戦略競馬~仕込み馬研究室~

『社台多頭出し』『金脈馬券術』『仕込み予想』を中心としたトータル予想。競馬勝ち組の予想をご覧あれ。

先週の回顧・次走注目馬と札幌記念注目馬

まずは先週出走馬から次走に向けてのポイントを載せておきます。


【札幌日刊スポーツ杯】
『セブンシークィーン』

一瞬は勝つかな?と思いましたが、最後は止まってしまいましたね。内枠替わりで狙いたい。
『トウカイミステリー』
絶好の展開で勝利。やはりHペースが得意な馬で、上がりのかかる洋芝も得意。逆に上がりの速くなりそうなケースでは疑いたい。

オッズ絡みの話ですが、確か3着デリキットピースに単複大口が入ってました。同馬は社台RHの馬で、札幌開催の社台関係の大口投票は無視できませんね・・・。

【天の川S】
『シゲルタック』

ここは勝負に来ていたかは微妙。最後はかなり鞭が入っていたが、それは次走に向けて刺激を与えるためのものと捉えたい。逃げてこその馬で、近々小倉出走ならば、同型次第では狙える1頭。

【クイーンS】
ややスローな展開から持続力比べのレースとなった。次走狙い目は後方から差してきた馬です。

レースのレベルとしてはそこまで高くないと感じた1戦、もっと速いペースを想定していましたが、かなり落ち着いて流れましたね・・・。
その絶妙なペースを作り出したのはマルティンスターク、キャロットFの馬ですが、これは社台グループの馬です。同馬が逃げ、絶好の位置でアプリコットフィズとプロヴィナージュがレースを運んだが、前者は外枠だった分、番手に行くまでに多少なりとも脚を使ったはずで、着差以上にプロヴィナージュはアプリコットフィズに負けていると考えて良いでしょう。
どの馬も本調子とは言えない状態だったと思うので、ここでの結果はあまり気にしなくてもいいと思います。ヒカルアマランサスなんかはモロに適性の差が出た結果でしょう。

終わってみれば社台RHの馬が1,3,4着。2着のプロヴィナージュは社台F生産馬なので、社台が上位を独占したレースとなった。さらに前述のように、レース展開を支配したのも社台・・・もしかすると色々と考えすぎかもしれませんね笑。
吉田氏の率いる社台グループは、競馬界では絶大な権力を持っていることを示したかのようにも思える1戦でした。

なお、クイーンSについてはまた後日に「異常オッズ」の観点から回顧をするのでお待ちください。


『アプリコットフィズ』
同馬が前目で競馬したことは想定外、鞍上の好騎乗と言えるでしょう。滞在競馬が合うっぽくて、逆に直前輸送だと前例があるように良くない。秋華賞は栗東滞在が勝ち負けの条件になってくるかも。
『プロヴィナージュ』
仕上げ途上でも格好は付けたとも見れるが、本来ならば勝たなければならないレース展開だったはず。少し無様でしたが、本質的には距離はもう少し合った方が言い。ダートもこなす馬なので、パワーの要る馬場は歓迎のクチでしょう。
少し余談ですが、エリザベス女王杯・・・うーん、どうなんでしょう?偶然か必然か、去年のエリ女覇者は同じく小島茂先生の馬だったし、タイプも似ている。こういう所に競馬の楽しみを感じますね!気が早いですが、今年のエリ女は出走するならメイショウベルーガを本命にする予定です。
『カウアイレーン』
メンバー中ではかなり強い競馬をした部類に入る。まだまだこれからの馬ですね。現時点では重い芝も軽い芝もこなす万能タイプと見ています。
『レジネッタ』
使える脚は一瞬だけ。重い芝は得意で、今回は外枠が響いた。次走どこかは分からないですが、去年と同じく府中牝馬Sを使うならば勝ちきれない可能性は高い、イン差しで2,3着までなら・・・といった所でしょう。

【北九州記念】
2ハロン目の「10.0秒」はいくらなんでも速すぎますね。差し馬の台頭となったレースで狙いたいのは前で粘った馬です。
『メリッサ』
同馬にしては攻め微妙と書きましたが、あっさり勝ちましたね。馬群の間を縫って差してきた。やはり坂路であれだけ好時計を出せる馬、能力は高いです。
『スカイノダン』
次走注目と書いた同馬ですが、大外を嫌って消しの判断。ですが、外を回って競馬をさせられた今回もまた強い内容。次走同条件なら黙って買いです。
『ストリートスタイル』
展開が嵌った感もあるが、それだけではあの脚は出せないでしょう。やっと復調気配が見えた。Hペース巧者なのかもしれませんね。


「札幌記念注目馬」

好メンバーの揃った札幌記念ですが、現時点での注目馬は2頭、いずれもとも前走◎を打った馬です!



注目馬1頭目→☆★必勝競馬★☆~本命党の渾身予想~

1頭目はこの馬、3歳馬ながら大きな素質を秘めています。

使える脚は短いですが、そのキレ味は同世代の中でもトップレベル。前走はまさに「使える脚が短い」からこその敗戦と見ても良いし、ペースも全く合わなかったから度外視して良い。

休み明けで相手も強敵ですが、その分妙味ありかも。



注目馬2頭目→☆★必勝競馬★☆~本命党の渾身予想~

前走は期待に応えて勝利。洋芝適性はかなり高く、以前から能力は評価されてきた同馬がここにきて本格化したと言って良いでしょう。去年の札幌記念前日に行われたレースで、札幌記念より速いタイムでゴールしているし、ここは人気でも逆らってはいけないでしょう。鞍上が鞍上なのであまり信頼は置けないが・・・。


[ 2010/08/16 12:36 ] ブログ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL