戦略競馬~仕込み馬研究室~

『社台多頭出し』『金脈馬券術』『仕込み予想』を中心としたトータル予想。競馬勝ち組の予想をご覧あれ。

今週よりあの有名予想家と対談スタート!

デイリー杯注目馬1戦略競馬~仕込み馬研究室~ ←クリックして確認!
(内容はfc2ブログランキング にてご覧になれます!)


現在30位前後です。応援クリックお願いします。


ほぼ毎年社台関連の馬が好走するレース。

今年はリディルの弟クラレントかもしれないが、現時点での本命候補はこれ⇒戦略競馬~仕込み馬研究室~

この乗り替わりは裏で社台が動いている可能性が高い。


攻めの動きも絶好で、新馬戦は相手を寄せ付けずに逃げ切り。

それもちょっと仕掛けただけで加速ラップを刻んで最後は持ったまま勝ったのだから強い。


ほぼ◎確定、ポスト○○氏の座を狙う○○氏。今年も大躍進なるか。


府中牝馬S注目馬2戦略競馬~仕込み馬研究室~ クリックして確認!


(内容は人気ブログランキング にてご覧になれます!)


現在80位前後です。応援クリックお願いします。


近2走はデキ悪での出走、それでも結果を残せたのは能力の証か。

アパパネと同様にクラシック戦線賑わせてきた馬、本領発揮できればここは勝ち負け。


休み明けといは言えども、今回は休養明けでリフレッシュ効果もありそうで、前述の近2走よりは良いのではないか。ポン駆けするの今回が狙い目。


【お知らせ】

今週の週中更新コンテンツ

(月曜:社台多頭出し結果、火曜:レース回顧、水曜:血統傾向、木曜:今週の社台多頭出し)

は、まとめて週末(金曜日以降)に更新します。


【無料メルマガ】
『登録方法』

「PC」

http://www.mag2.com/m/0001318391.html

「携帯電話」

http://mobile.mag2.com/mm/0001318391.html

もしくは

a0001318391@mobile.mag2.com に空メール!



【新企画!重賞対談!】

新企画は、以前から懇親的にさせて頂いている「常勝競馬様」との対談です。


G1的中実績は随一、穴党で見応えのある予想は必見!


私オススメの予想家、常勝競馬ブログも是非ご覧ください!


常勝競馬様ブログはこちら


全文公開となると少し長いのですが、とりあえずは試用として全文アップしておきます。

今後は読者様の要望等を聞きながら少しずつ工夫していく予定なので、ひとまずはご辛抱ください。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


『戦略』
秋華賞は淀みないペースでラスト4Fの持続力勝負になる。
内回りで軽い芝の淀コースだから先行出来る軽い芝巧者が狙い目なのでは?


そういった意味ではアカンサスが面白そう。


前走紫苑Sは中山芝二千で不利な大外枠、前々で競馬して6着に。それに最後はほとんど競馬していない。
秋華賞と相性の悪いステップと言われているが、レース自体は秋華賞に繋がりそうな厳しいラップを刻んだレースだし、今年は紫苑S組が好走してもおかしくない。
スイートピーSの内容などを見る限りは重い馬場より軽い馬場の方が得意なタイプ。

掛かる気性で折り合いは不安だが、良いように言えば内回りでも好走の余地がある前向きさがあると捉えられる。
フジキセキ産駒がコース実績が無いのは不安だが・・・。


『常勝』
そうですね
特に今秋の阪神開催や北海道開催は例年以上に重い芝だったので、それと秋華賞の軽い芝のギャップに妙味が生まれるでしょう


アカンサスは瞬発力が武器で、そのスイートピーSは正に絶好の条件でした
そこでやっとシシリアンブリーズを上回る程度では単純にここでは足りないと思います
前走も外も伸びる馬場と早い展開など、結果的には大外枠のロスは無かったです
また紫苑Sの時計レベルは昨年と同等レベルと算出しました、つまり上位2頭がやっと掲示板レベルかと
大差の6着アカンサスが適性で秋華賞好走にまで詰められる差だとは思いません


紫苑S組で注目馬を挙げるなら、シンクリ×エアジハードなのに過去2走共に高速決着に対応したカルマート、これは同様高速決着必至の秋華賞で更なる評価とは言えませんが、それ以後の重い馬場でどうなるか注目したい馬

ピュアブリーゼ凡走はオークスでのダメージでしょう、当分静観妥当かと


グルヴェイグ狙います


『戦略』
グルヴェイグは現状抽選待ちなので何とも言えませんが、出走してきたら面白いかもですね。
坂が苦手っぽくて前走はそれがモロに影響した敗戦、平坦の今回は変わってきて良い。

他条件にも登録して仕上げてきたら良いですけど、もし他条件登録が無ければ秋華賞出走に辿り着いても記念出走っぽい。これだけの血統馬で角居師なのだから無理させないのは当然でしょう。


ローズSからはマイネイサベル


前有利な展開でも外から差して来た脚には見所があったし、もともと権利を取るだけを意識したレースっぷりでした。
差し馬決着のフラワーCを前々で粘った内容からも先行しようと思えば出来るはずだし、父テレノグシスはトニービン×ノーザンテーストなら持続力勝負は合うはず。
ローズS後は栗東に残って調整、ラフィアンがクラシックレースで馬券に絡むのか見物です。


人気2頭はどうでしょうか?


ホエールキャプチャはゲート難がある上に、ペースが速くなると付いて行けなくなりそうな感じもあるので本命には出来ないですが、どんな馬場でも対応できるタイプなので消すのは難しい。

マルセリーナは軽い芝に変わるのは良さそうですが、どうも状態が良くなさそうで・・・。


『常勝』
グルヴェイグはオークス強行出走もあっただけに本気度と状態面には要注意ですが、それさえ問題なければ重い印でいいでしょう


マイネイサベルは確かにフラワーCもローズSも強い競馬。消す材料も無いですけど、これが毎度秋華賞本番で来るパターンかと言えば否。難しい馬です。


ホエールも同様にケチの付けようの無い馬。これも消せない、穴党からしたら難しい馬。
マルセリーナは前走よりも上向きの感はありますし、直前TMSなど状態面強調材料があれば買いと思ってます。


『戦略』
マルセリーナ
の1週前追い切りは5F65秒台と好時計ですが、終いが12秒後半っていうのは不安です。
ラスト11秒台は楽に出せる馬なはずだし、マツパク厩舎自体がブエナビスタを筆頭に終い重点の調整なのだからプラス材料とは言えない。

ローズSは力んで走っていたし度外視と言えば度外視なのですが、次は折り合いに専念して後方からになるんじゃないかなあと思っています。

秋華賞は前々で競馬しないと厳しいレースですからねえ・・・。


仕上がり面で言えば、アヴェンチュラも少し疲れが残っているのかもしれませんね。少し仕上がりが甘そうです。
大トビで立ち回りが下手なタイプ、ハイペースの消耗戦なら来てもおかしくないですが、高速決着の秋華賞は合わなさそう。


『常勝』
前走は今回1週前のような好時計調教を一本もやっていないので、少なくとも上積みは見込めるはず
ただ仰る様に本調子かどうかと言われれば多少不安もありますね

アヴェンチュラは案外TMS的にマイナス材料がないですが、中間アクシデントも有りましたし本調子出走では無いでしょう
秋華賞適性も、高速馬場適性も、小回り適性も微妙です


結論としては


グルヴェイグの抽選突破だけ期待しています


それが無理ならドナウブルーかな


『戦略』
同意見です。

今のところ、出走確実組から絶対に印を回すのはホエールキャプチャぐらいです。


対談一発目の秋華賞でしたが、いやはや難解なレース。
来週の菊花賞ではもっと核心を突いていければと思います。


それでは秋華賞の対談はここまでという事で。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



という訳で、お互い抽選組の2頭に注目しているという事でした。

果たして抽選を突破して出走できるのか?そして仕上げ具合いも注目ですね。

今年は順当に決まら無さそうな秋華賞、予想のヒントに対談の内容を読んで頂ければ幸いです。


それでは私(戦略)と常勝競馬様(常勝)との対談です。
[ 2011/10/13 10:00 ] ブログ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL