戦略競馬~仕込み馬研究室~

『社台多頭出し』『金脈馬券術』『仕込み予想』を中心としたトータル予想。競馬勝ち組の予想をご覧あれ。

高松宮記念有力馬短評

【高松宮記念】
『有力馬評価』
「レッドスパーダ」
単に力不足、ここでは必要ない。
ポイントは東京HR=社台系列、下河辺牧場=非社台ということ。
前目で競馬するのはいつものことだが、いつもより早めに仕掛ける算段。
社台の味方?それとも下河辺牧場生産ダッシャーゴーゴーの味方?
表向きは社台の為にHペース演出、しかしながら本来の目的は後者の為だと思われる。


「キンシャサノキセキ」
社台の総大将はキンシャサノキセキ。
現状で最も強いスプリンターはこの馬で間違いないだろう。
軽い攻めはやや不安も、スプリンターズSもこんな感じだった。
出遅れさえなければまず勝ち負け。


「ジョーカプチーノ」
近2走で幅のある競馬、それが影響して1番人気。
攻め量も少なくプール併用。体調に関してはお世辞にも良いとは言えない。
しかし近走もプール併用、そこをどう捉えるかだが・・・。
鞍上も不安で、ここは人気ほど信頼できない。


「スプリングソング」
バクシンオーの距離短縮。前走はHペースを粘る好内容。
照哉氏名義オーナーズ馬で、阪神より京都向き。
入着程度の可能性大で、買うなら3着固定か?


「サンカルロ」
G1シンクリ産駒、一押し足りない。
距離も千四の方が向くはずで、前走メイチなら好走も納得。
その前走のデキは維持できているので、キレ勝負にならないHペースになれば浮上。
勝つイメージは無いので2,3着固定。


「ダッシャーゴーゴー」
攻め軽めなのは、指揮官不在でハードに追える環境が整っていなかったから。
負荷をかけれない分、前日にも15-15で補ってきた。
オーシャンSでもやや行きたがっていたように、折り合えるかがポイント。
内枠なら堂々◎を打ちたかったが、折り合い面そしてスムーズに競馬できるかという点で疑問が残る。
総合的に考えると、ここで上位評価は出来るが・・・。


勝つのは社台キンシャサノキセキか非社台ダッシャーゴーゴー。
社台2番手サンカルロは連下、照哉氏名義スプリングソングは掲示板候補。
未知数ジョーカプチーノは複大口購入をどう見るか?


明日の朝オッズを踏まえた上で最終結論を公開します。

[ 2011/03/27 01:44 ] ブログ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL