戦略競馬~仕込み馬研究室~

『社台多頭出し』『金脈馬券術』『仕込み予想』を中心としたトータル予想。競馬勝ち組の予想をご覧あれ。

(※訂正版)JC上位人気取捨&今週の社台多頭出し

JC上位評価3頭(◎以外)戦略競馬~仕込み馬研究室~ ←クリックして確認!
(内容は
fc2ブログランキング
にてご覧になれます!)

現在20位前後です。応援クリックお願いします。


◎は後述人気ブログランキング にて。


これら3頭+◎を中心に予想を組む予定。

あと悩んでいるのは好調教のオウケンブルースリ。


JC軽視馬5頭戦略競馬~仕込み馬研究室~ クリックして確認!

(内容は人気ブログランキング にてご覧になれます!)


現在50位前後です。応援クリックお願いします。



前3頭は完消し予定。後2頭は印を打つか打たないかギリギリのライン。


引き続き上記リンクでJCと京阪杯の◎予定を掲載中。


理由は前記事の引用を貼り付けておきます。


※以下引用


JC本命予定は注目馬3頭の中からピックアップ。

日本発遠征のデインドリームも、(帳尻は合わせて来たものの)1週前の動きに不安があったブエナビスタももちろん本命に推せない。

マイルCSを勝った栄進×池添Jは当初の本命候補、有力候補に変わりはないが・・・ルメールJからの乗り替わりは怪しい。既にマイルCSで満足していてもう一丁といけるのか?


本命最有力は前走デキ悪で好走した馬。

オウケンブルースリと同じくスローで凡走するタイプで、上がりのかかる展開が得意。


今回は外国馬と外国人Jの関係で4コーナーからの鬩ぎ合いなると考えている。その展開のカギを握っているのはルメールJ騎乗のシャレータ。

前述の通り、エイシンフラッシュからの乗り替わりでその理由はシャレータの主戦だから。

ルメールJは身元引受の関係で吉田照哉氏と関係が有る。

騎乗に関しては一般的に先約優先でも、この乗り替わりが成立したのは照哉氏が裏で絡んでいる可能性が高い。

シャレータはキレないがバテない馬。早仕掛け濃厚。

ルメールJはシャレータで勝ちに行くのか?それとも社台の援護役になるのか?

圧倒的に前者の方が実現しやすく、かつ乗り替わり等の諸事情もしっくりくるのでは?

ルメールJ自身も日本国内において社台がいかに権力を牛耳っているか十分承知であろう。


仮に社台が全く絡んでいないにしても、外国人Jは積極的な騎乗をしてくる。


前置きが長くなったが、このような考えから上がりだけの勝負になるとは到底考えられない。

上がりかかかれば掛かるほど人気ブログランキング に有利、ラスト4F勝負になれば勝ち負け可能。

掛かる気性もこの舞台では問題ないだろう。

本来なら有馬記念で狙いたいのだが、買い時はむしろ今回と見た。


京阪杯本命予定は、ここで足踏みするような馬ではない。人気でも本命。

この馬を嫌うのはG1になってからで良い。底力勝負にならない限り崩れない。

先の話になるが、好成績でG1初出走⇒過剰人気で嫌いたい馬。


~~~


【今週の社台多頭出し】

日曜日に多頭出し多数。中でも社台F産に注目したい。



「日曜」

『東京7R』

ノーザンF1頭、白老F2頭に対して社台F7頭出し。

出走馬16頭中10頭は社台生産馬ということになる。 

注目は金子氏×社台Fのオコレマルーナ。金子氏と言えばノーザンFのラインが定番だったが、社台Fも色気を出してきた。

社台F御用達の堀厩舎預託という事は期待の表れ。照哉氏の推薦と思われる。 

白老F2頭出しからはショウナンラムジ。白老F×国本氏は注目ライン。矢作師の関東遠征で勝負気配もある。


照哉氏×デムーロJリアルフレアにも注目。照哉氏単体でも注目したいのにデムーロを乗せるという事は結果を残したいという事だろう。



『東京9R』

同じく社台Fが多数出走。


注目はフルアクセル。この馬は庭先取引馬で堀厩舎預託だから前述オコレマルーナと似たような境遇。

ルメールJ騎乗からも狙って面白そうだ。


近藤氏2頭出しのアドマイヤセプターにも注目。先日久々の重賞制覇、波に乗れるか? 

最近はめっきり持ち馬が減ってしまったが、それでも上客には変わりない齊藤氏エチゴイチエはデムーロJ騎乗で注目。 



『東京10R』

前2レースと違いノーザンF多頭出し。

あちらは社台F、こちらはノーザンFという事ではないだろうか。 

注目は何と言ってもノーザンF。オルフェーヴルが有馬記念に回ったのはオルフェーヴルがいなくとも勝算があったからだろう。

という訳で、同一口クラブのブエナビスタからは当然目が離せない。 

凱旋門賞馬デインドリームにも注目。照哉氏のお目当てはこの馬。


社台Fからは上客山本氏のペルーサ

週中にお伝えした通り、絶対にノーザンFで独占するようなレースになってはいけない。

それを阻むのが社台F生産馬でありデインドリームである。 

これ以上挙げると数が多くなりすぎるので、注目馬はこの3頭としておくが、池江師3頭出しも当レースのポイントになりそうだ。



『京都9R』

注目は白老F2頭出し八木氏2頭出しのタガノミュルザンヌ

もともと素質を買われていた馬で、お膝元で勝負か。 

社台Fの上客で庭先取引馬のカイルアロマンス、母母はトーセンジョーダンの母という良血のラシンティランテにも注目。 

シャンボールフィズは姉と同じく輸送が苦手なタイプ?今回は人気との兼ね合いで様子見が妥当か。



応援クリックお願いします!

人気ブログランキングへ


【無料メルマガ】
『登録方法』

「PC」

http://www.mag2.com/m/0001318391.html

「携帯電話」

http://mobile.mag2.com/mm/0001318391.html

もしくは

a0001318391@mobile.mag2.com に空メール!



[ 2011/11/24 21:12 ] 社台多頭出し | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL