戦略競馬~仕込み馬研究室~

『社台多頭出し』『金脈馬券術』『仕込み予想』を中心としたトータル予想。競馬勝ち組の予想をご覧あれ。

毎日王冠・京都大賞展考察

【毎日王冠】
馬場が悪くともラスト4ハロンの持続力勝負には変わりないはず。
長く脚を使える馬と、道悪もこなせる馬を狙ってみたい。

『ネヴァブション』
同厩エアシェイディには劣るものの似たような存在。
東京コースでは一押しが足りず、掲示板まであと一歩届かずといった結果が多い。逆にごまかしのきく中山コースで好成績・・・その点についてもエアシェイディに似ている。
去年のエアシェイディは天皇賞・JCという大舞台を捨てて、有馬記念への叩き台に使った。ネヴァブションはどうか?おそらくここは叩き台・・・有馬記念もしくはAJCCに向けての調整が今から始まったと見て良い。

『ペルーサ』
若葉Sが好内容&好時計、競った相手がヒルノダムールなのだから納得いく。
まだまだ先を見据えた仕上がりだが、陣営はこれでも好勝負と色気を持っている。今までの走りを見ていると、通用してもおかしくは無いが、今回は古馬と混じっての対戦・・・過剰人気にも程がある。ペースを握るシルポートは大逃げも出来る厄介な馬、青葉賞の様な緩い中間ラップでは到底通用しないだろうが、ラスト4ハロンは強く追わずとも優秀な数字。
若葉Sのような中間ラップで青葉賞の様に上がってこれれば文句なし。若葉Sで手綱を握っていた名手アンカツならペルーサを自在に操れてもおかしくない。

『エイシンアポロン』
マイラーと言われ続けている馬、今回は距離が不安か。
立ち回りの上手な馬で、東京コースはあまり合わない感じもする。
雨で馬場が重くなるのはプラス材料だが・・・ここは軽視の方向で。

『アリゼオ』
陣営が揉まれ弱い馬と言っていたように、逃げたスプリングSは勝利した。
皐月賞は大外枠ながら大健闘、力が有ることは示した。
しかし、同馬もエイシンアポロン同様に東京コースが合う気がしない。共同通信杯はダノンシャンティを除けばかなり低レベルな一戦、速い上がりを使えない同馬にとって「揉まれずに好位追走かつあがりのかかる消耗戦」になることが好走条件で、今回はやはり厳しいか。

『ショウワモダン』
実績からすると圧倒的1番人気でもおかしくない馬。そう考えるとこの人気は舐められすぎか?
もともと時計勝負苦手・速い上がりが使えないのが同馬の最大の弱点だった。それが今年に入って本格化、安田記念を優勝するという快挙を成し遂げた。
同馬の特徴は上に記したとおり、以前までは「道悪巧者」として名高かったショウワモダン、雨は好材料に違いない。

『マイネルスターリー』
函館記念&札幌記念◎馬です。洋芝適性の高さから◎を打ったという経緯もありますが、それ以前に潜在能力は高い。去年のアイルランドTではトウショウシロッコ・バトルバニヤン・キャプテンベガといった重賞常連組に勝った事のある経歴の持ち主。現在7番人気だがもっと人気してもおかしくない。
同馬にとっても雨は好材料、むしろ道悪が残らないと好走は厳しいように感じる。マイネル主戦の松岡Jに乗り替わった今回が試金石。

『シルポート』
生粋の千八巧者。非根幹巧者と言った方が正しいかもしれませんが笑。
ホワイトマズル産駒らしく、自分の得意な型に嵌れば滅法強いタイプ。単騎逃げ濃厚、雨による馬場悪化と好走条件は揃ったと言って良い。
高速馬場ではあったが4走前の都大路Sは超優秀で、その時の様な大逃げも出来る馬。酒井学Jに乗り替わったと言う事は、積極策の可能性が高い。後続に脚を使わせて消耗戦に持ち込めば逃げ残りも十分にあり得る。
エプソムC◎、AJCC無印と相性の良い馬・・・今回もシルポートと折り合いを付けていきたい。

『トウショウウェイヴ』
以前から「良馬場じゃないとダメ」陣営が言い続けている馬。
良馬場なら狙ってみたいが・・・今回凡走で人気落ち→次走東京コースの良馬場なら狙ってみたいですね。

『スマイルジャック』
能力は相当高い。やはりダービー2着は伊達じゃない。
今回はまだ仕上がり途上、シルポート作り出す展開は馬群もバラけて三浦Jにとってはプラスかもしれないが、今回は軽視するのが妥当か?

『アドマイヤメジャー』
朝日CCで賞金加算できなかったのが大誤算、これが今後のローテに大きく響いてくることは間違いない。
ここ出走も前走勝てなかっしわ寄せでまず間違いない。「賞金加算したい」という思いは見てとれるが、少々焦りすぎな感もある。そんなもんで重賞は勝てません。
父アグネスタキオン母父kingmanboという「アドマイヤ」らしい良血馬で、速く結果を出したい気持ちは分かるが・・・個人的にここは大敗してもらいたい。それが同馬の為にもなるはず。貴重なアグネスタキオン産駒を乱暴に扱って欲しくないですね。



【京都大賞典】
『メイショウベルーガ』
今年のエリ女◎を考えている馬。ここでもはっきり通用すると見て良い。
コース適性抜群、成績を見ても道悪は気にならないし、父フレンチデピュティ母父sadler's wellsなら全く問題ないはず。

『ベストメンバー』
前走でギリギリの距離。まだまだ完調には程遠く、狙うのはまだまだ先になりそう。

『プロヴィナージュ』
去年暮れから追いかけている馬。
もともと京都大賞典から始動のはずだったが、朝日CCを挟んだ意味は?相手を見て色気を感じたと言っていたが、叩き台としての意味合いが最も大きかったはず。
では今回は狙い目?いや、違う。今回は「長い距離に耐えてもらう」ための練習、言わばここも叩き台・・・大目標は公言通りエリザベス女王杯で間違いない。去年のクィーンスプマンテに続いて連覇を狙っている。
道悪はダメな馬、ここで大敗してもマイナス材料にはならないことを覚えておきたい。

『スマートギア』
道悪は良くない。ピークも過ぎ去った・・・そろそろ休養の時期でしょう。

『オウケンブルースリ』
去年は賞金加算の為に休み明けメイチ仕上げ、それを考えても今年はかなり見劣る仕上がり。
能力だけで勝ち負けまで有り得るが、道悪はマイナス・・・勝つことは厳しいだろうが、2,3着なら十分に有り得る。それを考慮した馬券を買いたい。
来年の天皇賞春で◎を打とうと思っている馬、それまで順調に来てほしい。

『フォゲッタブル』
こちらも完調とはいかない。距離ももっとあった方がいいはず。
血統・厩舎・騎手・生産者など、どこを見ても人気するものばかり・・・去年の有馬記念は優秀だったが、そこまでのパフォーマンスを見せられる仕上がりではない。


[ 2010/10/09 19:16 ] ブログ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL