戦略競馬~仕込み馬研究室~

『社台多頭出し』『金脈馬券術』『仕込み予想』を中心としたトータル予想。競馬勝ち組の予想をご覧あれ。

高松宮記念注目馬1・日経賞注目馬1&簡易回顧

高松宮記念注目馬1人気ブログランキングへ クリックして確認!

(内容は人気ブログランキング にてご覧になれます!)


現在25位前後です。応援クリックお願いします。


持ち時計が無いので時計のかかる中京コースはプラス。

加えて中京コースは○○産駒の好走率が高く、血統面からも狙いが立つ。

前走はあまり評価できないものの前々走はそこそこの内容。前残りの展開でよく差して来た。


以前からお伝えしているように、中京コース全般としては小回りコース実績と中央外回りコースで上がりのかかる展開での実績を重視していきたい。

小倉で3勝しているように単なる追い込み一辺倒の馬ではない。それなりに捲る脚もある。

急坂コースで実績がないのは不安だが、阪神コース4戦はうち2回が千四で度外視。残る2回は下級条件ではあるものの2,4着。当時は今のように戦法が決まっていなかったので全4戦とも参考が意図も言えるが・・・。やっぱり平坦コースを中心に使われているという事は坂に不安がある点は確かだと思う。

それでも外差しが決まりやすく重い馬場であるこの条件は(坂の有無を除けば)最適条件。充実期に入った今なら坂をこなしてもおかしくはない。

重賞初挑戦がG1と荷が重い感じもするが、それが影響して人気を落とすようなら買い。


先日公開した1週前宮記念◎についても人気ブログランキング に記載しておきます。



日経賞注目馬1戦略競馬~仕込み馬研究室~ ←クリックして確認!
(内容は
fc2ブログランキング
にてご覧になれます!)

現在10位前後です。応援クリックお願いします。


人気のルーラーシップはやっぱり中山不向き。本命にせざるを得ない感じもするが・・・。


気になるのはこの馬。

結果こそ残念なものが多いが、前走(4人気)、3走前(7人気)、7走前(6人気)と◎を打ってきた。

長く良い脚を使うのが特徴で、過去◎を打った前述3走は全てその条件が合いそうなレース。

前走は想定外にスローで後ろからでは届かないレース。3走前は出遅れて直線不利を受けた。7走前は位置取りの差。いずれも訳アリの敗戦、むしろ恵まれなかったにしろよく頑張ったとも言える。

そして、この7走前がハイレベル。掲示板に入った馬がこの後にこぞって重賞戦線で活躍しているし、この馬もそろそろ順番だろう。

スタミナはあるし、キレないが長く良い脚を使えるのでこの条件は合う。


何も問題がなければ◎ルーラーシップになるかもしれないが、ルーラーが内枠を引いたりデキが悪そうならこっちを狙ってみたい。



~~~


ファルコンSは完敗。


フラワーCはここ買い時じゃないけど強いのでと評したオメガハートランドが勝利。この馬に関してはフェアリーSからずっと評価し続けていて、軽い芝向きだと思っていましたが案外そうでもないのかも?悩ましい1頭になりそう。


阪神大賞典の池添Jに関して色々な意見があるかとは思いますが、あれが批判の対象になるのは少し納得できませんね。まだ調整過程なのだから改めて欠点と向き合えるいい機会だったと思うし、欠点を克服しようとしたからこその結果であって、そこをどうこういうのはどうかと・・・。

レースとしては馬券に絡めば荒れるだろうと称したナムラクレセントが3着。レース自体は潰れましたが、その原因はナムラクレセントにあったとは言い難い部分はありますね。


スプリングSは馬場の読み違い。外差し馬場でした。グランデッツァが差し切り勝ち。

グランデッツァは2012クラシック予想 に書いたように、ベストディールが順調じゃない現在は繰り上げで皐月賞最有力候補という事に。

今でもこの考えは変わっていないし、ワールドエースよりかこちらかなあと。ただタイプが似ているのでグランデッツァに重きを置くなら必然ワールドエースも買う事になりそうですね。

来週は高松宮記念。

良い結果を残せるよう頑張ります。



応援クリックお願いします!

人気ブログランキングへ


質問・要望等あればコメント欄、メール 、もしくはTwitter にてどうぞ。


【無料メルマガ】
仕込み馬(異常オッズ)・買い目等々は無料メルマガにて当日配信します!


『登録方法』

「PC」

http://www.mag2.com/m/0001318391.html

「携帯電話」

http://mobile.mag2.com/mm/0001318391.html

もしくは

a0001318391@mobile.mag2.com に空メール!







[ 2012/03/18 19:14 ] ブログ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL