ勝ちが合った方が確実に良い。「繁殖牝馬としての価値」は莫大に上昇するだろう。

だからこそ勝ちたい混合GⅠ。4歳なので時間も残されていない。

『早く混合GⅠを勝って繁殖入りさせたい』これが社台の本音、万が一にでも故障なんてされては困る逸材。

個人的に年内引退も大いに有り得る話だと思っている。そのためには是が非でもタイトルが欲しい、それは社台全体が願っているに違いない。

今後のローテは天皇賞→ジャパンカップ→有馬記念を予定している。どこかで間違いなくメイチ仕上げ&社台に援護してもらうレースが有るはず、いずれにしても注目の1頭です。


「アーネストリー」

社台にとって最も嫌な存在がアーネストリー。

超大物馬主でもある前田幸治氏にとっても久々にGⅠを狙える馬に巡り合えたと思っているはず、何としてでもタイトルが欲しいはず。

知っての通り全く社台の接点のない、反社台のオーナー。自身もノースヒルズ生産者として生産に携わる身、反社台派であったとしても勝ち負けするだけの背景、そして競走馬を所持している今なら社台とも対等にやりあえるはず。

余談だが、前田氏お気に入りのファリダットは状態次第で前日スワンSに出走することになっている。

今週は前田氏にとって勝負の週なのかもしれない。

[ 2010/10/27 14:27 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

スワンS・天皇賞秋

【スワンS】
『アーバニティ』
千四は(2.2.1.3)と得意にしている。鞍上はホワイトJ、勝負気配も感じる。
ただ、アーバニティは立ち回りの巧さがウリの馬、それを示すかのように内枠で好成績・外枠では成績を落としている。外枠なら軽視したい。

『エーシンフォワード』
アーバニティと似たような紹介になってしまうが、千四は(4.0.1.2)、鞍上はスミヨンJ。そして内枠好成績・外枠成績悪化もアーバニティと同様。
近走は使い詰めで疲れが出たものなので気にしなくて良い。

『トゥザグローリー』
血統だけで人気してしまう馬ですね笑。
いくつかのレースに登録しているので、ここ出走かは分からないですが、千四は微妙と言わざるを得ない。千八のカシオペアSに出走すると思いますが・・・。

『ファリダット』
こちらも毎回人気する馬。
疲労が取れずに休養が長引いた馬。2週間後のオーロCも視野に入っているので、ここは出走しない、もしくは叩きの可能性がある。
一瞬のキレが持ち味の馬で乗り難しい馬で、一発の可能性はあるが静観するのが妥当か。

『プレミアムボックス』
去年のスワンSは後方から6着まで追い込んできた。
終いは堅実な馬だが、勝ち負けするには展開の助けが必要だと思う。
勝負気配もあまり感じない。おそらく去年と同ローテで、スワンS→京阪杯と進むと思うので、狙うなら京阪杯かと。

『ヘッドライナー』
ハナを切っていない近2走は度外視。京都は得意コース、
今回は単騎逃げ濃厚なので注意が必要。酒井学Jであまり好成績を残せていないが・・・。

『マルカフェニックス』
去年のスプリンターズS→スワンSという同ローテ。その去年はプレミアムボックスと上がり最速タイ。
千四は走る馬、ここ2年で馬券に絡んだ3回は全て千四という成績からも見てとれる。
順調ならば◎を打つつもりです。


【天皇賞秋】

『アーネストリー』
非社台の代表格アーネストリー。
生産者のースヒルズの代表前田氏の切り札。
少し話は反れるが、前田幸治オーナーはアーネストリーを筆頭に、ラヴェリータ・トランセンド・ファリダット、過去にはNHKマイル勝ち馬ロジックやオークス馬ローブデコルテなどの有力馬をもつほどの大馬主。先日お膝元の京都でビートブラックが13番人気3着になったことが記憶に新しい。
G1でも対等に渡り合える事を示したアーネストリーの事を社台はどう思っているのか?これほどの大馬主なだけに社台は露骨にアーネストリーを潰しには来ないと思うが・・・。

『アクシオン』
何度の陣営のコメントに騙された。
前走札幌記念は「調整失敗したかも・・・」との事だったが3着好走。
本当に調整ミスだったならば、ここでは評価を上げなければならないが・・・。
武豊Jを手配して勝負度合いは窺えるし、少なくとも注意は必要な馬。

『シンゲン』
脚に不安のある馬。それだけに休み明けオールカマーはメイチまたはヤラズのどちらかとお伝えしたはずだが、答えは前者だった模様。
調子落ちは十分に考えられる。状態を確かめる必要が有るでしょう。

『ジャガーメイル』
堀厩舎らしく外人Jを手配。
前走宝塚記念では2番人気でも無印評価。理由は「生粋の軽い芝巧者」だからというものだった。
今回は東京、軽い芝なら好走可能だが、距離はもう少しあってもいいのでは?
去年・一昨年はアルゼンチン共和国杯→香港ヴァーズと進んだが、今年は天皇賞始動でどこを目標に置いているか分からないが、ハンデ戦のアルゼンチン共和国杯に出走する可能性は低そう。どこが目標なのか少し見定めたい。

『ブエナビスタ』
うーん・・・いろんな場所で回避の情報が流れていますが、どうなのでしょう?
去年の秋は脚に不安が有りながらも無理使いした、それでも強い競馬をしてきた馬。秋華賞なんてはっきり言って仕上がりの差で負けただけ、決して能力差ではない。
正確な情報を聞いてからですが、これだけの名牝なので無理使いだけは避けて欲しいです。

[ 2010/10/26 17:18 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

菊花賞

◎ローズキングダム

○トレイルブレイザー

▲ヒルノダムール

△クォークスター


紐にレーヴドリアン・ビッグウィーク・シルクオールディー・トウカイメロディを絡めて買います!

[ 2010/10/24 15:20 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

日曜の予想

【菊花賞(暫定)】

オッズ・天候等を加味しながらギリギリまで考えます。一応、今の印を。

◎ローズキングダム

○トレイルブレイザー

▲クォークスター

△ヒルノダムール

△レーヴドリアン

△トウカイメロディ


※随時更新します!


【福島11R】
◎モルトグランデ
○エーシンダックマン
▲ダイワマックワン

◎○は平日展望通りこの2頭で。
◎はエーシンダックマンのつもりだったが、またまた外枠・・・。前々走、前走に引き続きピンク帽子とは運が無いですね笑。
▲ダイワマックワン、去年の同レースは10着に敗退しているが、外枠が響いたもの。好成績は内~中枠に集中していることからも見てとれる様に度外視して良いはず。それを除けば(1.2.1.0)と好相性を残している舞台なら押さえるべき。
持ち時計は平凡だが、それは前述レースでの時計。その他は2歳時や良馬場以外の出走、しかも全レースとも枠順は内~外よりでのものなので、さほど気にする必要はない。

【京都10R】
◎パドトロワ
○アンシェンブルー
▲ブルーミンバー

早い逃げ馬セブンシークィーンと前走で強いと評したティファニーケイスが前で競り合うのを想定。
◎パドトロワは「アンカツー鮫島」の超勝負ライン。馬券は外さないでしょう。
○アンシェンブルー、外枠は痛いがまだ底を見せていない。新馬戦で蛯名ー田中清ラインは陣営の期待の表れ。それに準ずるJのウチパクが継続騎乗と言うのも頼もしい。
▲ブルーミンバーは持ち時計1位。その時計を出したレースの勝ち馬がスカイノダン、相手が悪かっただけ。藤田Jの「まずはクラスに慣れてから」という言葉が気になるが、能力的にはあっさり勝てるはず。

【京都12R】

◎ドリームライナー


人気だが逆らえない。絶好位からサンライズモールを見る形で走れるのは何よりも強み。

[ 2010/10/24 11:56 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

土曜の予想

【富士S】
◎リルダヴァル
○リザーブカード
▲ダノンヨーヨー

◎リルダヴァル、やはりおかまいなしに攻めてきた。苦手条件から一転、ここは逆らわない方が良い。
○リザーブカードは2,3着付けで。サクラバクシンオー産駒だからか、どうしてもマイルだと勝ちきれないが、狙い澄ましたローテで大崩れはなさそう。
▲ダノンヨーヨーは先物買いの気持ちで。良くなるのはまだ先かもしれないが、潜在能力はここでもトップクラス。
スピリタスは思った通り最終追いは手緩い内容、マイネルファルケも仕上がりは決して良くない。能力は認めるが、どちらとも軽視する。人気次第では押さえても良いと思いますが・・・。

【京都9R】
◎カネトシディオス
○ミッキーチアフル

勝負気配と思いきや、至って普通の攻め内容だった◎カネトシディオス、その点は気になるが・・・。決め手勝負ならまず負けないし、外回りは大歓迎。
相手は○ミッキーチアフル。勝ちきれないのか着狙いなのかは分からないが、極端に2着の多い馬、叩いた上積みも含めて今回も最低2着は確保してくれそう。

馬券は◎からと、○2着固定の馬単も人気馬相手に押さえたい。

[ 2010/10/23 01:13 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

今週の平場予想予定!

今週末はあまり時間が取れそうにないので、予想対象レースを前もって書いておきます!

《土曜》
『京都9R三年坂特別』
良血アドマイヤテンバ、末脚&アンカツ乗り替わり魅力のカネトシディオス、安定感のあるミッキーチアフル3頭が中心。
「アドマイヤテンバ」
おそらくは血統だけで人気する妙味の無い馬。
京都は2戦とも負けているが、どちらも体調不良が原因で気にしなくていい。
実質底を見せていない馬で、1週前には坂路50.3秒を計時したが、今日は61.3秒・・・体調がまた悪くなった可能性あり。
「カネトシディオス」
前走は直線だけで3着まで来た。その前走は上がり32.4秒と良い脚をもっている。
シンザン記念は上がり最速の5着、そしてアンカツ乗り替わり、京都ご当地のカネトシ冠と買いの要素たっぷり。
「ミッキーチアフル」
降級後3戦は全て馬券に絡んでいる。カネトシディオス同様にミッキー冠は京都ご当地。
前走は手緩い最終追い、おそらく回ってきただけの内容。今回は最終追いはビッシリ追ってきた。遅れたのは気になるが・・・。

『京都11R室町S』
「アースサウンド」
ダート千二は4戦2勝2連対。52キロは恵まれたか?
少し能力の精査をしてみたい。
「セイクリムズン」
本命はこの馬になると思います。
叩き良化型と陣営も言っているし、ここは順当に勝つはず。
それにしても坂路は動く馬ですね笑。

《日曜》
『福島11R福島民友C』
「エーシンダックマン」
開幕週を味方に・・・という訳ではなく、単純に力上位です。
栄進ー坂口則のラインも良し、更には陣営得意の距離。スピードの違いで逃げ切ってくっるのでは?
「ケイアイアストン」
こっちは開幕週を味方にすれば勝負になるんじゃないかと思っています。
近走は逃げれていないので気にしなくても良い。速い馬=エーシンダックマンがいるだけに強くは推せないが・・・枠順がカギを握りそう。
「モルトグランデ」
これも力上位。前走キーンランドCは負けて強しの内容、そして去年同様のローテ、間違いなく勝ちを意識しての出走しょう。

『京都12Rプレミアムレース』
「サンライズモール」
僕の大好きなノーザンテースト×スカーレットインクの血をもつ馬。スカーレット一族と石坂厩舎はヴァーミリアンなどでゆかりのある血統。
今回も揉まれなければ勝ち負けできるのでは?
「ドリームライナー」
サンライズモールと人気を2分するだろうが、こちらも逃げたい馬。
少なくとも揉まれるのはマイナス、人気2頭ですんなり隊列が決まれば行った行ったも有り得るが・・・。
[ 2010/10/21 18:44 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

菊花賞~クォークスター~

今日はクォークスターの話を。


『クォークスター』
父アグネスタキオン母母スカーレットブルー。
スカーレットブルーは父Northern Taste母Scarlet Ink、スカーレット一族ですね。

ダイワメジャーは父サンデーサイレンス母スカーレットブーケ。
スカーレットブーケは父Northern Taste母Scarlet Ink。
かなり似ている配合だと思いませんか?
神経質な性格もそっくり、クォークスターも大物になる可能性は十分にある。

血統についてはあまり詳しくないのでそろそろ切り上げます笑。

クォークスターの前走はセントライト記念、圧巻の内容だった。
それも体調は万全では無かった・・・今後の事も考えて回ってくるだけのレースだと思っていた。
蓋を開けてみればド派手なパフォーマンスでの勝利。あの仕上がりで勝てたのは、能力が高いからこそです。それも並の能力じゃない、間違いなく世代上位を脅かせる能力の持ち主だと感じた。
これだけ走ってしまったら気になるのは反動、アグネスタキオン産駒は故障に泣かされる馬が多いのでより一層心配です。

連を確保できなかったきさらぎ賞は初の遠征で、精神的な弱さが原因です。
あれから約8ヶ月、クォークスターはどれだけ成長したのか?
ダイワメジャーとて3歳秋は良い結果を残せなかった。本格化したのは古馬になってからで、これは精神的な部分が大きかったのだと思う。
クォークスターも今はまだまだ幼い部分がたくさんあって、菊花賞で勝ち負け出来るかと言われれば厳しいかもしれない。
でもいつかは必ず走る馬、世代屈指の良血馬ルーラーシップと共に世代を代表する馬になってもおかしくないと思っています。

クォークスターがどんな走りを見せてくれるのか、そして将来は大物になれるのか、いろんな期待を込めてこれからも見守っていきたいです。
決して無理だけはして欲しくない、それが菊花賞に向けての本音です。

あまり予想に携わる話は出来ませんでしたが、セントライト記念は能力だけで買ったレースです。
少し複雑な気持ちですが、クォークスターに注目してみてください

[ 2010/10/20 15:02 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

富士S

【富士S】
菊花賞にも注目だがこっちも見離せない。
既に何頭か回避を決めている馬もいるので、リルダヴァルは出走確実。
菊花賞以来となるブレイクランアウト辺りまで出走できそうですね!

『サンカルロ』
前走は消化不良の3着だったが・・・。
以前に「重い芝得意の馬」だと言ったように、ここでは危険な人気馬と見ています。
ここ叩いて去年2着の阪神C辺りを狙っている気もする。今後の為にもおもいっきり負けて人気を下げて欲しい笑。
余談ですが、来年の宮記念前哨戦(阪急杯・オーシャンSなど)でがっつり買いたい馬です!

『ショウワモダン』
前走が何とも不甲斐ないレース。ここも人気するだろうし、少し疑ってみたい。
叩いて叩いて良くなる馬、ピークに達するのはまだまだ先だと思います。

『スピリタス』
末脚は一級品。このメンバーなら最もキレるだろう。
鞍上は柴田善Jだが、柴田先生にとってスピリタスは少々似合わない。以前乗っていたアンカツに戻ってくれないのでしょうか笑。
前々走は優秀だが、先週水曜の追い切りも一杯に追われたが平凡で木曜にはプール・・・最終追いでビッシリ追われなければ軽視で良いでしょう。

『セイクリッドバレー』
東京は(0.0.0.3)だが、4着二回なのであまり悲観しなくても良い。
マイルは少し短くないか?三浦Jも信頼できない。これも軽視で。

『ダノンヨーヨー』
「まだフラフラする面がある」と音無氏。まだまだ奥行きのありそうな同馬ですが、そんな完成度で古馬重賞を勝てるのか?
前走後はほとんど攻めていないし、陣営としても期待している馬。ここで無理させるかは疑問だが・・・最終追いに注目。

『テイエムアタック』
近走は冴えないが、関屋記念で上がり32.0を計時した快速馬。
得意の東京マイルに替わるのはプラス、6,7走前ぐらいの走りができれば面白い。
アブソリュートの回避で田中勝Jは同馬に乗ることになった。ツキが回って来たか?相手には加えたい1頭ですね。

『マイネルファルケ』
近走は出走するたびに「やる気あるの?」という攻め内容ばかり。今回も攻めに関してはじっくり観察したい。
もしかすると1戦1戦の消耗が激しい馬で、レース後は積極的な調教が出来ない馬なのでは?ポン駆けすることからも可能性はある。
去年は9着だったが、あのペースでは仕方ない。今年は見直す必要がある。
次走がマイルCSなのかは知らないが、もしそうならばここは手抜きして走るかもしれない。取捨に迷う1頭です。

『マルカシェンク』
去年の2着馬。
もう「出遅れるな!」という期待はしません笑。
勝つか負けるかの馬、遊びで頭固定の馬券を買うのは面白いかもしれませんが・・・もう買ってはいけないというのが本音。

『リザーブカード』
一昨年の2着馬、去年は4着だった。
休み明けは苦にしないし、条件は良い。
蛯名J手配も気になるが、強烈な決め手をもっている訳ではなく、最後は競り負けるシーンが浮かぶ・・・買うなら2,3着付けでいい。

『リルダヴァル』
おそらく誰しもが気になっているのはリルダヴァル。
前走は距離・道悪などの不安が有りながら楽々勝利、NHKマイルC3着の舞台なら期待は高まる。
目玉はこの馬で間違いないが、この調子ではまた故障しかねない。
池江郎先生はあと少しで引退なのでそんなことお構いなしに仕上げてくるだろうが、反動があってもおかしくないはず・・・状態を確かめたい。
[ 2010/10/19 19:26 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

菊花賞考察

過去の結果を見れば分かると思うが、SSの血をもっている馬が圧倒的に強い。

SSが入っていなければそれだけでマイナス材料、そう考えて良い。

あとはサドラー、ニジンスキーが入っていればなお良い。


まぁ血統に関してはほとんど無知なのでこの辺で切り上げておきます笑。


前哨戦を振り返ってみると、セントライト記念は持続力勝負。逆に神戸新聞杯は瞬発力勝負となった。

さらに遡ると、皐月賞・若葉Sは前者、ダービー・ラジオNIKKEI杯2歳Sは後者。


持続力勝負でレベルが高かったのは上記のとおり「セントライト記念、皐月賞、若葉S」の3戦。


菊花賞はもちろん持続力勝負、決してダービーや神戸新聞杯を鵜呑みにしてはならない・・・。

なんてことは誰でも分かること。本当に持続力勝負になるのか?そこが焦点になる。


今年の天皇賞春は瞬発力勝負のレースとなった。

菊花賞が瞬発力勝負になる可能性は0ではないはず。

このメンバーなら逃げるのはビッグウィーク、もしくは抽選対象のコスモラピュタ。

前者はおそらくSペースでは逃げない、神戸新聞杯の二の舞になるからだ。前々走は好内容で、もともと瞬発力のない馬だから持続力勝負に持ち込むはず。

後者は速いペースで逃げたことが無い、出走出来てもハナを切れるかは微妙・・・。


カギを握のは逃げ馬ビッグウィーク、がむしゃらなHペースでは逃げないだろうが、ミドルハイ辺りの逃げなら有り得るんじゃないか?

[ 2010/10/18 20:59 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

秋華賞は

あれこれ悩みましたが、秋華賞は社台のワンツースリー(ついでに4着も笑)という結果。


もうこれは確信犯ですね笑。


アパパネ4冠おめでとうございます!



[ 2010/10/17 16:17 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

日曜日の予想

【府中牝馬S】
◎ニシノブルームーン
○コロンバスサークル
▲リトルアマポーラ
△ブラボーデイジー
△テイエムオーロラ

6歳馬は消しとデータで言っておきながら◎は6歳馬ニシノブルームーン。このメンツなら北村宏Jは実績上位の騎手。
○コロンバスサークルの前走は至って平凡な攻め内容だった。攻め強化+田中勝Jはプラス材料で、良血らしい走りをしてもおかしくない。
▲リトルアマポーラ、攻めは走る馬だが、Pで5F61.6-11.6は並の馬では出せない数字。休み明けは掲示板にギリギリ乗るか乗らないかの結果が気になるが、7番人気なら狙うしかない。
△ブラボーデイジーの近走は全て敗因が明確。キレる末脚はもっていないので展開の助けが必要だろうが、去年のVM2着ならやれても良い。
△テイエムオーロラに印を回す気はなかったが、攻めを見ると△を打つしかないと感じた。今後の為に賞金加算がしたいだろうし、メイチに近い仕上がり。

人気のブロードストリートはまだ疲労が残っているのでは?能力だけで来るかもしれないが、買っても押さえまで。
スマートシルエット、リビアーモも気になるが、前者は過剰人気後者は距離不安なので・・・。3連系の押さえといったところか。

【秋華賞】
◎アパパネ
○オウケンサクラ
▲ディアアレトゥーサ
△クラックシード

本命予定だったクラックシードは攻め平凡、雨も降らなかったので△まで。
◎アパパネ、正直言って本命は打ちたくなかったが・・・。前走に関しては色々意見が有るが、「負けて強し」の内容だった。ラップ自体はどうでもいいが、直線での根性はさすが女王と感心させられる程だった。
○オウケンサクラ、前走の敗因は休み明けと言う事でいいのでは?叩き良化型っぽいし今回は狙い目。
▲ディアアレトゥーサの前走は好内容。アンカツ手配も気になるし、ここは買っておきたい。

結局「社台中心」と言っていた秋華賞だが、印4頭中2頭が非社台という予想になってしまった。
本当に社台が上位独占するレースになるのか、その点に注目しながらレースを見ようと思います。


【東京10R】
◎ソーマジック
○シセイカグヤ
▲ボーダレスワールド
△デリキットピーズ
△ゴールドアグリ

前走は負けたものの、勝ち馬はスピリタス。後続には5馬身差つけているし力上位は確実の◎ソーマジック、宏Jに乗り替わって勝ちに来た。

【京都12R】
◎マルカベンチャー
○アデュラリア
▲ネオフリーダム
△フェイムロバリー

◎マルカベンチャーは千二がベストだがこの距離でも心配はない、素直に信頼する。
相手は人気を信頼するほどのレースではなく、プレミアムレースなだけに当てたいので総流しでもいいのでは?
気になる馬は印3頭だが、思い切って総流しを買ってみたい。

[ 2010/10/17 11:22 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

土曜日の予想

【デイリー杯2歳S】
◎レーヴディソール
○メイショウナルト
▲アドマイヤサガス

良血レーヴディソールから。新馬戦は強い勝ち方でコース替わりはプラス。
相手筆頭は前走より気配の良い○メイショウナルトを本線に。
▲アドマイヤサガスは「橋田ーアドマイヤ」のライン。坂路であれだけの時計を出せるのだから能力は高い。
馬券は◎→○が大本線、意外と人気が割れるなら◎○のワイド1点とかでも良いかもしれないですね。


【京都6R】
◎ツヨイキモチ

「父シンボリクリスエス母父サンデーサイレンスの社台馬」です。
楽にハナを切れそうなメンバー構成で、意外と人気しなさそうなので買ってみたい。

【京都9R】
◎スイートマトルーフ
○クリスティロマンス
▲コンカラン

前走は出遅れが全ての◎スイートマトルーフ、単10倍見当なら狙ってみる。
しつこいですが、○クリスティロマンスは父シンクリ母父SSの社台馬。人気でもまず逆らわない方が良い。

【東京10R】
◎オウロプレット
○インオラリオ
▲ロラパルーザ

休み明けでもハンデ54キロなら面白そうな◎オウロプレット、単推定15倍は人気なさすぎ。因みに父ワイルドラッシュ母父SSの社台馬です笑。

【東京11R】
◎サンライズベガ
○トリビュートソング
▲トゥザグローリー

堅実な◎と○、勝ちきれないが3連系の軸にはもってこい。
最大の敵は良血トゥザグローリーか。
馬単▲→◎○、ワイド◎ー○辺りから買いたい。

[ 2010/10/16 02:17 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

秋華賞注目馬

【秋華賞】
『クラックシード』
父キンカメ×母父SSの社台馬。
前走紫苑Sは外外を回っての2着で、実質は勝ち馬ディアアレトゥーサよりつよう内容。
馬なりで外を捲って進出、直線で勝ち馬との追い比べで負けはしたが、次に繋がる内容だった。
中山芝の重・不良で2勝、東京で惨敗という成績を見る限りは週末の雨はプラス。むしろ雨が降って上がりのかかる馬場にならないと厳しいかもしれない。
キレる脚は無いがなかなかバテないしぶとい脚は持っている。好位抜け出しが理想で、内枠の経済コースで競馬出来れば面白い。

『ディアアレトゥーサ』
前走仕込み馬。アンカツに乗り替わるのは気になるが、前走がメイチでしょう。
社台多頭出しで当馬は非社台、分が悪い。人気が無いのなら押さえたいが・・・。

『アパパネ』
3冠の懸かったここは間違いなくメイチ。
前走負けて強しとの声もあったが、それも一理ある。しかしもっとやれてもおかしくなかったはず。
思うにアパパネは軽い芝が得意。だからこそ陣営も雨を嫌っている。ならば京都替わりはプラスなはずだし、前走の様な甘い仕上げで出走するはずが無い。
人気でも買うしかない1頭か?雨なら少し考えたい。

『アプリコットフィズ』
前走は展開&馬場に恵まれた感も否めないが、まぁまぁの内容。
遡ってフェアリーSは好内容で、負けた桜花賞は調整ミス。オークスは調整ミスが尾を引いたとの声もある。
実質底を見せていない馬だが、「栗東滞在」が成功するかは分からない・・・結果は走ってから分かるもの。敢えて嫌うならこの点か?
父ジャンポケ×母父SSは社台が結果を求めている血統、社台多頭出しの目玉はアパパネかアプリコットフィズ・・・どちらに軍配が上がるか楽しみ。

秋華賞の予想はしますが、馬券は「見」の予定です。
「攻め良し+雨」ならクラックシードの複勝だけ買って遊ぼうかなっていう程度で笑。

[ 2010/10/15 01:36 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

社台の思惑


以前に「父キングカメハメハ×母父サンデーサイレンスの社台生産馬」は今後活躍するに違いないという記事を書いた。


今回はその続きです。


【父キングカメハメハ母父サンデーサイレンスの社台生産馬】
前述のように「非SS系種牡馬×母父サンデーサイレンス」の代表とも言える同配合の社台生産馬成績について見てみます。

【社台系一口馬主の成績】
『サンデーR』
(7.3.5.12)勝率26%、連対率37%、複勝率56%
「単勝回収率67%、複勝回収率88%」

『社台RH』
(6.11.5.18)勝率15%、連対率43%、複勝率55%
「単勝回収率79%、複勝回収率168%」

『キャロットF』
(2.1.0.16)勝率11%、連対率16%、複勝率16%
「単勝回収率14%、複勝回収率20%」

(グリーンF等も社台系一口馬主ですが、上記と比べて競走馬の質がかなり落ちるので省略)

やはり社台系一口馬主の2大巨頭「サンデーR」「社台RH」が圧倒的な数字を残しています。

【社台系生産グループの成績】
『ノーザンF(サンデーR系生産馬)』
(17.9.8.36)勝率24%、連対率37%、複勝率49%
「単勝回収率62%、複勝回収率84%」

『社台F(社台RH系生産馬)』
(10.16.9.65)勝率10%、連対率26%、複勝率35%
「単勝回収率48%、複勝回収率 105%

『白老F(社台RH系生産馬)』
クラックシードのみ(2.1.0.1)単312%、複205%

『追分F(サンデーR系生産馬)』
(0.1.3.8)連対率8%、複勝率33%、複回収率50%

【まとめ】
やはり「父キングカメハメハ×母父サンデーサイレンス」は金になる配合。
中でも照哉氏の率いる社台F(社台RH)が超有力。
もちろん勝己氏率いるノーザンF(サンデーR)も有力だが、少し見劣りする。
社台RH、サンデーRともに複勝率が50%超、つまり2回に1回は馬券に絡んでいることになる・・・凄すぎますね笑。

《血統:父キングカメハメハ×母父サンデーサイレンス》
《馬主:サンデーR(ノーザンF生産馬)もしくは社台RH》


これを見たら人気に関わらず買っておいた方がしれませんね。

ほか、母父サンデーサイレンスの社台生産馬についても時間が有れば書きたいと思います。

社台が最も必要としているのはキングカメハメハ、次いで・・・ここから先は後日のお楽しみに!

[ 2010/10/13 18:07 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

府中牝馬Sその2

世間では秋華賞でアパパネ4冠なるか!?と秋華賞ばかりに注目されているが、僕が本気で当てにいきたいレースは府中牝馬S。


今年は京都牝馬S、中山牝馬S、福島牝馬S、VM、マーメイドS、クイーンSと的中。

唯一外したのは千四で行われる、少し異質な阪神牝馬Sだけです。


ここまできたら全力で府中牝馬S、エリザベス女王杯、愛知杯と的中させたい思いは膨らむばかり。


さて注目馬2頭目→戦略競馬~仕込み馬研究室~
世代の中でもトップレベルの力を誇っているのは間違いない。

近4走は馬券外という結果に終わっているが全て無印評価、同馬の特徴は掴めているはず。

休み明け+体の弱い馬というのがネックだが、能力的にはアッサリ勝ってもおかしくない。

休養前の敗北は適性外のコースや使い詰めが原因、休養明けの今回はピッタリなコース、休養を経てエンジン全開となるか?仕上がりに注目したい。


[ 2010/10/12 22:55 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

府中牝馬S注目馬


府中牝馬Sの最注目馬はこちらから→戦略競馬

【府中牝馬S】
「6歳以上不振(0.0.0.27)、4,5歳馬を狙え!」
ピークを過ぎ去った牝馬に東京芝の千八は酷なレース。
東京芝千八はとにかく速い上がりが必要。上がり3ハロンの瞬発力ではなく、4ハロン持続できる末脚が理想。
6歳以上の牝馬でこの様な速い上がりを使える馬はそう居ない。だから6歳以上は好走できないのです。なので基本的に3~5歳を狙えば良い・・・ですが、3歳馬は秋華賞という大舞台があるので、実質4,5歳馬が狙いとなります。

因みにですが、このデータはエリザベス女王杯にも活用できます。エリザベス女王杯は2200m外回り、そしてG1と言う事で府中牝馬S以上に酷な条件です。3歳馬に関しては馬の状態次第ですが、やはり大目標は秋華賞というのがベター。ましてクラシック路線を歩んできた馬たちにとっては、ここが初の古馬との対戦になるので・・・。

『登録馬を見て』
上がり3ハロン33~34秒台前半、4ハロン45秒台の脚をコンスタントに使える馬
「シングライクバード・ニシノブルームーン・ブロードストリート・ムードインディゴ・リビアーモ」
立ち回りの巧さが武器の馬
「ウェディングフジコ・テイエムオーロラ・ブライティアパルス・ブラボーデイジー・リトルアマポーラ」

メンバーを見る限り速い流れになることは考えにくい、と言う事は狙いは後者「立ち回りの巧い馬」といきたいが、実際は速い上がりが必要なので前者「速い上がりを使える馬」が有力。

『現時点での注目馬』
「ニシノブルームーン」
VMでは上がり33.5の末脚を使ってきた。去年の府中牝馬Sでは前崩れの中、前目追走で7着粘り込み。
6歳馬と言う事で本命にはし辛いが、リーディング上位騎手が居ない中、北村宏Jが乗ってくれるのは頼もしい。
「ブロードストリート」
強い現4歳牝馬世代のナンバー3はブロードストリート、まだまだやれていいはず。
去年のエリ女では上がり33.2秒と素晴らしい末脚を披露、VMでも33.9秒で上がって来たのだからこれは強い。
休み明けで仕上がりが問題か?故障の多いアグネスタキオン産駒、同馬も体質の弱い馬で、どこまで回復しているかに注目。
「ムードインディゴ」
ムラ駆けする馬で扱いが難しい。馬体重の増減が激しい馬で、体調管理にには困っている模様。ひそかに連覇を狙っていそうで不気味ですが、軸には出来ない馬です。
「リトルアマポーラ」
ここを叩いてエリ女という可能性が高いか?休み明けは走らない馬だが、良い脚を持っていて、立ち回りの上手な同馬なら大崩れは無いとは思うが善戦止まりかも。
「リビアーモ」
重賞を取れる器だが、千八は少し長いかもしれない。
鞍上もまだ決まっていないし、登録だけかもしれませんね・・・。

[ 2010/10/11 17:58 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

京都大賞典快勝!

最近は仕込み予想が全く冴えないですね・・・。もう一度出直してきます笑。


京都大賞典は馬単3点、3連単6点で的中!低配当ながら少数点なら十分利益がでました!


ここ2週間は土曜ハズレ→日曜アタリというサイクルが続いています。

まぁこれでも週単位で利益は出ているので文句は言いたくないですが・・・後味悪いですね笑。

来週以降は土曜日も頑張りますww


来週は大得意の古馬牝馬重賞。

ブログ休止前から僕の予想を見ている方は知っていると思いますが、古馬牝馬重賞はかなりの確率で的中してます!是非ご期待ください!

[ 2010/10/10 17:02 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

仕込み予想

【京都10R】
「メイショウタメトモ」(C)
メイショウ2頭出しで怪しいのはこっち、馬連過剰です。
予想に★(=仕込み印)メイショウタメトモ追加します!

【京都11R】
「メイショウベルーガ」
確実に大口の入る馬だと思っていたが、今になってやっと大口購入。
しかし仕込みでなく、オーナーのポケットマネー程度。(100万以上の買い込みですが笑)
メイショウの松本オーナーの買い込みはこんなもんじゃない。

【東京8R】
「ジョーモルデュー」(D)
馬連過剰。単8人気、複7人気でフリソとジョモルデューの馬連2番人気は異常。
売れ方からすればB評価ぐらいまで与えても良いが、攻め内容を見る限り「仕込み」の入る仕上がりではないのでDまで格下げ。
一応、予想に★ジョーモルデュー追加します!

【東京11R】
「ショウワモダン」(D)
前走と今走の泣きコメント、前日の複勝大口は怪しい。
「ペルーサ」
メイショウベルーガ同様、やっと大口が入ったと言った感じ。
これまたベルーガ同様、山本オーナーのポケットマネーの可能性大。

[ 2010/10/10 13:53 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

日曜追加予想

【京都大賞典】
◎メイショウベルーガ
○プロヴィナージュ
▲ベストメンバー
△オウケンブルースリ

【毎日王冠】
◎シルポート
○ショウワモダン
▲マイネルスターリー
△ペルーサ

【東京8R】
◎インフィニットエア
○フリソ
▲マコトギャラクシー

フリソの一本被りかとも思ったが・・・。
◎インフィニットエアは休み明け2戦目、キャリアも少なく前々走を除けばまだまだ底が見えていない。当コミュで再三お伝えしている「社台&父シンクリ×母父SS」という背景も後押し。

【東京12R】
◎スターボード
○デイユアドリーム
▲ベビーネイル

底を見せない◎、東京得意の○、ペルーサと同ラインの▲の3頭で堅い。
3頭とも人気しているので、少数点で仕留めたい。馬連、馬単2点で。

【京都10R】
◎アドマイヤシャトル
○メイショウエンジン
▲ハイオン

テンの速いスーサンラーダーがアドバンスウェイに譲らないと見た。
◎アドマイヤシャトル、「アドマイヤー友道」ラインで買いはアドマイヤメジャーより俄然こっち。
[ 2010/10/10 13:14 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

日曜の予想

【京都大賞典】
◎メイショウベルーガ
○プロヴィナージュ

◎メイショウベルーガ、道悪は血統・戦績からして苦にはしないはず。
エリザベス女王杯に向けてここは落とせない。
前走新潟記念は意味不明の函館から輸送・・・それで強い競馬を出来たのだから、ここはまず崩れない。
○プロヴィナージュは道悪がどうか?良馬場まで戻れば大きく狙いたいが・・・。
エリ女を取りたいならばここは無理しない可能性もあるが、展開利と期待も含めて対抗評価。
人気のオウケンブルースリは雨苦手、仕上がりも良くない。ここは取りこぼしてもおかしくない。
フォゲッタブルは急仕上げ、まだまだ完調という訳にはいかない。今後長距離路線で狙うべき馬です。

最終的に◎の単は3.5倍ぐらいか?◎単複で大きく狙いたい。
馬単・三連単2→4.6.9は一応押さえておく。

【毎日王冠】
◎シルポート

オールカマー予想時から「毎日王冠出走なら狙う」と言っていた馬、ひねらずに◎シルポートで。
生粋の千八巧者で、思い返せばオールカマーは攻め不足・・・もともと一叩きで毎日王冠を狙ったローテだったのかもしれない。
前述「ホワイトマズル産駒らしく、自分の得意な型に嵌れば滅法強いタイプ。単騎逃げ濃厚、雨による馬場悪化と好走条件は揃った」と言ったように、ここで走らなければ今後すら危うい。
人気のペルーサ・ショウワモダンは休み明け、仕上がり途上でも能力的に来てもおかしくない。前者は同世代でも能力上位、後者は道悪巧者でシルポートの作り出す展開も向くとは思うが・・・それでもシルポートを信じる。
[ 2010/10/10 02:26 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

毎日王冠・京都大賞展考察

【毎日王冠】
馬場が悪くともラスト4ハロンの持続力勝負には変わりないはず。
長く脚を使える馬と、道悪もこなせる馬を狙ってみたい。

『ネヴァブション』
同厩エアシェイディには劣るものの似たような存在。
東京コースでは一押しが足りず、掲示板まであと一歩届かずといった結果が多い。逆にごまかしのきく中山コースで好成績・・・その点についてもエアシェイディに似ている。
去年のエアシェイディは天皇賞・JCという大舞台を捨てて、有馬記念への叩き台に使った。ネヴァブションはどうか?おそらくここは叩き台・・・有馬記念もしくはAJCCに向けての調整が今から始まったと見て良い。

『ペルーサ』
若葉Sが好内容&好時計、競った相手がヒルノダムールなのだから納得いく。
まだまだ先を見据えた仕上がりだが、陣営はこれでも好勝負と色気を持っている。今までの走りを見ていると、通用してもおかしくは無いが、今回は古馬と混じっての対戦・・・過剰人気にも程がある。ペースを握るシルポートは大逃げも出来る厄介な馬、青葉賞の様な緩い中間ラップでは到底通用しないだろうが、ラスト4ハロンは強く追わずとも優秀な数字。
若葉Sのような中間ラップで青葉賞の様に上がってこれれば文句なし。若葉Sで手綱を握っていた名手アンカツならペルーサを自在に操れてもおかしくない。

『エイシンアポロン』
マイラーと言われ続けている馬、今回は距離が不安か。
立ち回りの上手な馬で、東京コースはあまり合わない感じもする。
雨で馬場が重くなるのはプラス材料だが・・・ここは軽視の方向で。

『アリゼオ』
陣営が揉まれ弱い馬と言っていたように、逃げたスプリングSは勝利した。
皐月賞は大外枠ながら大健闘、力が有ることは示した。
しかし、同馬もエイシンアポロン同様に東京コースが合う気がしない。共同通信杯はダノンシャンティを除けばかなり低レベルな一戦、速い上がりを使えない同馬にとって「揉まれずに好位追走かつあがりのかかる消耗戦」になることが好走条件で、今回はやはり厳しいか。

『ショウワモダン』
実績からすると圧倒的1番人気でもおかしくない馬。そう考えるとこの人気は舐められすぎか?
もともと時計勝負苦手・速い上がりが使えないのが同馬の最大の弱点だった。それが今年に入って本格化、安田記念を優勝するという快挙を成し遂げた。
同馬の特徴は上に記したとおり、以前までは「道悪巧者」として名高かったショウワモダン、雨は好材料に違いない。

『マイネルスターリー』
函館記念&札幌記念◎馬です。洋芝適性の高さから◎を打ったという経緯もありますが、それ以前に潜在能力は高い。去年のアイルランドTではトウショウシロッコ・バトルバニヤン・キャプテンベガといった重賞常連組に勝った事のある経歴の持ち主。現在7番人気だがもっと人気してもおかしくない。
同馬にとっても雨は好材料、むしろ道悪が残らないと好走は厳しいように感じる。マイネル主戦の松岡Jに乗り替わった今回が試金石。

『シルポート』
生粋の千八巧者。非根幹巧者と言った方が正しいかもしれませんが笑。
ホワイトマズル産駒らしく、自分の得意な型に嵌れば滅法強いタイプ。単騎逃げ濃厚、雨による馬場悪化と好走条件は揃ったと言って良い。
高速馬場ではあったが4走前の都大路Sは超優秀で、その時の様な大逃げも出来る馬。酒井学Jに乗り替わったと言う事は、積極策の可能性が高い。後続に脚を使わせて消耗戦に持ち込めば逃げ残りも十分にあり得る。
エプソムC◎、AJCC無印と相性の良い馬・・・今回もシルポートと折り合いを付けていきたい。

『トウショウウェイヴ』
以前から「良馬場じゃないとダメ」陣営が言い続けている馬。
良馬場なら狙ってみたいが・・・今回凡走で人気落ち→次走東京コースの良馬場なら狙ってみたいですね。

『スマイルジャック』
能力は相当高い。やはりダービー2着は伊達じゃない。
今回はまだ仕上がり途上、シルポート作り出す展開は馬群もバラけて三浦Jにとってはプラスかもしれないが、今回は軽視するのが妥当か?

『アドマイヤメジャー』
朝日CCで賞金加算できなかったのが大誤算、これが今後のローテに大きく響いてくることは間違いない。
ここ出走も前走勝てなかっしわ寄せでまず間違いない。「賞金加算したい」という思いは見てとれるが、少々焦りすぎな感もある。そんなもんで重賞は勝てません。
父アグネスタキオン母父kingmanboという「アドマイヤ」らしい良血馬で、速く結果を出したい気持ちは分かるが・・・個人的にここは大敗してもらいたい。それが同馬の為にもなるはず。貴重なアグネスタキオン産駒を乱暴に扱って欲しくないですね。



【京都大賞典】
『メイショウベルーガ』
今年のエリ女◎を考えている馬。ここでもはっきり通用すると見て良い。
コース適性抜群、成績を見ても道悪は気にならないし、父フレンチデピュティ母父sadler's wellsなら全く問題ないはず。

『ベストメンバー』
前走でギリギリの距離。まだまだ完調には程遠く、狙うのはまだまだ先になりそう。

『プロヴィナージュ』
去年暮れから追いかけている馬。
もともと京都大賞典から始動のはずだったが、朝日CCを挟んだ意味は?相手を見て色気を感じたと言っていたが、叩き台としての意味合いが最も大きかったはず。
では今回は狙い目?いや、違う。今回は「長い距離に耐えてもらう」ための練習、言わばここも叩き台・・・大目標は公言通りエリザベス女王杯で間違いない。去年のクィーンスプマンテに続いて連覇を狙っている。
道悪はダメな馬、ここで大敗してもマイナス材料にはならないことを覚えておきたい。

『スマートギア』
道悪は良くない。ピークも過ぎ去った・・・そろそろ休養の時期でしょう。

『オウケンブルースリ』
去年は賞金加算の為に休み明けメイチ仕上げ、それを考えても今年はかなり見劣る仕上がり。
能力だけで勝ち負けまで有り得るが、道悪はマイナス・・・勝つことは厳しいだろうが、2,3着なら十分に有り得る。それを考慮した馬券を買いたい。
来年の天皇賞春で◎を打とうと思っている馬、それまで順調に来てほしい。

『フォゲッタブル』
こちらも完調とはいかない。距離ももっとあった方がいいはず。
血統・厩舎・騎手・生産者など、どこを見ても人気するものばかり・・・去年の有馬記念は優秀だったが、そこまでのパフォーマンスを見せられる仕上がりではない。


[ 2010/10/09 19:16 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

土曜追加予想

【京都7R】
◎アスカトップレディ
○トロワプレジール

2、3走前に◎を打ったアスカトップレディ。
3走前に同舞台で不良馬場2着、雨はあまり気にしなくて良いはず。乱ペースの前々走でも崩れずに走れたのは大きい。馬券圏内は堅いでしょう。
馬券は手堅く◎複勝などか?相手本線は底を見せていない○トロワプレジール。

【東京8R】
◎ワールドコンパス

前々走9番人気○評価→2着と穴を開けてくれた馬。
妙味は全くないがここでは力上位。まず崩れないでしょう。

【東京10R】
◎スノークラッシャー
○マッハヴェロシティ
▲シグナリオ
△イチブン

近走は掲示板止まりだが、Sペースでの差し損ねがほとんど。
今回もSペース濃厚だが、松岡Jもその辺は分かっているはず。同オーナー斉藤四方司のシグナリオは一応走れる状態にあるがまだまだ良化途上。今回は◎向きのペースを作り出すことが役目か?

【東京11R(参考)】
ワンダーポデリオ
ダノンカモン

見するレース。上記2頭を特に見ておきたい。
去年と似たようなローテのワンダーポデリオ、今年は勝ちに来たと見て良いが、まだまだ完調には遠い。この状態でどれだけ走れるか?
鞍上が不安ながら左回りに替わったダノンカモン、「外目でスムーズに運べれば」の声どおりに、良績は外枠に集中・・・今回内枠でどうか?
[ 2010/10/09 11:26 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

土曜の予想

明日は買いたいレースがいくつかありますが、どれもオッズ次第という事になりそうです。
オッズを見てから推奨するか決めるのでよろしくお願いします!


とりあえず2鞍だけ。


【京都10R】
◎シゲルタック
○モエレビクトリー
▲ミッキーパンプキン
△リルダヴァル


逃げれれば面白い◎と○、両馬の単複などから入ってみたい。


【京都11R】
◎ベストロケーション
○エーシンダックマン
▲ブライドルアップ
△ジュエルオブナイル
△エイシンタイガー


素直に前残り予想。人気のメリッサ、強敵ストリートスタイルは開幕週と雨を考慮すると届かない可能性もある

[ 2010/10/09 02:30 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

京都大章典注目馬

先週は土日で計14レース予想して◎単回収率121%とまずまずの結果。

土曜はボロボロで日曜に巻き返しましたが・・・土日ともに安定した結果を残せないとあまり気分は良くないですね笑。


今日は京都大章典について。


注目馬の前に、他の有力馬について書いておきます。


『オウケンブルースリ』

去年の勝ち馬。その去年は今後のローテの為に休み明けでもメイチ仕上げでした。

その反動でこれだけ休養を余儀なくされたと言っても良いですが・・・元も子もないですね笑。

今年は賞金の不安もなし、去年ほどの仕上がりは望めないでしょう。

目標はあくまで先・・・気が早い気もするが、軌道に乗れば来年の天皇賞春の◎はオウケンブルースリでいきます!


『メイショウベルーガ・プロヴィナージュ』

過去に何度か◎を打ったことのある牝馬2頭、賞金的にエリザベス女王杯は出走確実なので、ここで仕上げてくるのか?

前者は去年のエリ女・今年の日経新春杯を見て、ずっとエリザベス女王杯で◎を打つと言い続けてきた馬。

後者は去年暮れからずっと追いかけてきている馬、メイショウベルーガに次いでエリ女◎の可能性が高い馬として何度か紹介している馬です。

問題は仕上がりだけ、能力的には勝ち負けしても全くおかしくない2頭。ともにエリザベス女王杯に向けて注目です。


さて注目馬。

1頭目→戦略競馬

春は陣営の調整ミス、巻き返しは十分可能。距離はもう少しあった方が良いし、休み明けで仕上がりも気になるが、去年の暮れと今年緒戦は強い競馬をしていた。春から体調を立て直しているか&仕上がりに注目。
多頭出しノーザンFで最も人気するのは間違いなくオウケンブルースリですが、他のノーザンF生産馬にも注意が必要で、同馬もその1頭です。


2頭目→戦略競馬

前走は騎乗ミス。このメンバーなら人気落ちは確実で、今後の為にも賞金加算しておきたい所でしょう。

まだ鞍上が決まっていないのが気になるが、勝負Jを手配してきたら勝負と見て良い。

ちなみに注目馬1頭目同様に多頭出しノーザンFの一角です。


[ 2010/10/04 21:42 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

日曜日の予想

【スプリンターズS】
◎ワンカラット
○キンシャサノキセキ
▲ビービーガルダン
△サンカルロ
△グリーンバーディー
△アイルラヴァゲイン

ビーボーガルダンは攻め内容から大きく評価を下げた。替わって◎ワンカラット、デキ落ちの可能性もあるが今の充実ぶりなら。社台馬なので狙いも立つ。


【中山9R】
◎オルフェーヴル

【中山10R】
◎マエストラーレ
○ダノンエリモトップ
▲サダムマンテン

【中山12R】
◎シルクフォーチュン
○ハイエモーション
▲リリーハーバー

【阪神9R】
◎ツルマルジュピター
○サワヤカラスカル
▲アドマイヤヘッド
△キョウワマグナム

【阪神10R】
◎タマモナイスプレイ

【阪神11R】
◎ビートブラック

[ 2010/10/03 13:25 ] ブログ | TB(0) | CM(0)