戦略競馬~仕込み馬研究室~

『社台多頭出し』『金脈馬券術』『仕込み予想』を中心としたトータル予想。競馬勝ち組の予想をご覧あれ。

先週の回顧・次走注目馬&社台多頭出し結果

【ラピスラズリS】
レベルの高かったレースです。凡走した馬でも巻き返しは可能でしょう。
『ジョーカプチーノ』
まだ仕上がり途上でこの走りっぷり。来年はスプリント界の頂点に立ってもおかしくない。今後も引き続き注目。

『ベストロケーション』
相手が強すぎただけ。見ての通り内枠決着も外から飛んできたのは同馬と後述グランプリエンゼルだけ。速い流れの中、外枠から中段追走→外差しは評価できる。

『グランプリエンゼル(マイペースなら)』
一番良い脚を使ったのがこの馬。速い流れに乗ると最後にバテてしまうが、今回の様に自分のペースで走れれば良い走りを見せる。注文付きの次走注目馬だが、注文通り走れれば巻き返してくれるでしょう。

【中日新聞杯】
レースレベルは至って平凡。3歳馬独占で同世代が強いと言われているが、このレースに限ってはレベルそのものが低いので参考にはならないかも。
『トゥザグローリー』
能力が違いすぎたという感じ。ラジオNIKKEI賞の時の様にSペースで待ちきれなくなり3コーナーで行ってしまったが、そのままゴールイン。
以前にも話したが、同馬は厳しいペースが向くタイプなので、重賞の速い流れはむしろ合う。これからが楽しみな馬です。

【カペラS】
ダートらしく速いペース中段追走馬での決着。やはり重賞ともなるとダートでの後方一気は厳しい。
『マルカベンチャー(折り合えば)』
シルクフォーチュンよりもこちらを評価したい。道中は掛かり気味、直線ではギリギリまで追い出しを待って最後に追いこんできた。
重賞の速い流れに戸惑った感はあり、どうやら輸送はあまり良くないみたい。
今後も折り合いが課題になりそうだが、それさえ克服すれば今後も良い末脚を見せてくれそう。

【阪神JF】
レースのレベルは期待したほど高くなかったが、今後の参考になるレースだった。
『レーヴディソール』
まだ本気を出していない。順調ならばアパパネに続いて3冠も目指せる器だと思っています。テンが遅いので、その点は今後の課題になりそうだが、経験を積む内に慣れてくるでしょう。

『アヴェンチュラ』
出遅れて後方から。最後は外からしっかり差して来て4着を確保した。
デキに関してはお世辞にも良いとは言えなかったので、次走巻き返しは確実でしょう。



【社台多頭出し結果】

土曜の社台多頭出しの中山10Rは社台ワンツーで高配当。
勝ち馬は社台RHの持ち馬で2着は社台生産馬。
この組み合わせで「単18780円、馬連84300円、馬単230210円」とは・・・社台ボックスで買っておけば良かったですね笑。
日曜中山9Rは社台が1,2,3,5着と掲示板ほぼ独占、10Rは2,4,5着、日曜阪神9Rは2,3,5着、11Rの勝ち馬は社台(サンデーR)。
多頭出しで結果の出なかったレースもありますが、★を付けた注目レースでは結果を残してくれたと思ってます。

今後も社台についてはブログで大々的に取り上げるつもりです。ぜひ参考にしてみてください!

[ 2010/12/14 01:15 ] ブログ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL