戦略競馬~仕込み馬研究室~

『社台多頭出し』『金脈馬券術』『仕込み予想』を中心としたトータル予想。競馬勝ち組の予想をご覧あれ。

レース回顧

天皇賞注目馬2→戦略競馬~仕込み馬研究室~


前走後速い時計はあまり出していないものの、ほぼ毎日坂路で乗られている。

早くからここを目標に標準を定めていた陣営、4歳社台の目玉はこれだ。

危険な人気馬1→戦略競馬~仕込み馬研究室~


血統的に長いところは走れるという点、前走重賞勝利した点で穴人気しそう。

しかし前走は条件ピッタリ、今回のコース替わりはプラスとは言えない。


【福島牝馬S】
瞬発力勝負の競馬。
末脚自慢の馬が上位入選した。

『コスモネモシン』
今まで速い上がりが出せず、持続力勝負向きと思っていたが、今回はキレた。
これは成長の証で、今後も牝馬限定戦なら好勝負可能。

『レインボーダリア』
直線で大きく不利受けるも崩れず。最後は伸び返していた。
休み明けを叩いた次走は上積みも見込め、重い芝&千八ならまず馬券に絡んでくれるだろう。

【フローラS】
重馬場とは言えどもこの時計では・・・。
フラワーCのようなレースで、本番に繋がるレールとは言い難い。

【皐月賞】
瞬発力勝負。
これまたダービーに繋がるかと言われれば微妙。
去年は超どスローのダービーだが、本来なら極限の力が求められるレース。
緩いペースで流れた当レースと、過去に厳しいペースで好走した馬がダービー好走しそう。

『オルフェーヴル』
一言驚いたが、あの展開でまともに走れればこの結果は当然か。
しかも体調は良くなかったはず、それでいてあのパフォーマンスなのだから、世代ナンバー1は間違いなくオルフェーヴル。
ただ、出遅れ癖やモタれる癖が克服されるまでは何とも言えない。
右回り左回り云々ではなく、手前を替える際にフラつくことがある点を忘れずに。

『デボネア』
勝ち馬を除けば、掲示板は内~中枠。外枠好走は価値あり。
上がりに限界があるタイプだが、34秒台ならコンスタントに出せることを証明。
元はと言えば持続力勝負向き、上がりのかかるレース向き。
京成杯で外枠×ハイペースで外差してきた馬、当時よりも相当速い上がりを出せるようになった点は強み。
ダービーの惑星はデボネアだと思います。

[ 2011/04/27 00:19 ] ブログ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL