戦略競馬~仕込み馬研究室~

『社台多頭出し』『金脈馬券術』『仕込み予想』を中心としたトータル予想。競馬勝ち組の予想をご覧あれ。

レース回顧

キングトップガンの仕込みを見抜いた裏側は明日にでも公開します。


今週は道悪競馬ということで、回顧はダービーのみで。

【ダービー】
上位2頭は強いの一言。
今更オルフェーヴルについて詳しく書く必要もないだろうしウインバリアシオンについて書いておく。

『ウインバリアシオン』
きさらぎ賞回顧においても次走注目馬とはしなかったが「特にウインバリアシオンは出遅れたし、ゴール直前では流していた。次走巻き返してくるだろう」と書いたように、一目置く存在であった。
その次走弥生賞は見事に惨敗したが、調教も軽めレースでもほぼ追わずの言わば≪ヤラズ≫で、その次走青葉賞で攻め強化でスローペースを後方から差した。
思えばデビュー2戦目野路菊Sが優秀で、それを思い返せば今回の激走も納得。
ではなぜ今回拾えなかったのか?それは弥生賞時と同じく調教が軽めだったからだ。大一番ダービーで攻めを緩めるなんてまず有り得ない、調子落ちの証拠。
巷で「脚部不安」が騒がれていたが、私が得た情報はそれではなく、「寝違えて調整が狂った」というもの。
これでほぼ確信、ウインバリアシオンはいらないと思った。
しかしこの結果。自身として悔やむ結果ではない。どう転んでも状態が良くなかったバリアシオンは拾えなかったから。
肝心のレース回顧としては直線で一番外に持ち出しての競馬、それも直線半ば過ぎでモタれるのを修正するのにやや手間取った場面があり、追い通しなら逆転可までは言わないも着差は確実に狭めれた。
以前にも書いたように外回り巧者、後方から競馬するのはラジニケ杯で折り合いを欠いたから。
青葉賞時はどスローでもしっかり折り合えていた。もう問題点はあまり見当たらない。
状態不安だった今回の激走が負荷にならなければ、今後も世代の代表格として活躍できるはず。


安田記念注目馬2戦略競馬~仕込み馬研究室~


1週前の調教にはやや不安が残るものの、例にない乗り込み量でメイチ宣言。

この父産駒だけに「攻め過ぎ」が気分を害しマイナス要素にならなければいいが・・・。

能力的には最右翼であるのは間違いない。

安田記念危険な人気馬1戦略競馬~仕込み馬研究室~


坂路でハードに追うのが有名な○○厩舎、これだけ攻めを緩めたという事は調子が悪いという事。

厩舎多頭出しになるが、目玉はこの馬ではない。

[ 2011/05/31 20:20 ] ブログ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL