戦略競馬~仕込み馬研究室~

『社台多頭出し』『金脈馬券術』『仕込み予想』を中心としたトータル予想。競馬勝ち組の予想をご覧あれ。

天皇賞秋◎○候補~G1対談更新!~

天皇賞秋◎候補戦略競馬~仕込み馬研究室~ ←クリックして確認!
(内容はfc2ブログランキング にてご覧になれます!)


現在30位前後です。応援クリックお願いします。


最終追いで問題が無ければ本命最右翼。

あとは外国人Jなので土曜日の騎乗を見てから判断したい。


他馬に比べて叩いた上積みもあるし、社台の目論見が最も絡んでいそうなのもこの馬。

G1実績が無く典型的な過剰人気馬という評価かもしれないが、実際は人気に値するぐらい強いという評価を与えて良いはず。

どんな展開になっても対応できるだろうが、念を入れてラビット役まで出走。

頭まで見込めるのはブエナビスタではなく、G1勝ちの無い牡馬。

○○○後継種牡馬になれるかどうかは今回の結果がカギを握る。


天皇賞秋○候補戦略競馬~仕込み馬研究室~ クリックして確認!

(内容は人気ブログランキング にてご覧になれます!)



現在80位前後です。応援クリックお願いします。


◎候補と同じく外国人J騎乗なのでまずは土曜日の結果を確かめてから。

馬自体は前走を見ての通りだし、叩き二戦目の結果が悪いのもそのレース自体が適正外のレースが多かったから。


他有力馬に比べて1戦挟んでいる◎○が有力。

休み明けのブエナビスタやコース適性微妙のアーネストリーよりもこれらを上位に見たい。


【G1対談】

対談相手の常勝競馬様ブログはこちら


『戦略競馬』

今開催の東京芝コースは極端な外差しバイアス。このバイアスは活用したいところですね。


毎日王冠組が多そうなのでまずはそこからお話しようと思います。

前述の通り今の府中は比較的重い状態、4着馬エイシンアポロンが後に不良馬場の富士Sを勝つんだからタフな馬場なのは間違いないでしょう。

その馬場状態の中、しかも前が詰まって追い出しが遅れたにも関わらず一瞬にして抜け出して上がり32.7秒のダークシャドウはやはり強い。

今回はベリーJに乗り替わるようですが、以前にも騎乗していたこともあるので問題はないと思います。

ダークシャドウはハイペースの経験が無い点で心配はありますが、むしろDID産駒ならハイペースにになってこそ強さを発揮するかもしれません。いずれにせよ天皇賞秋はハイペースにならないので問題無さそうですが。

毎日王冠組でダークシャドウを逆転できる馬はいなさそうです。

唯一、ミッキードリームは内容のある3着でしたが、やはりダークシャドウには力負けで今後注目という事で。

開催が進んだにしろ同開催の芝で好走した事には価値があるはず、ダークシャドウは人気でも軽視できません。



宝塚記念やオールカマーはアーネストリーの得意な展開、速い展開を前々でしぶとく粘る内容。
強いのは確かですが、天皇賞秋で同様の展開になるかと言われれば疑問です。早仕掛けしてもキレ勝負で劣るし東京では勝ち切れなさそう。


『常勝競馬』

今週も先週も色々な意味で雨の影響が大きかった馬場ですし、来週はコース替わりもするので当日バイアスは予測難しいです。



僕はアーネストリーは宝塚◎でしたが、その前の去年の秋天でも○推奨しました

単純にこの馬は強いですから

ただ東京だと去年程度のパフォーマンス=馬券内程度が相当とも言えるかも知れません

もっと言うとそれは[去年と同じ状況なら]です

去年よりも今回が先行馬に有利な馬場バイアスになる可能性は低いですし、状態面もオールカマーを挟んでしまって今回万全な状態に出来るのか疑問点があります、少なくとも先週までの調教の限りではこれは拭えません


ダークシャドウは見た目にはインパクト満載
特に異論は無いですし、軽視する気にはなりません・・・

毎日王冠組なら、瞬発力に劣るタイプの馬なら変わる余地がありそう
例えばシンゲンやビッグウィークはまだ見限れ無い馬だと思ってますが、さすがに今回は相手が強すぎて・・・


ダークシャドウとの比較ならジャガーメイルの方が前哨戦時よりも伸びシロがありそう

1週前調教も前者が[馬なり]に対して後者は[強め]

ジャガーメイルは昨秋から脚部不安の噂があって、それも懸念した仕上げ=多分前走にしても仕上がりきって無かったんだと思うんですよね

レースを使っての上積みは期待してます



僕が現時点で考えてる本命馬はブエナビスタです
単純にこの中で[強い]馬はコレでいいと思います

馬場状態はとりあえず土曜日のレースを見ないと分かりませんね。



『戦略競馬』

アーネストリーは宝塚記念で去年○、今年▲打ってます。
去年の天皇賞秋は押さえの押さえ評価でした。評価を下げたのは長い直線向きではなく小回り内回りの方が得意だと思ったから。
今でもその考えは変わっていないし、東京では馬券に絡んでも2,3着の可能性が高そうです。

ジャガーメイルの前走は休み明けにしろ止まり過ぎな印象があります。
この馬自身ステイヤータイプで天皇賞秋より距離が伸びる方が良いかなあと。
これまたコース替わりなので何とも言えませんが、先週はグレイソヴリン~トニービン系がかなり馬券に絡みましたね。
最終追い切りで良く見えない限りは軽視の方向です。


ブエナビスタは相変わらず死角が見当たりませんね。あまり議論する必要も無いでしょう。



ローズキングダムは外国人Jでどういう乗り方をするかは不安ですが、有力馬の一角という位置付けで良いと思います。

得意条件とは思えない宝塚記念を先行して4着は評価できるし、前走のように先行して早めに抜け出せれば良い脚を使ってくれそう。



池江師2騎トーセンジョーダントゥザグローリーはいかにも叩きっぽい。

最終追い切りを見てから判断しますが、やはり今後のローテを踏まえて緩い仕上がりで出走になるのではないかと踏んでいます。

それに池江師は先週のオルフェーヴルで頭が一杯だったのでは?その点でも評価を下げたい。



他の休み明け有力馬も叩き台っぽい馬が多く、1戦使われた馬の方がが有利だと思いますねー。



天秋は◎ルーラーシップを予定していたのですが回避では仕方がないです。



今のところ◎は戦略競馬~仕込み馬研究室~ 予定。G1でも通用するはずです。


『常勝競馬』

ジャガーメイルに関して、逆に最後に止まり過ぎる不可解な内容だった分で、まともならの期待は残ると思います

先週はジャングルポケット産駒が大活躍した東京芝の傾向からも面白いかなと


ブエナビスタは最終追い切りが・・・
明らかにこれまでと比べて軽いですよね
この馬が崩れるとは能力的には考えにくいですが、昨秋秋天とは段違いの今回の調教過程・・・
秋3戦を念頭に置いてますし、少なくともこの馬と心中できる状況では無いかも



僕は、アーネストリー・ブエナビスタが鉄板でないなら、次に浮上してくるのがローズキングダムとの位置付けです

ローズキングダムのマイラー説は少数派となりましたが、それでも少なくとも2400よりは2000の方が向くと思ってます

ちょっと距離が長いレースだとどれも最後の脚の落ち込みが並以上にあるんですよね

相変わらずの蹄不安も含めて調教映像を見ないと何とも言えないですが、状態上げてくるなら重い印を打つかも知れません


池江師2騎は最後の仕上げにまで注目して、今回の本気度を精査したいです
どっちにしてもトーセンジョーダンは足りないと思いますが


『戦略競馬』

ブエナビスタの最終追いは相手が攻め駆けするにしろ微妙な内容ですね。

ただ、今までも秋華賞を筆頭にどんな状況であっても馬券に絡んできた馬、今回も買わなきゃいけないでしょう。



ロースキングダムの最終追いは終いの時計はかかってしましましたが普段からこんなものなので気にしなくていいでしょう。
前走より見栄えしない時計でもその前走は時計の出やすい坂路馬場だったし、今回も51秒台でまとめれたのは良かったです。
雨の可能性もあるので、雨ならばローズキングダムの評価を下げる必要がありそうですね。



『常勝競馬』

ブエナビスタはこれまで幾度となく不調状態でも崩れなかった馬

多少仕上げ不足でも馬券内に来る事は当然期待の方が大きいです



まだ名前が出てない馬だと、エイシンフラッシュ・ペルーサなどなど、正直どの馬が勝っても驚けない豪華メンバーが揃った印象

最後は秋3戦の照準の差のデキなど微妙なモノが問われそうな難解な一戦ですね


無闇に有力馬全馬に印を付けるのでは無く、「これは」と言う2~3頭以下に絞って厚く勝負したいところです

もし三連系を当てにいっても点数ばかり増えて紐荒れは望めないと思います


『戦略競馬』

菊花賞に続いて買い目を工夫する必要がありそうですね。

秋古馬三冠の一戦目、今後にも繋がるレースで、JC⇒有馬での上げ下げが重要。



と言う訳で今回の対談はここまで。



両予想家の最終予想をお楽しみに!


応援クリックお願いします!

戦略競馬~仕込み馬研究室~ 戦略競馬~仕込み馬研究室~


【無料メルマガ】
『登録方法』

「PC」

http://www.mag2.com/m/0001318391.html

「携帯電話」

http://mobile.mag2.com/mm/0001318391.html

もしくは

a0001318391@mobile.mag2.com に空メール!

[ 2011/10/27 01:29 ] ブログ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL