戦略競馬~仕込み馬研究室~

『社台多頭出し』『金脈馬券術』『仕込み予想』を中心としたトータル予想。競馬勝ち組の予想をご覧あれ。

府中牝馬S注目馬


府中牝馬Sの最注目馬はこちらから→戦略競馬

【府中牝馬S】
「6歳以上不振(0.0.0.27)、4,5歳馬を狙え!」
ピークを過ぎ去った牝馬に東京芝の千八は酷なレース。
東京芝千八はとにかく速い上がりが必要。上がり3ハロンの瞬発力ではなく、4ハロン持続できる末脚が理想。
6歳以上の牝馬でこの様な速い上がりを使える馬はそう居ない。だから6歳以上は好走できないのです。なので基本的に3~5歳を狙えば良い・・・ですが、3歳馬は秋華賞という大舞台があるので、実質4,5歳馬が狙いとなります。

因みにですが、このデータはエリザベス女王杯にも活用できます。エリザベス女王杯は2200m外回り、そしてG1と言う事で府中牝馬S以上に酷な条件です。3歳馬に関しては馬の状態次第ですが、やはり大目標は秋華賞というのがベター。ましてクラシック路線を歩んできた馬たちにとっては、ここが初の古馬との対戦になるので・・・。

『登録馬を見て』
上がり3ハロン33~34秒台前半、4ハロン45秒台の脚をコンスタントに使える馬
「シングライクバード・ニシノブルームーン・ブロードストリート・ムードインディゴ・リビアーモ」
立ち回りの巧さが武器の馬
「ウェディングフジコ・テイエムオーロラ・ブライティアパルス・ブラボーデイジー・リトルアマポーラ」

メンバーを見る限り速い流れになることは考えにくい、と言う事は狙いは後者「立ち回りの巧い馬」といきたいが、実際は速い上がりが必要なので前者「速い上がりを使える馬」が有力。

『現時点での注目馬』
「ニシノブルームーン」
VMでは上がり33.5の末脚を使ってきた。去年の府中牝馬Sでは前崩れの中、前目追走で7着粘り込み。
6歳馬と言う事で本命にはし辛いが、リーディング上位騎手が居ない中、北村宏Jが乗ってくれるのは頼もしい。
「ブロードストリート」
強い現4歳牝馬世代のナンバー3はブロードストリート、まだまだやれていいはず。
去年のエリ女では上がり33.2秒と素晴らしい末脚を披露、VMでも33.9秒で上がって来たのだからこれは強い。
休み明けで仕上がりが問題か?故障の多いアグネスタキオン産駒、同馬も体質の弱い馬で、どこまで回復しているかに注目。
「ムードインディゴ」
ムラ駆けする馬で扱いが難しい。馬体重の増減が激しい馬で、体調管理にには困っている模様。ひそかに連覇を狙っていそうで不気味ですが、軸には出来ない馬です。
「リトルアマポーラ」
ここを叩いてエリ女という可能性が高いか?休み明けは走らない馬だが、良い脚を持っていて、立ち回りの上手な同馬なら大崩れは無いとは思うが善戦止まりかも。
「リビアーモ」
重賞を取れる器だが、千八は少し長いかもしれない。
鞍上もまだ決まっていないし、登録だけかもしれませんね・・・。

[ 2010/10/11 17:58 ] ブログ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL