戦略競馬~仕込み馬研究室~

『社台多頭出し』『金脈馬券術』『仕込み予想』を中心としたトータル予想。競馬勝ち組の予想をご覧あれ。

レース回顧

スプリンターズS注目馬3戦略競馬~仕込み馬研究室~ ←クリックして確認!
(内容はfc2ブログランキング にてご覧になれます!)


現在30位前後です。応援クリックお願いします。


エーシン2頭出しで当レース適性が高いのはこちら。

激流の前々走好走⇒緩い前走凡走からもそれが窺えるし、3走前は好時計勝ち。

ただ、上位人気勢と比べるとやや見劣るのも事実で、レースを引っ張る速い逃げ馬不在な点もマイナス。

このところ使い詰めでそろそろ状態も下降してくる頃、最終追いに注目したい。


外国馬の取捨戦略競馬~仕込み馬研究室~ クリックして確認!

(内容は人気ブログランキング にてご覧になれます!)


現在100位前後です。応援クリックお願いします。


1頭目はやや調整に狂いが出ている模様。

2頭目は評価しがたいが、○○○○生産グループなら軽視はできないか。


【レース回顧】


【オールカマー】
中盤緩まないタフな展開。
これではアーネストリーが勝って当然か。
アーネストリーはこれまでも緩急のないラップのレースで好走を続けてきた。
ラスト4F~2Fを11秒台で締めてラストで12秒台に失速するようなレースが得意で、それはコーナーで自在に加速できるからである。

次走は天皇賞秋という事だが、天皇賞秋では(展開次第ではあるが)ラスト12秒台で推移することは考え辛いし、一瞬のスピードで勝負するタイプではないので差し返される可能性が高い。
対して有馬記念はラスト12秒台のラップになることが多い。アーネストリー自身は坂コース苦手との話もあったが、その疑問も払拭されたと考えて良いだろう。

マイネルラクリマは4コーナーで手が動いていたように、案外スタミナはないのかもしれない。軽い芝替わりもしくはスローペースの方が狙いは立つ。

【神戸新聞杯】
終わってみればオルフェーヴルの圧勝。
余裕残しの仕上げだったし、スローで折り合いも問題ない。
三冠に向けて視界良好、もし負けるとしたら先行した馬にまんまと粘られるぐらいしか考えられないが・・・その馬を探すとすればタフな展開だったセントライト記念組か。
セントライト記念回顧でも菊花賞候補と称したトーセンラーが当面のライバルだろうが、逆転できたとしても展開の助けが必要でしょう。

ウインバリアシオンはまだ蹄の状態が良くないみたい。
それでもこの走りが出来るのだからやはり強い。現状スローペースしか経験していないのでハイペースになった時の不安はまだ残っている。

フレールジャックは折り合いに専念して後方から。
やはり菊花賞よりもマイル前後の方が合いそうで、陣営はどちらの道を選ぶかもう少し考えるようだ。
今回は菊花賞に出走するか否を見るための試走レース、やや行きたがった時点で後方待機策をとったが、そこからは勝ち負けを意識するのではなく、非社台の人気馬=ショウナンマイティを完全マークしていた点も見逃せない。
直線ではショウナンマイティの追い出しが遅れるようにきっちりブロックしていたのが見て取れる。

スマートロビンは道中緩ませたことが敗因。スタミナはあるのでもっとタフな展開に持ち込めれば結果も変わってきただろう。とは言っても3着が限界か。

少しだけ菊花賞の話を。

菊花賞の展開のカギを握るのは逃げる可能性があるスマートロビンか、今回の経験から溜め逃げよりも淡々と逃げた方が良さそうと陣営も実感したはずだ。
又は意表を突いてアンカツのベルシャザール、こちらも溜めるよりもぶっ放す方が結果に繋がるタイプ。

前が速くなればトーセンラーの出番と見ている。
大逃げがあればフェイトフルウォーも浮上してくる。
それでも実力通り走ればオルフェーヴルが楽勝してしまいそうです。

ステイゴールド産駒×白老F×サンデーRのオルフェーヴルが三冠馬ってのはプロフィール的にしっくりこない部分はあるが果たして・・・。


【無料メルマガ】
『登録方法』

「PC」

http://www.mag2.com/m/0001318391.html

「携帯電話」

http://mobile.mag2.com/mm/0001318391.html

もしくは

a0001318391@mobile.mag2.com に空メール!



[ 2011/09/27 20:46 ] ブログ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL