戦略競馬~仕込み馬研究室~

『社台多頭出し』『金脈馬券術』『仕込み予想』を中心としたトータル予想。競馬勝ち組の予想をご覧あれ。

桜花賞展望

桜花賞◎候補筆頭→戦略競馬~仕込み馬研究室~

これは◎ほぼ確実、死角は見当たらず、状態次第では分厚く買いたいほど。


桜花賞危険な人気馬2頭→戦略競馬~仕込み馬研究室~

1頭は以前からお伝えしている馬、もう1頭は1週前の予想で印を打った馬。

後者ついてだが、前走が限界で、底力がなくG1では厳しい。


【桜花賞2】
『前哨戦』
有力な前哨戦は次の通り。
「フェアリーS>チューリップ賞>阪神JF>」
以下、レベルの低いクイーンC、ローテの厳しいFR、クイーンC。


→フェアリーSとFR2着のスピードリッパーは状態次第で≪買い≫


展開のカギを握るのは、社台F生産フォーエバーマーク。
果たしてどの馬を援護するのか?
同生産社台RHのダンスファンタジア若しくはマルセリーナであろう。
どちらも掛かり癖のある馬、ほぼほぼHペース確実。
そうなれば、活きてくるのはフェアリーS・FR・クイーンCの経験。
展開面から考えてもフェアリーSが有利と考えられる。
展開について詳しく考察するには、枠順を見る必要があるので、この議論はここまで。


残りはFR組とフラワーC組の状態をしっかり掌握できれば、さほど難しくないレースのはず。

社台+社台+非社台で決まると考えています。

[ 2011/04/06 20:50 ] ブログ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL