戦略競馬~仕込み馬研究室~

『社台多頭出し』『金脈馬券術』『仕込み予想』を中心としたトータル予想。競馬勝ち組の予想をご覧あれ。

マイルCS

【マイルCS】
まずは取捨が重要になりそうな2頭を紹介しておきます。
主に社台絡みの話を書きます!


『サプレザ』
今回の目玉はこいつ。
照也氏がサプレザを買ったのは、今後の繁殖生活を踏まえての事だと言うのはまず間違いない。
ヨーロッパで結果を残しているがこれでは物足りない、日本で繁殖するのなら日本で結果を残したいはず。
SSに頼りっきりだった社台にとってサプレザは重要な存在、今後の為にも結果くを残しておきたいでしょう。
父はSahmで、Mr.prospector×Salsabil(Sadler's Wells)という良血馬かつ非SS系。社台トピックで少し触れたが、これからはSS離れが進んでいくと思う。サプレザもそのための駒だと考えて良いでしょう。少し先の話になりますが、初年度からキングカメハメハなんかと交配したら・・・これはSS離れに他なりません。


『ダノンヨーヨー』
ダノックスは社台にとって重要な存在。これも以前に触れたが、社台の敵ダーレーの代表馬ダノンシャンティはもちろんダノックスの馬、野田氏が社台を裏切ることはまず無いと思うが、万が一のことも考えて社台は野田氏の機嫌をとらないといけない。それだけでなはく、社台のお客さんとしても忘れてはいけない。ダノンヨーヨーの半弟も野田みづき氏名義でセールで買い取っている(馬名ミッキーセブン)。
ダノンヨーヨーについてですが、スミヨンJ騎乗という事でかなり勝負度合いは高い。おそらく1番人気になると思うが、それ相応の潜在能力は持っている。
ダノックス冠、ミッキー冠で知られる野田夫妻は京都ご当地、オーナーのお膝元でG1制覇なるか楽しみです。


少し話は反れるが、野田氏だけでなく近藤氏も重要な存在。今後は社台×野田氏・近藤氏は見離せないラインになるでしょう。

野田氏のダノンヨーヨー、近藤氏のワイルドラズベリーはノーザンF勝己氏にとっては是非とも活躍を望んでいる馬。そして照哉氏はサプレザの名を世に知らしめたい。
いつもは社台とまとめて言っているが、今回は勝己氏・照哉氏の兄弟対決も楽しみです。

[ 2010/11/17 23:55 ] ブログ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL