戦略競馬~仕込み馬研究室~

『社台多頭出し』『金脈馬券術』『仕込み予想』を中心としたトータル予想。競馬勝ち組の予想をご覧あれ。

JCD

【JCD】
JCのように露骨な多頭出しではない。
社台で出れるのはおそらく4頭。個人的にはどの馬も軽視する予定です。

ヴァーミリアン・キングスエンブレムの母系は僕の大好きな血筋なのですが・・・前者は衰えが見られるし、後者は過剰人気しそう。
この2頭に関してはもう少し考えようと思います。

今回は非社台の注目馬について書いておきます。

『トランセンド』
お馴染み前田氏の持ち馬です。
やっと重賞勝ってくれた!ずっとGⅠ級と言い続けている馬で、このメンバーに入っても全く見劣りはしません。
とにかく時計勝負に持ち込みたい馬、自分から速いペースを作り出し、後続に脚を溜めさせない作戦がトランセンドには合っている。そして藤田J自身もそれに気付いている。
雨が降るのはプラス、雨が降るかは分からないが重馬場なら間違いなく◎を打ちます。
では良馬場では?前走見せたように、あまり問題は無いと思いますが・・・パワーの要る阪神をこなせるかは半信半疑。それでも能力は高いので軽視できない馬です。

『ラヴェリータ』
こちらも前田氏の持ち馬。
岩田Jに鞍上強化で勝負気配、去年は13着と大敗したのは気になるが、今年のシリウスSで56.5キロを背負いながら2着に入ったのは評価できる。
加えて前田氏2頭出しはかなり匂う。アーネストリーで勝てなかったGⅠの雪辱を晴らしたいであろう。

『シルクメビウス』
去年の2着馬。今回もやる気が問題で、力さえ出せればしっかり差してくる馬。
ペースが速くなると怪しい。自分のペースをしっかり守れるかがポイントになりそう。

文面を見ての通り、注目馬は前田氏の2頭・・・特にトランセンドです。
天皇賞、そして新設みやこSに続き前田氏VS社台の構図で良い。
どちらが勝つのか非常に楽しみです。
[ 2010/11/30 16:38 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

日曜の予想

【JC】
◎ブエナビスタ
○ローズキングダム
▲ペルーサ

◎○が抜けている、おそらく勝つのはどちらかでしょう。
○ローズキングダムは日本ゆかりの血統、日本馬の意地を見して欲しい。
▲ペルーサは出遅れる可能性大。それを加味しても買う価値はあると思います。

馬券は◎-○のワイド大本線で。馬単○→◎も厚めに買いたい。


【東京9R】
◎レッドシューター
○ムラマサノヨートー

前走に引き続き◎レッドシューター、ここも勝ち負けできるはず。

[ 2010/11/28 01:57 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

土曜の予想~京阪杯~

【京阪杯】
◎ダッシャーゴーゴー
○スカイノダン
▲ジェイケイセラヴィ
△プレミアムボックス

逃げ馬2騎が速いので外枠差し馬から。
◎ダッシャーゴーゴーは不利のあったきた北九州記念は度外視、外差し馬場も向きそうでCBC賞の内容からここでもやれる。
○スカイノダンは京都得意、仕上がりも良い。馬場の真ん中辺りから無難な競馬で着狙いか?
▲ジェイケイセラヴィは早め栗東入りも大して時計を出していない。ローカルや中山の方が向くと思います。
最後に、狙うと言っていたプレミアムボックスだが、やっぱり斤量が気になる。それでも13番人気なら十分に狙える馬だし、展開・馬場を考えると突っ込んできてもおかしくない。

[ 2010/11/27 11:38 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

JC

【JC】
さてジャパンカップ。
何のために海外の馬を呼んだのか?宣伝の為でしょう。
ボーナス対象になっているのはジョシュアツリー1頭のみ。
どの外国馬も顔見せ程度だと思っています。
外国馬に関してはまた後日書こうと思いますが・・・おそらく全切り、打っても△までです。それほど勝負気配が見えないですね。


『ブエナビスタ』
大楽勝だった前走、今回も逆らう必要は無さそう。
今まで負けたレースは全てワケアリ、決して全力を出して負けたんじゃない。
どんな状況でも走ってくれる馬、現役最強は紛れもなくこの馬です。
あまり長く書く必要もなさそうなのでこの辺で・・・。


『エイシンフラッシュ』
エイシン・エーシン軍団には珍しい社台生産馬。
先週はエーシンフラッシュでマイルCSを勝ったのだが、この軍団が連勝してしまうのか?社台からすると連勝は好ましいことではないでしょう。
以前は立ち回りの巧さを武器にする馬だと思っていたが、皐月賞あたりから一変して強くなったと言う印象。今思えば京成杯は外枠不利が明確なコースで外枠で勝利できたのは立ち回り云々ではなく能力が高かったからこそ。
厳しいペースになると追走に困りそうだが、今回はその必要も無さそう。それでも古馬G1ならある程度で流れると思うので、厳しいペースをあまり経験していない同馬にとって今回こそが試金石。


『オウケンブルースリ』
少々無理してJCに使ってきているかもしれない。過去にも酷ローテで馬を走らせているオウケン冠の福井オーナーなら有り得る話。
ある程度速い流れになって欲しい馬だし、今回は条件微妙か?
それでも能力は高いのでカバーできる可能性はある。去年から言い続けているが、天皇賞春で大きく狙いたい馬なのでそれまで無事でいて欲しい。(去年は出走すら出来ませんでした・・・泣。)


『シンゲン』
これは記念出走でしょう。
前走でお伝えした通りピークは一発目のオールカマー。前走からどれだけ変わっているかは分からないが、東京実績だけで人気するようなら嫌いたいです。


『ジャガーメイル』
前走は社台の捨て駒、全く度外視して良いと思うが・・・少し反動が有りそうで怖い。
能力的には来てもおかしくない、前々走も適性外のレースなので度外視できるし、今回は堅実に走ってくれるでしょう。
ペースは遅い方が良いと思うし、勝ち負けとなると少し足りなさそう。状態が良ければ2,3着付けで。


『ナカヤマフェスタ』
重馬場巧者っぽいですね。海外遠征明けで嫌いたいです。


『ペルーサ』
ゲートを出なければ分からない。前走は出遅れていなくともブエナビスタには勝てていないでしょう。
海外志向の山本オーナーの馬、ここは何としても走ってもらいたいはずです。
買うかどうかは人気次第って感じですね・・・もう少し考えてみます。

[ 2010/11/25 00:52 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

日曜の予想

【マイルCS】
前日とは言えオッズバランスが悪い。
当日は売れ方を見る時間が有るか微妙ですが、可能であればを確認しようと思います!
何頭か仕込みっぽい馬もいますが・・・これだけバランスが悪いと何とも言えませんね笑。

◎をどちらに打つかかなり迷った。
1頭はダノンヨーヨー、もう1頭はワイルドラズベリー。
基本的に◎は頭まで期待できる馬に打つと決めている・・・ならばやはり◎はダノンヨーヨーしかいない。

◎ダノンヨーヨー
○ワイルドラズベリー
▲スマイルジャック
△サプレザ
△キンシャサノキセキ

◎ダノンヨーヨーは1番人気ながら、まだまだ遊ぶ面が有り完成途上の馬。本来なら嫌うべきだが、それでも勝つ可能性が高いのはダノンヨーヨーだと思う。スミヨンJならしっかり仕事をしてくれると信じて◎を打つ。
○ワイルドラズベリーは好走条件がかなり揃った。デキはローズSと比べると見劣るが、当時の走りが出来れば馬券に絡む可能性は大いにある。
▲スマイルジャックはあまり買う気がしなかったが、ここメイチの仕上げで評価を上げた。失礼だが、川田Jへの乗り替わりも好材料。「何頭か仕込みっぽい馬もいる」と言ったが、同馬はそのうちの1頭です。明日の売れ方に注目してみてください。
△2騎は外枠がマイナス、それでも能力上位なので△を打ったが勝つのは厳しい。2,3着付けで狙いたい。

ライブコンサートは荷が重いと思ったが、好仕上がりなので押さえてもいいかも。
ジョーカプチーノは気性的にマイルはギリギリ、それでも能力は高いのでどこまでやれるか?
池江郎氏の2騎は攻めすぎた感が有る。雰囲気が良ければ押さえたい。

明日、オッズを確認できたらまた書き込もうと思います!

【京都12R】
◎アイアムルビー
○クリスタルボーイ

前走圧勝の◎アイアムルビーから。一本被りでも逆らえない。
アイアム冠の堀オーナーは吉田氏と親族関係でもあり、今後注目の馬主です。
展開は厳しいかもしれないが、他の逃げたい馬より内を引けた○クリスタルボーイを相手筆頭に推す。

[ 2010/11/20 23:18 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

土曜の予想

今日はあまり時間が取れそうにないので軽めに。


【福島記念】
◎トウショウシロッコ
○ディアアレトゥーサ
▲ナムラクレセント
△メイショウクオリア


ディアアレトゥーサ人気してますね・・・。◎はこの馬と思っていたのですが、この人気なら内枠&荒れ馬場得意のトウショウシロッコから。どうしても勝ちきれないのが厄介なので連軸もしくは2着付けで。
△は思った以上に人気しているので押さえ程度の気持ち。

本線はワイド◎-○▲、馬単○▲→◎。


【東スポ杯2歳S】
◎マイネルラクリマ
○ダコール
▲フェイトフルウォー
△アッパーイースト
△リフトザウイングス
△ピップセレブアイ


フロック視されている◎マイネルラクリマから。前々走ダリア賞はそれなりに評価できるし、マイネル×松岡Jは見離せないライン。
現在9番人気と人気薄、狙ってみる価値はあると思います。

[ 2010/11/20 11:13 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

マイルCS2

【マイルCS】
『アブソリュート』
左回りマイルで狙いたい馬、東京新聞杯辺りですね。
去年のマイルCSを見ても能力上位は歴然、疲れの出やすい馬なので休み明けも問題ないが・・・今回は静観が妥当。


『キンシャサノキセキ』
阪神Cは展開が向いたと思われがちだが、あれこそ能力の証。展開云々だけでは勝てる状況じゃ無かったです。
和美氏所有の同馬が勝つのは社台にとってあまり良くない事だろうが・・・今年に限ってはあまり問題なさそうですね笑。


『ゴールスキー』
前々走は優秀。今後走って来る馬でしょう。
ですが、今回に向けて池江郎先生は無理に仕上げすぎた感が有る。トゥザグローリーにも言えることだが、これじゃ馬が可哀そう。ましてそんな強引な仕上げでG1勝てるほど競馬は甘くないと先生は熟知しているはずなのに・・・今後に響かないといいですが・・・。


『サプレザ』
時計勝負はもってこい、今後の為にも走って欲しい馬。
去年も決して力負けとは言いにくい内容、今年も勝ち負けしておかしくない。


『スマイルジャック』
この馬もアブソリュート同様、東京マイルなどで狙いたい馬、他では新潟ですね。
能力は高いですが、反面それをコントロールするのも難しい馬。
齊藤氏は社台にとって重要人物であることは何度も言っている。三浦Jも東京・新潟なら勝負になるJで、東京新聞杯・関屋記念で狙いたい。


『ダノンヨーヨー』
スミヨンJがサプレザを断ってこっちに乗るのはそれなりに理由があるはず。
前走は強い内容だったし、これは人気でも逆らいたくない馬です。


『テイエムオーロラ』
マンカフェ産駒らしく、揉まれずに競馬できると強い馬。
今回は展開利が見込めそうにないし厳しいでしょう。


『マイネルファルケ』
疲労がたまりやすい馬なので、その点には注意しておきたい。
去年2着だし面白い存在ではあるが、展開的にも今回は厳しいと思う。


『ワイルドラズベリー』
ローズS時に強いなと思った馬。当時の走りを見る限りは京都は向く。
距離短縮も良いし、前が速くなるのも好都合。
池添Jなら外を回す可能性が高いが、同馬は捲りも出来るはず。捲る前提なら中枠辺りが良さそう。

[ 2010/11/18 18:29 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

マイルCS

【マイルCS】
まずは取捨が重要になりそうな2頭を紹介しておきます。
主に社台絡みの話を書きます!


『サプレザ』
今回の目玉はこいつ。
照也氏がサプレザを買ったのは、今後の繁殖生活を踏まえての事だと言うのはまず間違いない。
ヨーロッパで結果を残しているがこれでは物足りない、日本で繁殖するのなら日本で結果を残したいはず。
SSに頼りっきりだった社台にとってサプレザは重要な存在、今後の為にも結果くを残しておきたいでしょう。
父はSahmで、Mr.prospector×Salsabil(Sadler's Wells)という良血馬かつ非SS系。社台トピックで少し触れたが、これからはSS離れが進んでいくと思う。サプレザもそのための駒だと考えて良いでしょう。少し先の話になりますが、初年度からキングカメハメハなんかと交配したら・・・これはSS離れに他なりません。


『ダノンヨーヨー』
ダノックスは社台にとって重要な存在。これも以前に触れたが、社台の敵ダーレーの代表馬ダノンシャンティはもちろんダノックスの馬、野田氏が社台を裏切ることはまず無いと思うが、万が一のことも考えて社台は野田氏の機嫌をとらないといけない。それだけでなはく、社台のお客さんとしても忘れてはいけない。ダノンヨーヨーの半弟も野田みづき氏名義でセールで買い取っている(馬名ミッキーセブン)。
ダノンヨーヨーについてですが、スミヨンJ騎乗という事でかなり勝負度合いは高い。おそらく1番人気になると思うが、それ相応の潜在能力は持っている。
ダノックス冠、ミッキー冠で知られる野田夫妻は京都ご当地、オーナーのお膝元でG1制覇なるか楽しみです。


少し話は反れるが、野田氏だけでなく近藤氏も重要な存在。今後は社台×野田氏・近藤氏は見離せないラインになるでしょう。

野田氏のダノンヨーヨー、近藤氏のワイルドラズベリーはノーザンF勝己氏にとっては是非とも活躍を望んでいる馬。そして照哉氏はサプレザの名を世に知らしめたい。
いつもは社台とまとめて言っているが、今回は勝己氏・照哉氏の兄弟対決も楽しみです。

[ 2010/11/17 23:55 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

日曜の予想


【エリザベス女王杯】
◎プロヴィナージュ予定だった僕にとってこの上ない番狂わせ・・・。
プロヴィナージュ回避によって何が変わったか?先行勢のマークが甘くなるのではないか?


◎セラフィックロンプ
○リトルアマポーラ
▲メイショウベルーガ
△アニメイトバイオ
△スノーフェアリー

もともと○予定だったセラフィックロンプ、元を辿れば◎プロヴィナージュなので相手も先行馬という理由だったのだが、そのプロヴィナージュはいなくなったことで楽なペースで先行出来そう。ただ単に○から◎にスライドさせたと言う訳では無い。
○リトルアマポーラは去年の覇者、引退は間近でこれが最後のG1になるだろう。去年は少々辛い展開でキレる脚の無い同馬にとっては厳しかった。一昨年の覇者がここでもう一度走ってもおかしくない。
▲ベルーガはあまり長く語る必要はないでしょう。
△スノーフェアリーは最大の目標はここでは無い、もちろん賞金は狙っているだろうがガチ仕上げではないでしょう。着狙い濃厚で2,3着付けが妙味。

印は回らなかったが、手広く買うならアパパネ・ヒカルアマランサスまで押さえたい。


【武蔵野S】

◎ユノゾフィー
○ダノンカモン

現在◎単は6倍前後、これなら自信を持って本命視出来る。
叩いた上積み含め、ここは崩れる要素があまりない。単複1点で良さそう。
相手に買うなら○ダノンカモン、左回り得意で今の三浦Jなら買える。


【京都12R】
◎ハイオン
○メイショウタメトモ
▲ニホンピロアワーズ
△サンライズモール

◎は堅軸、能力が抜けている。
雨が降らなければ○メイショウタメトモとの1点で取れそう。

[ 2010/11/14 10:07 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

プロヴィナージュ取り消し

京都大賞典後からずっとエリ女◎はプロヴィナージュと決めていたんですが・・・残念です。


今後に支障が無いことを祈ります。重賞取れる器なので、勝つまでは無事でいて欲しい。

[ 2010/11/13 11:03 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

土曜の予想

【京王杯2歳S】
◎オルフェーヴル
○ライステラス

不安はあるけど◎はオルフェーヴル。調教を見る限りはモタれる癖もだいぶ直って来た様子。
○ライステラスは◎打とうと思ったが・・・牝馬だからさすがに打てなかった。前走を見る限りはここでも好勝負出来るはず。

人気が割れるようなら○複を買っても面白そう。

【東京9R】
◎レッドシューター
○スノークラッシャー
▲エックスダンス
△エオリアンハープ
△ロードアリエス

能力断然の◎レッドシューターから。当舞台で強い勝ち方をした過去が有るし、乗り込みも十分で一発目から。
○スノークラッシャーは距離不足も得意の東京&デムーロで克服可能。
▲エックスダンスは叩き2戦目で適条件、△エオリアンハープは発馬不安も能力上位で△ロードアリエスは状態は良くなさそうだが展開利が見込める。

【東京10R】
◎ロードバリオス
○リビアーモ
▲アーバニティ
△ファリダット
△ショウナンアルバ

叩き2戦目◎ロードバリオスから。
○リビアーモは前走距離が長かったが4着、ハンデも恵まれた。
▲アーバニティは以前述べたとおり内枠巧者、この枠なら勝つのは厳しいので2,3着付けで。

【京都10R】
◎スマートシルエット
○ロイヤルネックレス

◎の成長ぶりに期待。
先週は内伸び馬場だった京都、それを踏まえると人気2騎には逆らえ無さそう。

【京都11R】
◎アドマイヤメジャー

前走毎日王冠は自信の「消し」だったが、中5週でしっかりと体をつくってきた今回は本命に推す。
人気を分け合うであろうブロードストリートとリルダヴァルは本調子では無さそう。

[ 2010/11/13 00:21 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

今週の展望

『今週の社台多頭出し』
「土曜」
東京9、10、11R→5頭出し
東京12R→6頭出し

「日曜」
東京8R→5頭出し
京都8R→5頭出し
京都11R→10頭出し

主な多頭出しです。
注目は「土曜東京」と「日曜京都」ですね!

『ルメールJ、デムーロJの身元引受け』
ルメールJ・・・橋口厩舎、照也氏
デムーロJ・・・大久保龍厩舎、千津氏

いつも通りラインに注目してみてください!

[ 2010/11/12 16:30 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

武蔵野S

【武蔵野S】
JCDに向けて大事な1戦。
ここ目標なのか把握するのはもちろんのこと、出走の意図を読み取ることも重要になりそうです。


『グロリアスノア』
除外対象ですが出れると思います。
前走プロキオンSは脚部不安があっての出走、あまり気にしなくて良い。
まだ脚に不安が残っているかもしれないので、そこには注意したい。
戸崎ー矢作のラインは気になるが、もともとは叩き良化型の矢作厩舎、今回は少し割り引いた方が良いかも。


『ケイアイガーベラ』
速いのはこの馬。前走・前々走ともに圧勝で今回も人気になるだろうが、マイルに距離延長がどう響くか?
ケイアイ冠は東京ご当地、JCDよりこっち目当ては確実だが・・・。
芝スタートは経験済み、スピードに乗るためにも外枠が欲しいが、テンは速いので内枠でもさほど問題ないかも。


『シルクフォーチュン』
後ろからはこの馬。距離延長はどうなんだろう・・・。
これは相当強いです。オープンでも戦える馬ですが、今回は条件微妙。
展開が向けば一発あるかもしれないが、狙い目は距離短縮の次走でしょう。


『ダイショウジェット』
去年の2着馬。
叩き良化型なので休み明けはマイナスだが、4走前オアシスSを見る限りは勝ち負けしてもおかしくないはず。
今回は見送るのが妥当だが、能力は高いので名前だけでも覚えておいてください!


『ダノンカモン』
先述オアシスSの3着馬。
左回り得意なので東京は良い。三浦Jも東京コースならなんとかこなしてくれるはず。
ダートではまだ底を見せていないので、相手に加える必要はあるでしょう。


『ナニハトモアレ』
連闘だけど出るのかな?矢作厩舎の連闘は「買い」です。
5走前に同コースで直線ぶっこ抜きの競馬、レベルの高かったアンタレスSで2着なら狙ってみる価値はある。


『バトードール』
今回は休み明け、江田照J騎乗という所からも勝負気配はあまり感じない。
ユニコーンSで2着だったが、勝ち馬バーディバーディには力負けの感が否めなかった。あまり強く推せる材料は無さそう。


『バーディバーディ』
里見美恵子オーナーはサトノ冠で知られる里見治オーナーの夫人。
東京ご当地で今回は注目したいところだが、前走が負けすぎ。
もうすぐ引退の池江郎先生、最後に結果を残したいと思っているだろう。
でも古馬の壁は厚い、良くて善戦止まりでしょう。


『ユノゾフィー』
今週復活の横山J騎乗。
東京ダートでは馬券を外していないし、前走はトップハンデでも強い内容で勝った。
叩いた今回は上積みも見込めるし、死角はあまり見当たらない。
横山Jがしっかりと追えるかがポイント、そこさえ問題なければ勝ち負けでしょう。

[ 2010/11/10 22:11 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

エリザベス女王杯注目馬

【プロヴィナージュ】
中間は強い攻めを消化していない。
1週前追いでは良い動きをしていたので、それで雰囲気がガラッと変わるはず。
何と言っても展開がポイント、佐藤哲Jは流れに乗るのがあまり上手じゃないが・・・。距離が延びるのは良い。出来るだけ消耗戦に持ち込めれば勝ち負け可能。瞬発力勝負では分が悪い。
幾度となく牝馬の栗東滞在を成功させてきた小島茂厩舎、プロヴィナージュに懸ける思いも大きいだろう。


【メイショウベルーガ】
あまり多く語る必要はないでしょう。
人気で信頼できる馬はこれ、普通に回ってきたら勝っちゃうと思います笑。
末脚勝負ではまず負けない、だからこそ他陣営は試行錯誤してくるはずで、もしかすると厳しい展開を強いられるかもしれないが・・・それでも飛んできそうです。


【リトルアマポーラ】
前走は休み明け、叩き良化型で今度こそ。
詳しくは前コメを見て欲しいが、買い要素はたっぷり。人気は無いかもしれないがこれは買うつもりです。


【アニメイトバイオ】
秋華賞は仕上がりが良くなかった。それでいて2着は能力の証です。
今回も仕上がりに注目、おそらく今回も内を突くと思うのでロスの少ない内枠が欲しい。


【アパパネ】
どれだけ人気するか?あまり買う気にはなりませんが・・・。
前走がピーク、距離延長も歓迎ではない。秋華賞は強い内容だったが、それ以外は飛びぬけて強い勝ち方とは言い辛いものばかり。アニメイトバイオの方が強いと思います笑。

外国馬については後日書こうと思います!

[ 2010/11/08 21:47 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

日曜日の予想

【アルゼンチン共和国杯】
◎スリーオリオン
○トリビュートソング
▲スマートステージ
△シグナリオ
△トーセンジョーダン

◎スリーオリオンはラチを頼って走れる最内枠は好条件、長丁場では底を見せていなく、55キロは恵まれた。
○トリビュートソングは血統的にも狙えるし、距離が伸びるほど良い。叩いた分の上積みもかなりありそう。

【京都10R】
◎エーシンダックマン
○シンボリグラン

◎エーシンダックマンは今度こそ内枠か?と思ったら今度は中枠。少なくとも外枠よりかは良い。
○シンボリグランは3,4走前にHペースで好走している。◎の作る速いペースはもってこいで、56キロの今回は最後のチャンスかも。

【東京10R】
◎アドバンスウェイ
○ランフォルセ
▲ロラパルーザ

楽逃げ出来そうな◎、緩い攻めの前走から一気の攻め強化なら馬券圏内は堅い。
▲ロラパルーザは堅実だが軽い攻め内容、勝つのは厳しいかも・・・。

[ 2010/11/07 11:24 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

土曜日の予想

【東京11R】
◎ラドラーダ
○デリキットピース
▲カウアイレーン
△ソーマジック

社台4頭です。
◎ラドラーダ。去年のユートピアS勝ち馬で、藤沢和ー宏のラインは安定して買える。VMは折り合いを欠いたが入念に調教で練習しているので克服してくれるでしょう。
○デリキットピースも折り合い次第。ここ勝負といった感じの調教を課してきた。ハイレベルだった京王杯SCで7着と力上位であることは確か。
▲カウアイレーンは攻めに関しては微妙なんだが、あまり攻めでは動かない馬。もともと◎を予定していたんだが・・・人気と攻め内容からこの評価。
△ソーマジック、前々走は好内容で相手が強かっただけ。前走は折り合いを欠いたが、テン乗り三浦Jが上手く扱えるかは・・・。

【ファンタジーS】
◎ホエールキャプチャ
○ツルマルワンピース
▲マイネイサベル

攻め強化で万全態勢の◎から。
他に買いたい馬はあまり見当たらないが、○ツルマルワンピースの前走を評価して印を回した。
マルモセーラを買いたかったのですが田中健Jが不安だし、動きの良かったハピシンは距離が不安ですね・・・

[ 2010/11/06 11:22 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

アルゼンチン共和国杯・みやこS

【アルゼンチン共和国杯】
東京芝2500mはかなりタフなコース、ステイヤーに向いた条件と言えるでしょう。
2400mからたった100m延長しただけだが、2400mで距離ギリギリの馬は、能力が高くない限り厳しい。
穴を開けるならステイヤー、これは覚えておいた方が良いだろう。

『シングライクバード』
末脚勝負の馬だが、父シンボリクリスエスなら本来はキレ勝負よりスタミナ勝負向き。
前走からの距離延長は望むところだが、実質は平坦向きかも。

『ジャミール』
まぁ今回も人気するでしょう。
ステイヤー気質なのでこの条件はもってこい。だが、すぐに遊んでしまう馬なので信用は出来ない。
能力上位は確かだが、馬券に絡んでも2,3着止まりという姿が目に浮かぶ。
内枠で揉まれた方が闘争心は高くなるはず、外枠凡走がそれを物語っています。外枠なら軽視で。

『スノークラッシャー』
一応は除外対象だが出れると思います。
まだ準オープンの馬だったんですね・・・ハンデが軽いのはこれが理由でしょう。
東京では馬券を外していないし、ダイヤモンドS3着の実績もある。
近走は大外を回っての競馬ばかりだったので、悲観する内容ではない。
すこし不器用な面がありそうで、それが差し損ねに繋がっている気はするが・・・。

『スリーオリオン』
前走は直線で集中力を欠いた。
距離が延びるのも良いし、軽い芝向きで東京も良い。
ただ、今回も集中できない可能性はある。過度の期待は出来ないが・・・。

『トーセンジョーダン』
やっと重賞戦線復帰しましたね。
1番人気になると思うが、長い距離は未経験なら少し疑いたい。
早めに動いてそのスピードを持続させる馬、今回の条件で好走するには少し厳しい脚質な気がします。

『トリビュートソング』
人気・仕上がり次第で◎まで考えている馬です。
前走は休み明けと距離不足でも好内容。
叩き2戦目、距離延長なら見直せるし、3走前にナカヤマフェスタと0.4差なら能力は高いはず。
父グラスワンダー母母ダイナアクトレスは08勝ち馬スクリーンヒーローと同じ血筋、血統的にも狙えます。

『マイネルスターリー』
去年のアイルランドTは好内容だが、それ以上に距離が延びてどうなのか?
函館記念の内容からもベストは2000m前後、能力でどこまでカバーできるか。


【みやこS】
新設重賞に社台が飛びついた。
と言うよりも、JCDに向けての社台多頭出しと考えるのが妥当か。

社台VS非社台のレースになると思うが、まずは頭数の少ない非社台について書いておく。

『ダイシンオレンジ』
成績を見ての通り京都ダ千八巧者(4.2.2.0)は伊達じゃない。
今回は約半年の休み明けなので仕上がりには注目したいが、ダイシン冠の大八木オーナーは京都ご当地、狙い澄ました出走と見た方が良いかもしれない。

『トランセンド』
アーネストリーに引き続き前田幸治氏の持ち馬。
このトランセンド、去年の夏からずっと注目しているのだが、スピードは一級品です。レコード2つ所持しているのは能力が有るからこそで、去年秋から「シチーを倒すならこの馬」と言い続けている。
未だにオープン2勝とやや物足りないし、今のままではJCDに出れるかも微妙。
JCDに向けて&オーナーお膝元という事で、勝負度合いはかなり高いと見ています。

非社台で勝負度合い等も踏まえて狙いたいのは上記2頭。
社台ではアドマイヤシャトル・キングスエンブレム・フサイチピージェイなどを筆頭に多数出走予定。

好メンバーなのは確かですが・・・アル共のほうが面白そうです笑。

[ 2010/11/02 19:38 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

先走ってエリザベス女王杯考察

少し先の話になるが、今日はエリザベス女王杯について書こうと思う。

【エリザベス女王杯】
登録馬を見ると分かると思うが・・・社台だらけです笑。
それだけ海外の馬には勝たれたくないという事でしょう。はたまた海外に向けてもアピールの場と考えているのか・・・いずれにせよ社台の本気度合いはかなり高い。

『アパパネ』
クラシック3冠に向けて前走がメイチ、おつりが残っているかは疑問。
そもそも、アパパネは「強い」という印象が強いが、それは同世代の中では強いと言う話。古馬相手に勝負できるかと言われれば不安が残る。
掛かってしまう馬なので距離延長は良くない。1番人気の可能性もあるが、まずは疑いたい。
前走のデキをどれだけ保てているか確かめる必要がある。

『アニメイトバイオ』
前走のデキは悪かった。おそらく誰もがそう感じたであろう。
振り返ってみれば京王杯2歳Sは絶望的な位置から牡馬相手に突っ込んできた能力の持ち主、能力的にはアパパネにも劣らないと思う。
一応は注意しておきたい馬だが・・・前走後は未だ時計を出していない。お世辞にも仕上がりが良いとは言えなかった秋華賞での激走の反動が出たか?アパパネ同様に仕上がりをチェックしたい。

『コロンバスサークル』
武豊ー小島太のライン。
昔は末脚自慢の馬だったのが、最近は振るわない。
馬も鞍上もアテにし辛い面がありますね・・・。

『サンテミリオン』
秋華賞は「ヤラズ」。むしろ出走する意味あったのか・・・。
デムーロ手配だが、今回も記念出走のような気がします笑。

『ヒカルアマランサス』
府中牝馬S始動の予定が、疲れが取れずにぶっつけ本番。
叩き良化タイプだけに割引きが必要ですね。距離もこなせるか不安。

『ブライティアパルス』
前々走3人気◎→1着と期待に応えてくれた。前走も期待通り大凡走。
この馬も制御が利かないタイプ、距離延長はプラスではない。

『ブロードストリート』
残念ですが出走出来なさそう・・・。

『プロヴィナージュ』
◎候補1番手です。
今が充実期のプロヴィナージュ、去年暮れの六甲S辺りから急成長。
それには栗東留学が大きく影響している。現在も栗東滞在中と厩舎一丸となってここを狙いに来ている。
何と言っても展開利が見込めそう。前走でTMプリキュアの大逃げに対するデモンストレーションも出来たし、今回はさらにTMオーロラやブライティアパルスなど行きたがる馬が揃った。絶好位で競馬出来そうで面白い。
先行してしぶとい馬、末脚が有る訳ではないので後ろから差される可能性は大いにあるが・・・。

『ムードインディゴ』
アテに出来ない馬。よっぽどじゃない限り手を出すべき馬ではないでしょう。

『メイショウベルーガ』
もともとはベルーガがエリ女◎の大本命だった。今は2番手と言ったところ。
実力だけでいえばナンバー1、得意条件で嫌う意味も特にないのだが・・・。
そんなのはみんな分かっている。今回はマークされる身、言わば去年のブエナビスタみたいな存在です。
そしてもう一つ、ベルーガは非社台です。社台が黙って見ているはずが有りません。
まぁそれでも「消し」には出来ない馬でしょう。

『リトルアマポーラ』
引退レースになる気がします。
前走で復調の兆しは見えた。牝馬同士では能力上位明確で、エリ女は3歳時に勝っている。
父アグネスタキオンの同馬、社台は繁殖牝馬として迎え入れる事になると思うが、最後に一仕事やってのけてもおかしくない。
ですが、少々厳しいかもしれませんね。
繁殖にあげる上で、同一G1を2勝なんてのはあまり意味をなさない。そう考えると・・・記念出走かもしれません笑。

『レジネッタ』
幸Jとは・・・何とも息が合わなさそう笑。
先日放牧から帰厩したばかりで、目標はエリ女では無い気がしますね。

各馬の能力精査、前哨戦分析などはエリ女開催週になってから書き込もうと思います!
[ 2010/11/01 20:22 ] ブログ | TB(0) | CM(0)