戦略競馬~仕込み馬研究室~

『社台多頭出し』『金脈馬券術』『仕込み予想』を中心としたトータル予想。競馬勝ち組の予想をご覧あれ。

シンザン記念・フェアリーS注目馬

シンザン記念注目馬人気ブログランキングへ クリックして確認!

(内容は人気ブログランキング にてご覧になれます!)


現在40位前後です。応援クリックお願いします。


前走は調子が悪い中、適性微妙にも関わらず好走。

今回はデキ上向きで軽い芝替わりなら条件好転。どんな流れにも対応可能で弱点は少ない。

千六はやや長い気もするが、前走を見る限りダメな事もないだろう。


社台グループ勢は他レースに分かれて出走の模様。

それだけここに出走する社台勢に自信あるのか、それとも捨てレースなのか見極めたい所だ。

現時点では後者の可能性が高いと見ている。


フェアリーS注目馬戦略競馬~仕込み馬研究室~ ←クリックして確認!
(内容は
fc2ブログランキング
にてご覧になれます!)

現在20位前後です。応援クリックお願いします。



前走は1人気でも危険視したように、ただ状態が悪かっただけで度外視のレース。

むしろ、そんな酷な状態でも大きく崩れなかったのだから褒めたものだ。


デビュー戦圧勝の鞍上に戻るのだが、そもそも○○Jはこの馬の為に来日したのでは?

ジェンティルドンナがシンザン記念を使う理由もこの馬このJが絡んでいそうだ。

週中の考察通り。○○師が狙い澄ましたレース。

京都マイルなら恥ずかしい競馬にはならないだろう。幾度となく適正外のレースで好走したのだからやはり強い。


~~~


両金杯共にタテ目。

京都金杯はアスカトップレディも拾えていましたし、オッズを見て◎ダノンシャークからサダムパテックに変更と悪い流れでした。


危険な人気馬指名した3頭はすべて馬券圏外、これが唯一の救いですね。


チグハグな結果でしたが、全くの的外れではないはずなので、少しずつ軌道修正してきたいと思います。



有馬記念週の詳細な回顧は省略させて頂きます。

加えて金杯日の回顧に関しては、今週末のレース回顧と併せて書く予定です。

度重なるスケジュールの変更ですがどうかご了承ください。


有馬記念に関して簡単に触れておくと、オルフェーヴルは言わずもがなルーラーシップも条件さえ揃えばG1勝ち負け可能かなあと。


ラジニケ杯はあまりレベルが高いように感じなかった。

今年はクラシックに直結するレースにならないのでは?


~~~


【社台多頭出し結果(見解はこちら )】

『京都9R』

人気3頭推奨も、その3頭でワンツースリーなら上々だろう。

勝ち馬シルクシュナイダーはシルクと社台の関係性だけでなく、白老F多頭出しなのだから注目して当然。


再三お伝えしているはずだが、白老Fは多頭出しの時だけ注目しておけば良いと言って良い。

単独出走と多頭数出走では成績がガラッと変わる。単なる数の問題ではない。


因みにの話を。中山金杯についてです。

これも以前から何度かお伝えしている事なので、ご存知の方も多いかもしれませんが念の為に。


社台F5頭出し社台RH4頭出しの中山金杯を社台多頭出しレースに推奨しなかった理由は、


・ノーザンF生産馬の出走数が0

・社台多頭出しレースは(G1を除くと)上客の持ち馬が出走してこそのレース。基本的に上客優遇。


だからだ。


近藤氏はもはや優遇されていないと考えると単なるクラブ馬の多頭出しで、しかも同一生産グループ同一クラブ多頭出しなのだから、これで上位独占してしまうとよろしくないのはお察しの通り。


結果は社台Fのワンツーではあったが、それは結果論にすぎない。


単に社台グループ生産馬や社台系列の馬が多いレースを『社台多頭出しレース』としている訳ではありません。

その点は理解して頂きたいし、単に社台関連の馬が多いからという理由で社台グループが優勢などということはないので、誤解しないで頂きたい。


応援クリックお願いします!

人気ブログランキングへ


質問・要望等あればコメント欄もしくはTwitter にてどうぞ。


【無料メルマガ】
仕込み馬(異常オッズ)・買い目等々は無料メルマガにて当日配信します!


『登録方法』

「PC」

http://www.mag2.com/m/0001318391.html

「携帯電話」

http://mobile.mag2.com/mm/0001318391.html

もしくは

a0001318391@mobile.mag2.com に空メール!






[ 2012/01/05 16:07 ] 社台多頭出し結果 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL