戦略競馬~仕込み馬研究室~

『社台多頭出し』『金脈馬券術』『仕込み予想』を中心としたトータル予想。競馬勝ち組の予想をご覧あれ。

アルゼンチン共和国杯・みやこS

【アルゼンチン共和国杯】
東京芝2500mはかなりタフなコース、ステイヤーに向いた条件と言えるでしょう。
2400mからたった100m延長しただけだが、2400mで距離ギリギリの馬は、能力が高くない限り厳しい。
穴を開けるならステイヤー、これは覚えておいた方が良いだろう。

『シングライクバード』
末脚勝負の馬だが、父シンボリクリスエスなら本来はキレ勝負よりスタミナ勝負向き。
前走からの距離延長は望むところだが、実質は平坦向きかも。

『ジャミール』
まぁ今回も人気するでしょう。
ステイヤー気質なのでこの条件はもってこい。だが、すぐに遊んでしまう馬なので信用は出来ない。
能力上位は確かだが、馬券に絡んでも2,3着止まりという姿が目に浮かぶ。
内枠で揉まれた方が闘争心は高くなるはず、外枠凡走がそれを物語っています。外枠なら軽視で。

『スノークラッシャー』
一応は除外対象だが出れると思います。
まだ準オープンの馬だったんですね・・・ハンデが軽いのはこれが理由でしょう。
東京では馬券を外していないし、ダイヤモンドS3着の実績もある。
近走は大外を回っての競馬ばかりだったので、悲観する内容ではない。
すこし不器用な面がありそうで、それが差し損ねに繋がっている気はするが・・・。

『スリーオリオン』
前走は直線で集中力を欠いた。
距離が延びるのも良いし、軽い芝向きで東京も良い。
ただ、今回も集中できない可能性はある。過度の期待は出来ないが・・・。

『トーセンジョーダン』
やっと重賞戦線復帰しましたね。
1番人気になると思うが、長い距離は未経験なら少し疑いたい。
早めに動いてそのスピードを持続させる馬、今回の条件で好走するには少し厳しい脚質な気がします。

『トリビュートソング』
人気・仕上がり次第で◎まで考えている馬です。
前走は休み明けと距離不足でも好内容。
叩き2戦目、距離延長なら見直せるし、3走前にナカヤマフェスタと0.4差なら能力は高いはず。
父グラスワンダー母母ダイナアクトレスは08勝ち馬スクリーンヒーローと同じ血筋、血統的にも狙えます。

『マイネルスターリー』
去年のアイルランドTは好内容だが、それ以上に距離が延びてどうなのか?
函館記念の内容からもベストは2000m前後、能力でどこまでカバーできるか。


【みやこS】
新設重賞に社台が飛びついた。
と言うよりも、JCDに向けての社台多頭出しと考えるのが妥当か。

社台VS非社台のレースになると思うが、まずは頭数の少ない非社台について書いておく。

『ダイシンオレンジ』
成績を見ての通り京都ダ千八巧者(4.2.2.0)は伊達じゃない。
今回は約半年の休み明けなので仕上がりには注目したいが、ダイシン冠の大八木オーナーは京都ご当地、狙い澄ました出走と見た方が良いかもしれない。

『トランセンド』
アーネストリーに引き続き前田幸治氏の持ち馬。
このトランセンド、去年の夏からずっと注目しているのだが、スピードは一級品です。レコード2つ所持しているのは能力が有るからこそで、去年秋から「シチーを倒すならこの馬」と言い続けている。
未だにオープン2勝とやや物足りないし、今のままではJCDに出れるかも微妙。
JCDに向けて&オーナーお膝元という事で、勝負度合いはかなり高いと見ています。

非社台で勝負度合い等も踏まえて狙いたいのは上記2頭。
社台ではアドマイヤシャトル・キングスエンブレム・フサイチピージェイなどを筆頭に多数出走予定。

好メンバーなのは確かですが・・・アル共のほうが面白そうです笑。

[ 2010/11/02 19:38 ] ブログ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL