戦略競馬~仕込み馬研究室~

『社台多頭出し』『金脈馬券術』『仕込み予想』を中心としたトータル予想。競馬勝ち組の予想をご覧あれ。

札幌2歳S注目馬&競馬雑記~今後の競馬界について~

少し話が長くなるので、興味のある方は気合いを入れて読んでください笑。


最後に要点だけまとめて書くので、そこだけでも読んで頂けると話の内容が分かると思います!

札幌2歳S注目馬についても最後に書いてあるのでお見逃しなく!


【競馬界の現状】
『社台グループの権力』
言わずもがな、競馬界で権力を牛耳っているのは社台です。
「社台には逆らうな!」と思っている関係者も多いようで、社台に歯向かう関係者も数少ないのは事実。
絶対的な地位があると言っても良い吉田照哉・勝己氏は、社台グループの更なる向上を目指して色々な手段を使っている。
例えば今年のセレクトセール・・・今年は2日間開催と開催日を減らし、更には上場馬の質をも下げた。アドマイヤの近藤氏などが公言しているように、確実に今年のセールは寂しいものであった。対して照哉氏は「新たなバイヤーが増えて良かった」と言っている。しかし、本当にバイヤーが増えたのか?結局、注目されていた馬は、毎年お馴染みの名の利くオーナーたちが買い占めた形・・・結局、上場馬の質が下がり、その中でも質の高い馬は例年通りの人物が買い占めることとなった。
なぜ社台が有力馬を上場しなかったのか?そこには様々な理由が有ると思うが、これにより「社台による有力馬独占」となったのは間違いない。

『社台に対抗するグループ』
社台に対抗できるグループは数えられるほどしかないと思います。
社台を敵視している代表グループ二つを紹介しておきます。
「マイネル軍団(マイネル・コスモ)」
昔から社台とは犬猿の仲と聞いています。マイネル軍団は今でも社台を恨んでいるでしょうし、いつかは見返していやりたいと目論んでいるでしょう。
これが理由で「マイネル軍団は2,3歳が強い、早熟性がある」のかもしれない。若駒の時ぐらいは見栄を張りたいからか、毎年この傾向は続いている。それを嫌ってか、社台も近年は若駒にも力を入れるようになってきて、マイネル軍団の肩身は狭くなる一方・・・マイネル軍団にとって、今こそ改革の時ではないのか??今後の動きが注目される。
「ダーレー・ジャパン」
全ては繁殖馬としてディープスカイともぎ取ったダーレー、社台の手を借りなくと海外の優秀な牝系と種付けできるのは大きい。
現在は戦線離脱したが、ダノンシャンティもダーレーにとって貴重な存在であれば、社台にとって目障りな存在。ダーレーは、同馬復帰後の対する社台包囲網を上手く掻い潜れるのか?非常に興味が有ります。
セレクトセールで社台があまり上場しなかったのも、ダーレーが社台を受け入れなかったことが大きい理由だという話が有り、露骨に社台とダーレーが互いに敵対心を持っていることを表明したと言えるだろう。

現在、社台に対抗できるのはマイネル軍団とダーレーのみと言っても過言ではない。特に後者はこれから伸びていく存在で、個人的にはダーレーが競馬界をどう変えていくのか期待しています。


では社台はどうするのか?
前述、今年のセールで有力馬で出し渋りしたことも対策のひとつ。
最大のポイントと成りそうなのは新種牡馬「チチカステナンゴ」の存在だ。

『新種牡馬チチカステナンゴの立場』
社台がチチカステナンゴを購入した理由・・・ヘイルトゥリーズンの血が入っていないことで、サンデーサイレンスの血を持つ牝馬と配合しやすいというのも理由であろう。
名牝ダイワスカーレットは父アグネスタキオン・母系も超優秀な血統で、今後の社台のカギを握る繁殖牝馬と言っても良い。そのスカーレットに新種牡馬を交配させるなんてことは、普通ではあまり考えられない話。いくら非サンデー系の馬を付けないといけないからと言って、いきなりからチチカステナンゴと交配させるのは少しギャンブルめいた点もある。
海外で地味な交配ながらも種牡馬として優秀な馬を輩出しているチチカステナンゴ、ここに目を付けた社台はさすがと言ったところで、種牡馬として成功させるために力を入れてくることはほぼ間違いない。

『サンデー系と非サンデー系種牡馬の交配の意図』
増えすぎてしまったサンデー系種牡馬に待ったをかけるチチカステナンゴ×ダイワスカーレット・・・これこそ社台の大改革とは言えないだろうか?サンデーに頼り過ぎてしまった社台は良い道を選んだと思う。
既に社台の非サンデー化は始まりつつある。「キングカメハメハ」だ。種牡馬になって間も無いが、産駒の成績は初年度から素晴らしかった。チチカステナンゴも言わばキングカメハメハと同じような存在、きっと種牡馬として成功するはずだし、成功しなければ社台の目論見は失敗してしまう。

ではサンデー系は捨ててしまうのか?そういう訳ではない。が、今はサンデー系種牡馬から離れているのは事実、これから何年かは非サンデー化が急激に進むと思っている。ここまで増えすぎてしまったサンデー系の馬を見捨てるわけはない。そこで注目しているのが、キングカメハメハ・チチカステナンゴの産駒とサンデー系がいつ交わるかと言う事。キングカメハメハ・チチカステナンゴ共に、今は種牡馬としての価値を上げる事に力を注いでいるが、最終的な目標はそれらの子供とサンデー系の子供との交配を実現させることだと思っている。「サンデーサイレンスのクロス」こそが狙いなのではないか?
今はダイワスカーレットを代表とした父サンデー系牝馬とサンデー系種牡馬はもちろん種付け不可能、この問題を解決するためにキングカメハメハ・チチカステナンゴが種牡馬として成功するかどうかが重要で、だからこそ社台はそこに力を入れているのだと思います。社台がこれからも栄えていくかどうかは、この2頭がカギを握っていると言っても過言ではない。


『まとめ』

これから数年で競馬界は大きく変わるかもしれない。

ダーレーの存在、社台の思惑が今後の競馬界を左右すると言っても過言では無い。

社台に関しては「キングカメハメハ&チチカステナンゴとサンデー系牝馬」の交配を急ピッチで進めていくであろう・・・馬券を買う立場の人からすれば、これを狙わない訳にはいかない。


今週の札幌2歳Sにはアドマイヤセプター(父キングカメハメハ母アドマイヤグルーヴ)という超良血馬が出走予定している。

社台にとってかなり都合の良い馬なのは間違いない。まして牝馬と言う事で、今後の生産界のカギを握る馬と言っても良いではないのか?良血と言うだけでなく、様々な面でかなり興味深い馬ですね。

[ 2010/09/28 16:58 ] ブログ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL