戦略競馬~仕込み馬研究室~

『社台多頭出し』『金脈馬券術』『仕込み予想』を中心としたトータル予想。競馬勝ち組の予想をご覧あれ。

スプリンターズS・札幌2歳S

【スプリンターズS】
「出走馬短評」
『アイルラヴァゲイン』
年齢による衰えは否めない。しかし、過去スプリンターズSで3、4着を経験した馬、鞍上は乗れている津村Jなら穴として一考すべきか?現状では能力不足で、よほど恵まれないと厳しいか?
『ウエスタンビーナス』
揉まれなければしぶとい馬。その点がポイントになりそうだが、今回は同型が強いので・・・。
『キンシャサノキセキ』
取り消し明けがどうか?堀厩舎は今年ジャガーメイルで取り消し→好走があったし、取り消し明けでも注意が必要。調子を見極めたい1頭。
『サンカルロ』
前走は負けて強し、高松宮記念も上々の内容だった。
陣営は千四ベストと言っているし、人気なら嫌っても良いか?シンボリクリスエス産駒をG1で買う気にはなりませんね・・・。
『サンダルフォン』
中山は不得意コース、軽い芝得意で今回は見送りが妥当か。
『ジェイケイセラヴィ』
まだ底を見せていない馬。とにかく堅実に走るし、最低でも相手には加えたい。
『ダッシャーゴーゴー』
不利のあった前々走は度外視。状態次第では十分に買える。
『ビービーガルダン』
前走の内容が物足りなかった。スプリンターズS2,3着の実績があるので逆らわない方が無難か?
『プレミアムボックス』
近走は冴えないが、一発あってもおかしくないのでは?末脚だけならこのメンバーでも全く見劣りしないはず。
『ローレルゲレイロ』
去年同様に前哨戦は気にしなくて良い。同型との兼ね合いがポイントとなりそうだが、テンの速さは一級品でハナ争いはまず負けないはず。
『ワンカラット』
あくまで状態次第。パワーの要る馬場は歓迎なので、疲れが無ければ買ってもいいか?普通に考えれば疲労が溜まっているはずだが・・・。

【札幌2歳S】
世間はG1に目を向けがちですが、こちらも要注目のレース。
僕個人としてはスプリンターズSよりも興味のあるレースです。

『アドマイヤセプター』
先日紹介した、同馬は今後の競馬界にとって必要とされている馬です。
デビュー戦は能力の高さだけであっさりと買ってしまった。ほとんど力はだしていない。能力的にも勝ち負け必至の馬だと思います。人気でもまず本命視しておく。
唯一不安材料は距離延長、やや行きたがっていたデビュー戦は格の違いで押し切ったが・・・。
『アヴェンチュラ』
ジャングルポケット×アドマイヤサンデー(父サンデーサイレンス)は、「非SS系種牡馬とSS系牝馬の配合かつ社台生産馬」という今後狙っていくべき背景のある馬。
デビュー戦は危なげなく勝利したが、角居厩舎の馬は古馬になってからというイメージが強く、同馬もその型に嵌ってしまうのか少し不安。能力的には勝ち負けしてもおかしくない。
『オールアズワン』
若駒にとって、コース経験馬というのはかなり有利。
アンカツー領家は勝負ライン、デビュー戦からのライン継続は期待しているからでしょう。
『ギリギリヒーロー』
超どスローな展開を追いこんできた前走は優秀。コスモス賞から4頭出走するが同馬が最も狙える。
因みに同馬もジャンポケ×エイプリルヒロイン(父SS)の社台生産馬。
『マイネルギブソン』
コスモス賞の勝ち馬。完全に展開利での勝利というのは否めない。
あまり魅力は感じないが早熟マイネル軍団なら狙いは立つか?
『ルルーシュ』
山本英俊ー藤沢和のお馴染みライン。能力的には少し見劣る気がします。

買えるのはこの6頭か?特に上4頭には注目しておきたい。


[ 2010/09/30 00:43 ] ブログ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL