戦略競馬~仕込み馬研究室~

『社台多頭出し』『金脈馬券術』『仕込み予想』を中心としたトータル予想。競馬勝ち組の予想をご覧あれ。

レース回顧・馬場傾向

スワンS注目馬1戦略競馬~仕込み馬研究室~ ←クリックして確認!
(内容はfc2ブログランキング にてご覧になれます!)


現在30位前後です。応援クリックお願いします。


重賞勝利のチャンス。

他有力馬は休み明けの分やや余裕残し、この馬も休み明けになるが仕上げ十分。

理由は簡単で今後に向けて賞金加算したいから。

千四は初になるが、スピードのある馬だし問題ないはず。

前々走はほぼ追えずして終わってしまった。あの内容からしても重賞でも勝ち負けできて当然。

天皇賞の○○○よりもこちらが本丸?弟が重賞制覇、それに続けるか注目。


注目馬2戦略競馬~仕込み馬研究室~ クリックして確認!

(内容は人気ブログランキング にてご覧になれます!)



現在80位前後です。応援クリックお願いします。


白老多頭出しの一角。鞍上強化で勝負気配が漂う。

前走は苦手と思われる阪神千四を楽勝、下り坂の京都替わりはプラス。

4走前阪急杯は強い内容での3着、2,3走前は位置取りが悪すぎた。

不器用なので外々を回るしかないタイプ、イン伸び馬場なら厳しいが・・・鞍上に期待。


【レース回顧】

「富士S」

エイシンアポロンは道悪巧者だと証明。強い勝ち方ではあったが、適性の差と考えた方が良いかもしれない。前走の様に内を突く器用さもあるし、道悪なら今回のように正攻法でも勝てる。ただ、何か好条件がないと好走できない馬かもしれない。


ゴールスキー、アプリコットフィズはやや折り合いを欠いてしまったが、それでも直線ではしっかりと伸び来ている。

以前にもお伝えした(と思う?)が、アプリコットフィズはペースが速くなる千四でも合うんじゃないかと思います。

ゴールスキーは上がりの掛かる展開が得意で、今回は道悪がプラスに働いた。ハイペースがひとまず好走条件。


ストロングリターンはダイナミックな走法で道悪は苦手か。

直線でやや詰まる部分もあったのでまともなら3着は入れ替わっていたであろう。

千四~千六なら相当強いはず、あとはシンクリ産駒で底力があるかどうか。G1では少し足りないかも。


「菊花賞」

オルフェーヴルに勝ってくださいと言わんばかりのレース。


その典型がウインバリアシオン。明らかに勝つ気の無い騎乗。ハナから着狙い。

理由は勝ってしまうとややこしいことになるから。詳細は省く。

やはりウインバリアシオンの潜在能力は相当高い。万全ならばオルフェーヴルをも凌駕してもおかしくない。

勝てるポテンシャルがあるから最後方待機で万全を喫したと考えれば納得。

脚元さえ良くなれば古馬になってからが楽しみな馬、繰り返すが潜在能力は三冠馬より上かもしれない。


3着トーセンラーは京都巧者、今回も坂を利用してロングスパート。

セントライト記念の様にインベタしなかったのは坂を最大限に活用したかったからだろう。


他で気になったのは4,5着馬。差し馬決着なのだから先行して粘ったこの2頭は評価したい。


ハーバーコマンドは正直ノーマークだったので能力等は何も分からないが、改めてハーバーコマンドを見てみると社台の庭先取引馬でした。

つまりは先週のアカンサスと似たようなパターンそして同じように4着。

谷掛氏は菊花賞前日にデビュー勝ちしたシルバーウエイブのオーナー。セレクトの高馬です。

もしかすると同氏は今後ブレイクするかもしれない。ハーバーコマンドもそうだが、谷掛氏にも注目。


サダムパテックは距離不安、最後はさすがにバテていたがそれでも5着になれたのは能力の証か。

折り合いが課題だが、ペースが速くなりすぎても駄目な馬。内枠がベストでロングスパートは苦手。


【血統系統】

『東京』
戦略競馬~仕込み馬研究室~

芝は稍重~不良、グレイソヴリン系、SS系が好走。

ダートは重~不良、ミスプロ系、ND系が好走。SS系が不振。

『新潟』
戦略競馬~仕込み馬研究室~
芝はどの血統もまんべんなく好走、母父SS系が不振。

ダートは父ミスプロ系、父SS系、母父ニジンスキー系が好走。


『京都』
戦略競馬~仕込み馬研究室~
芝は良~稍重、グレイソヴリン系、母父ND系が好走。

ダートは良~重、ヴァイスリージェント系、レッドゴッド系、リファール系が好走。



応援クリックお願いします!

戦略競馬~仕込み馬研究室~ 戦略競馬~仕込み馬研究室~


【無料メルマガ】
『登録方法』

「PC」

http://www.mag2.com/m/0001318391.html

「携帯電話」

http://mobile.mag2.com/mm/0001318391.html

もしくは

a0001318391@mobile.mag2.com に空メール!




コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL