戦略競馬~仕込み馬研究室~

『社台多頭出し』『金脈馬券術』『仕込み予想』を中心としたトータル予想。競馬勝ち組の予想をご覧あれ。

日曜の予想

スプリングS◎人気ブログランキングへ クリックして確認!

(内容は人気ブログランキング にてご覧になれます!)


現在25位前後です。応援クリックお願いします。


馬場がどうなるか読めない。ひとまず内有利前提で。


◎はこれまで幾度と評価を下げてきたが、今回は買い時だろう。さすがに負けられない。

前走は訳アリの敗戦。今回は条件好転。有力どころと違って1戦使った強みがある。

本番云々よりここを勝ちに来ている感。勝ち切ってくれるはず。


高松宮記念1週前◎戦略競馬~仕込み馬研究室~ ←クリックして確認!
(内容は
fc2ブログランキング
にてご覧になれます!)

現在10位前後です。応援クリックお願いします。


人気はロードカナロア。2012G1予想でも宮記念◎にした馬。

現時点ではあまり◎を打ちたくない。重い芝をこなすか半信半疑だからだ。


本命予定は前哨戦負けたもののそれほど悲観する内容ではなかったこの馬。

相変わらず攻めは動くし洋芝もこなすパワー型。3走前は強かった。同じだけ走れば勝てそう。


~~~


【阪神大賞典】

◎オルフェーヴル

○ギュスターヴクライ

▲ヒルノダムール

『週中見解』

「危険馬1:ジャガーメイル」

重い芝は合わない。

本番天皇賞春では重い印まで考えて良い馬だが、ここでは無印予定で。あくまで叩き台だろう。


「危険馬2:ビートブラック」

そもそもステイヤーではないはず。

確かに長距離でも実績を残しているが、ベストは2200m~2600mぐらいで、やっぱり3000mは長い。

上記条件なら強敵相手でも好走出来ているのだからやっぱりその条件で狙うべき。

去年のダイヤモンドSは出遅れて掲示板、今年は6着。去年は負けて強し、今年はどスローで度外視とも言えるが、外回りであの結果なら内回り急坂コースの今回はそれ以上を見込みづらい。

ずっと中途半端に掲示板前後まで来る馬だから今回も穴人気するはず。それならば消しで。


「注目馬1:ナムラクレセント」

相手次第で買いたい馬。

というのも、この馬はかなり掛かり癖が強いので、速い逃げ馬がいないと好走できない。

逃げ馬不在なら思い切って大逃げしても面白いとは思うが、抑え気味に走ってしまうと強みが発揮されない。

ゴールデンハインドは今のところ騎手想定未定なので、もしかすると逃げ馬不在のレースになるかもしれない。

前述の通り折り合い無視で逃げてしまえば・・・との気持ちもあるが、あるていど折り合いを気にするはずのでやや買い辛い。

スタミナは一級品なので、人気次第では押さえて良いかも。


「注目馬2:ギュスターヴクライ」

前走は負けて強し。人気を背負うだろう。

この馬はトビが大きく、長く良い脚が使える。そう言った意味で内回りの今回はどうか。

ただし、長距離適性はかなり高く、長丁場なら買いたい1頭。

本来ならば前走で勝つべきであった。それにも関わらず攻めを緩めずバシバシやれたのは好感が持てる。

ここメイチだろう。前述の通り勝ち切れる条件では無さそうだし相当恵まれない限りオルフェーヴルには敵わないだろう。

賞金加算という意味で2着付けで狙ってみたい。

先の話になるが、仮に賞金加算できてもオツリはほとんどないはず。天皇賞春はどうか。

リフレッシュ後の目黒記念辺りに出て来たら買い。


『週末見解』

週中に触れたとおりナムラクレセントは買い辛い。

過去に同レース2回出走でいずれも馬券に絡んでいるのだから適性に関しては言うまでもないだろう。

だが、どちらでもレースを引っ張る馬がいたからこその好走で、今回は自信がペースメイクする身になる。

それこそ大逃げすれば粘ってしまうかもしれないが、そんなレースを潰すようなレースをするだろうか。

ピンパータイプのクラッシャー。来るかもしれないが来たときは荒れる可能性が高い。単勝なら押さえても良いと思うが、相手に加える訳にはいかず・・・。


ということで◎○▲人気3頭だがこれで仕方ないだろう。

○▲は勝ち切れないタイプなので、三連単◎→○▲→○▲だけ買って観戦するぐらいで良いでしょう。



【スプリングS】

人気ブログランキングへ 

○ストローハット

▲ロジメジャー

△マイネルロブスト

△アルフレード

△グランデッツァ


『週中見解』

「注目馬1:マイネルロブスト」

最近トレンドになりつつあるラフィアン軍団の異例ライン。

そのほとんどが成功しているだけにここも要注目。

前走は不利な外枠から強い内容。本来東京・京都向きでも中山をこなさないわけでは無い。

仕上がりはすこぶる良いようだし、デキの差で何とかならないものか。

外差し馬場になれば積極的に狙ってみたい。


「注目馬2:グランデッツァ」

前走は一頓挫あり度外視のレース。最後はまともに追っていない。

順調ならばクラシックでも好勝負可能な馬で、ここでは無様な競馬は出来ない。

鞍上乗り替わりで次走を見据えた騎乗をするかもしれないが、次走云々の話はこの馬に限った話ではない。

前走・前々走ともにハイレベル。同じだけ走れば勝ち負けだろう。


「注目馬3:ディープブリランテ」

調整過程を変えてきた。これで折り合いえるかどうか。

ディープ産駒は急坂苦手のイメージが大きかったが、実はそうでもない。

と言うよりも、急坂苦手のスピード持続タイプと急坂得意のタワータイプに分かれている。

例えば、マルセリーナ・トーセンラー・ドナウブルーなどは急坂苦手のスピード持続タイプ。

対して、フレールジャック・ベストディール・ディープブリランテ などは急坂得意のタワータイプ。

という事で、中山替わりの今回は大いに期待したい。

折り合いに不安は残るが、折り合わなければNHKマイルへという考えがあるのならば、無理に抑える必要も無かろう。

近2走の内容はどう考えたって圧巻モノで、まともなら皐月賞でも有力視したい馬。とにかく今回次第。


『週末見解』

なぜ今年は弥生賞では無くスプリングSに有力馬が揃ったのか。

理由は簡単で、こちらに出走してきた有力馬は距離に不安があるから。だからボロが出る可能性がある弥生賞には出し辛かった。

これが最も当てはまる△アルフレードは人気ほど信頼できない。やっぱりマイラーだろう。


○▲には上客を。権利取りという意味ではこの2頭に狙いが立つ。


○ストローハットは前走ちぐはぐ。オコレマルーナを出走させずこちらだけ出してきたのは色気があるからと見たい。コース替わりもプラス。立ち直ってきた堀厩舎なら軽視できまい。


▲ロジメジャーはかなり仕上がりが良い。ダイワメジャー産駒なら東京より中山向きだろう。

前走逃げ切られたメイショウスザンナはフラワーC2着。展開も踏まえれば負けて仕方ないレース。


△マイネルロブストは東スポ杯で凡走したように道悪がどうか。皐月賞を見据えた騎乗をするかも。能力は通用。


△アルフレードは立ち回りの巧さがウリ。外枠で良さが活きるかは微妙。距離持つかも分からず。


△グランデッツァは余裕残し。大外ならぶん回しだろう。馬場次第か。



【阪神9R】

◎ダイヤモンドムーン

○ズンダモチ

▲ミヤジエムジェイ

△ノルマンディー

△キンショーユウジャ

△キンショーノボス


金脈馬◎。攻めは動かなくなっているが能力は衰えていない。前走は苦手条件も勝ちに等しい内容。

距離短縮で得意条件なら素直に評価したい。


【日曜の金脈馬】

『推奨金脈馬』

阪神9R:Cダイヤモンドムーン(距離短縮など条件好転。)


他では中山12Rミトラも気になるが・・・様子見で。

応援クリックお願いします!

人気ブログランキングへ


質問・要望等あればコメント欄、メール 、もしくはTwitter にてどうぞ。


【無料メルマガ】
仕込み馬(異常オッズ)・買い目等々は無料メルマガにて当日配信します!


『登録方法』

「PC」

http://www.mag2.com/m/0001318391.html

「携帯電話」

http://mobile.mag2.com/mm/0001318391.html

もしくは

a0001318391@mobile.mag2.com に空メール!










[ 2012/03/17 21:40 ] ブログ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL